カテゴリー
EMC06 News other MMA ケリム・エンジゼク スティペ・ブルチッチ フセイン・カジマゴマエフ ブラッド・カトーナ ブログ ロステム・アクマン

【EMC06】ドイツから欧州~中央アジアを掘り起こす。メインのバンタム級戦でTUF27ウィナーが挑戦

【写真】EMCバンタム級王者ブルチッチにTUF27ウィナーのカトーナが挑戦。ある意味、凄い時代になってきた (C) EMC&Zuffa/UFC

9月に石井慧が不可解な判定負けでヘビー級王座の獲得とならなかったEMC=Elite MMA Championshipの第6回大会が、10月31日(土・現地時間)にドイツ・デュッセルドルフのUFDジムで開催され、カードもほぼ固まっている。

EMCはUFDジムのオーナーで、マネージメントも行うドイツ在住クロアチア人のイヴァン&トミ・ディヤコビッチ兄弟がプロモートする大会で2017年2月に活動を開始し、全開大会よりスケールアップしてきた。


今大会のメインはEMC05で準決勝が行われたEMCウェルター級王座決定トーナメント決勝=イズミール・ヌルディエフ✖アミラン・ゴゴラゼが予定されていたが、前者の負傷欠場でEMCバンタム級選手権試合=王者スティペ・ブルチッチ✖挑戦者ブラッド・カトーナの一戦が組まれた。

ブルチッチは2月のEMC04でワンナイト4人制王座決定トーナメントを制して、同ベルトを獲得。対するカトーナはTUF27を制し、オクタゴン2勝2敗ながらリリースとなり、欧州に新天地を求めたカナダ人選手だ。

現在8連勝中で、うち6試合がKO勝ち。豪快なファイトでドイツ国内での人気も高いエンジゼク

カトーナ以外にも今大会にはUFCベテランのスウェーデン人ファイターのロステム・アクマンが参戦し、ドイツ在住のトルコ人選手ケリム・エンジゼクと戦うウェルター級の一番も組まれている。拳の届く距離でのボクシングファイトを得意とし、ドイツの老舗GMCでウェルター級王者に君臨したエンジゼクのEMC初陣、見逃すことはできない。

さらに8月のBrave40でドイツのスヴェンフォルエンバッハーを破り、プロ&アマMMA通算25連勝(※プロでは7勝0敗)のフセイン・カジマゴマエフが、同じくBrave CF39での勝利でレコードを7勝1敗としたトビラス・ハリラと戦うマッチアップも楽しみだ。

加えてタジキスタン人選手で8勝0敗のベイクティア・アブドゥラエフが、EMC05で僅か56秒ギロチンで勝利しデビュー以来の連勝を5に伸ばしたパルカル・ヒンツェンと戦う試合も注目したい。ドイツから欧州各地、中央アジアまで掘り起こし始めたEMC、非常に興味深い面子が揃った大会といえる。

The post 【EMC06】ドイツから欧州~中央アジアを掘り起こす。メインのバンタム級戦でTUF27ウィナーが挑戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF40 other MMA Report フセイン・カジマゴマエフ ブログ

【Brave CF40】プロアマ通算25連勝としたカジマゴマエフ、「作戦はスマッシュすること!!」

<72キロ契約/5分3R>
フセイン・カジマゴマエフ(スイス)
Def.2R1分37秒by TKO
スヴェン・フォルエンバッハー(ドイツ)

士道館空手出身、5日前のオファーを受けたフォルエンバッハー。対するカジマゴマエフは、20歳でキャリア6勝0敗、アマでは18勝0敗のキャリアを持つレスリングベースのファイターだ。

タッチグローブを流したフォルエンバッハーに右ローを蹴るカジマゴマエフ。もう一度、右ローを蹴るとフォルエンバッハーの体が流れる。フォルエンバッハーのローをキャッチして倒したカジマゴマエフは右ローを入れ、スタンドで待ち受ける。直後に右を振るい、ダブルレッグでテイクダウンを決めたカジマゴマエフは、フォルエンバッハーのハーフバタフライに腰を上げ、金網に頭を押し込んでいく。フォルエンバッハーはハイガードに切り替えるが、オモプラッタを察知したカジマゴマエフが立ち上がる。

直後に右カーフで体が折れたフォルエンバッハーの左足を、引き続きカジマゴマエフが狙う。ローを蹴られ体が一回転したフォルエンバッハーに、ワンツーを入れたカジマゴマエフはさらに左オーバーハンド、直後に右ストレートをヒットさせる。続いて左フックを打ちこみ、ダブルレッグでフォルエンバッハーを担ぐや、間髪入れず叩きつけたカジマゴマエフはサイドから左のパンチを連打する。フォルエンバッハーはハーフに戻すが、もう一度足を抜いたカジマゴマエフが左のパウンドを連打しニーインベリーに。ここで初回が終わった。

2R、カーフを蹴られても前に出るフォルエンバッハーは、ヒザを見せるがダブルレッグでテイクダウンを許す。フォルエンバッハーのバタフライガードにも、カジマゴマエフは上体を起こしてパウンドを打っていく。振りかぶって右を入れ、さらに強烈な左を連打すると、最後は左右の拳を打たれて続けたフェルエンバッハーが、頭を抱えて動けなくなりレフェリーが試合を止めた。

「いつも作戦は相手をスマッシュすること。自信はある。来週で、誰とでも戦えるよ」とカジマゴマエフは話した。