カテゴリー
Other MMA Result UAE Warriors11 アタベク・アブディミタリポフ ジョセリーノ・フェヘイラ フアレス・ディア ブログ マルコ・パウロ・コスタ

【UAEW11】試合結果 砂漠の国のMMA=アラブ人とブラジル人、在UAE外国人ファイターたちのMMA

【写真】フアレス・ディア、写真のアタベク・アブディミタリポフというアブダビ在住の非UAE国籍ファイターの活躍が印象深いイベントだった (C)UAE WARRIORS

12 日(金・現地時間)、UFCファイトアイランド4連戦を前にして、UAEはアブダビのムバダラ・アリーナでUAE Warriors11が開催された。

海外からの出場選手はイベントの18日前にアブダビ入りし、出場全選手にPCR検査が行われたイベントは中東MMA色が強い大会となった。

基本オイルマネーが潤っている国では、国民に豊かな生活が保障されており、労働力は他国から受け入れている状況が多い。そのような国ではスポーツに関しても、外からの血を入れサッカーなどもブラジルやアフリカの選手が国籍を取得し、代表選手に加わっている。

今大会もUAE人=アラブ人ファイターは、既に20年以上力が入れられているブラジリアン柔術ベースの選手が目立ち、指導者として現地で生活しているブラジル人選手も過去の中東の大会と同じように多数出場している。

それこそサッカーUAE代表にはブラジル人2名、アルゼンチン人1名と3人のフォワードが在籍しており、今大会に出場したジョセリーノ・フェヘイラ、マルコ・パウロ・コスタらもUAEウォリアーズの中心になる可能性は十分にある。

一方、打撃系のフアレス・ディアはカメルーン人ファイターで、キルギス人レスラーのアタベク・アブディミタリポフと同様にアブダビ在住だ。MMAはサッカーや他のスポーツと違い、あくまでも個人スポーツで五輪競技でも、世界的な統一組織があるわけではない。そのなかでUFCという一つのプロモーションが、トップに君臨している。

今後、砂漠の国のMMAが自国にいては発掘されづらいファイターの世界への窓口になる可能性もある──そんな風に見えた活動再開=UAEウォリアーズだった。そんななかUAEでもエジプト人選手は噛ませ犬。これはONEでのヒエラルキーにも当てはまることで、エジプト、そしてインドでのMMA大会に見られるスリランカと、現状は最下位に位置していることも理解できた大会だった。

UAE Warriors 11
<90キロ契約/5分3R>
○ジョセリーノ・フェヘイラ(ブラジル)1R3分35秒
KO
詳細はコチラ
×テレク・スレイマン(シリア)
<フェザー級/5分3R>
○フアレス・ディア(カメルーン)3R
判定
詳細はコチラ
×アンドレ・ピネイロ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ユーセフ・アル・ホセニ(UAE)1R1分23秒
RNC
詳細はコチラ
×モハメド・アラム(エジプト)
<ウェルター級/5分3R>
○マルコ・パウロ・コスタ(ブラジル)1R2分40秒
肩固め
詳細はコチラ
×アブデルハキム・ワヒッド(モロッコ)
<フェザー級/5分3R>
○アフメド・アルダルマキ(UAE)1R3分25秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×カギム・イヴァンキッガ(ウガンダ)
<ライト級/5分3R>
○アタベク・アブディミタリポフ(キルギス)1R2分55秒
アームバー
詳細はコチラ
×オマル・イマッド(エジプト)
<ミドル級/5分3R>
─ユーリ・フラガ(ブラジル)1R0分8秒
NC
詳細はコチラ
─イブラヒム・エルサウイ(エジプト)
<ライト級/5分3R>
○アルフォンス・ヴィニー・ベサラ(カメルーン)1R0分22秒
KO
×ムハンマド・カリム・アルジーナン(エジプト)
<ライト級/5分3R>
○ベン・ルカス(英国)1R0分36秒
NC
×イブラヒム・カンディル(エジプト)


カテゴリー
other MMA Report UAE Warriors11 アンドレ・ピネイロ フアレス・ディア ブログ

【UAEW11】中東がアフリカンの世界進出の扉に?! ディアがピネイロにフルマークの判定勝ち

【写真】カーフでなく、ローを効かせたディア。今後に注目だ(C)UAE WARRIORS

<フェザー級/5分3R>
フアレス・ディア(カメルーン)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アンドレ・ピネイロ(ブラジル)

サウスポーのディアがフックの連弾を見せ、ピネイロが右ミドルを返す。ならばと左ハイを蹴ったディアが左ミドルを蹴り込む。ピネイロはスピニングバックフィストを見せ、バックエルボーを狙う。ディアはケージを背負ったピネイロの左アッパー、強烈な右ローを蹴る。ローを続けたディアは、蹴り足をキャッチして右フック。たまらず距離を外したピネイロだが、ローに顔をしかめてしまう。ディアは左ミドルハイでピネイロの重心をあげさせ、蹴りをキャッチして殴るなど試合を攻勢に進める。

ピネイロもローに右を合わせようとするが、左前蹴りを腹に受け、ローで体が傾く。シングルを切ったディアは右フック、接近戦では単発でなくコンビネーションを繰り出し、終盤にも重いローを決め初回を取った。

2R、ピネイロは思い切り右のハイを見せ、ミドルから組みへ。ディアはショートを当てて、ローにつなげる。ピネイロも左を伸ばすが、オーソで構えるようになったディアのローで動きを止められてしまう。両手を広げ、ローを蹴ると知りを振る仕草を見せるディアは、余裕を持ってローを蹴り込むファイトに徹する。

ピネイロは右を振るってダブルレッグへ。スプロールしたディアは、ピネイロが立ち上がってくるところに左ハイを当ててダウンを奪う。パウンドを落とそうとしたピネイロにシングルを仕掛けたピネイロだが、倒せずガードを取る。ディアは立ち上がったままで足を掴みパンチを落とし、残り40秒でレフェリーがブレイクを命じた。残り30秒、ディアの右ローにケージに下がったピネイロ、両者揃って残り10秒の合図をタイムアップと勘違いし離れる。先に気付いたディアだが、背中を見せたピネイロに攻撃することはなかった。

最終回、ピネイロは右オーバーハンドで前に出るが、逆に左フックをテンプルに被弾し後方に倒れる。スクランブルを許さず、立ち上がった状態で鉄槌を落とすディアが離れてスタンドに待ち受ける。ピネイロは右ローを蹴られ、ケージに寄り掛かるようになる。ローを掴まれ引き込むピネイロに対し、ディアは寝技には付き合わない。首相撲からヒザを入れ、左フックを被弾しながら右を返すピネイロは、ローで攻撃を続けることができない。

ついには左足を蹴られると、引き込むようになったピネイロ。ディアはここもスタンドで待ち受け、レフェリーがピネイロを立たせる。ローを蹴るが、特に仕留めに掛ることがないディアはタイムアップを迎えて、勝利の舞いを見せた。結果、ディアがフルマークの判定勝ちを収めた。

10勝2敗のピネイロを破り、キャリア7勝2敗としたディア──、サッカーでもそうだが中東のMMA大会はアフリカンの世界への扉となるかもしれない。