カテゴリー
UFC Result UFN ESPN+32 UFN174 クリス・ワイドマン ダレン・スチュアート デリック・ルイス ブログ

【UFN174】試合結果 オレイニクをパウンドアウト、デリック・ルイスがヘビー級最多『11』KO勝ち

【写真】ここぞ──という時のルイスのスピードと破壊力は半端ない(C)Zuffa/UFC

8日(土・現地時間)、UFN174:UFN on ESPN+32「Lewis vs Oeinik」がネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催された。

メインのヘビー級戦で初回は通好みなグラップリングを披露したアレクセイ・オレイニクをデリック・ルイスが右フックからパウンドで2R早々に倒し、UFCヘビー級の歴史で最多となる11度目のKO勝ちとなった。

パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ダレン・スチュアート、ケビン・ホランド、アンドリュー・サンチェス、ジャスティン・ジェインズ

UFN174:UFN on ESPN+32「Lewis vs Oeinik」
<ヘビー級/5分5R>
○デリック・ルイス(米国)2R0分21秒
TKO
詳細はコチラ
×アレクセイ・オレイニク(ロシア)
<ミドル級/5分3R>
○クリス・ワイドマン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×オマリ・アクメドフ(ロシア)
<ミドル級/5分3R>
○ダレン・スチュアート(英国)1R3分41秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×マキ・ピトロ(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ヤナ・クニツカヤ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ユリア・ストレアレンコ(リトアニア)
<158ポンド契約/5分3R>
○ベニール・ダリューシュ(米国)1R4分38秒
KO
詳細はコチラ
×スコット・ホルツマン(米国)
< 174.5ポンド契約/5分3R>
○ティム・ミーンズ(米国)3R
判定
×ロウレアノ・スタルポリ(アルゼンチン)
<ミドル級/5分3R>
○ケビン・ホランド(米国)3R0分32秒
KO
×ホアキン・バックリー(米国)
<ライト級/5分3R>
○ナスラ・ハクパレス(ドイツ)3R
判定
×アレックス・ムニョス(米国)
<ミドル級/5分3R>
○アンドリュー・サンチェス(米国)1R4分17秒
TKO
×ウェリントン・トゥルマン(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ギャヴィン・タッカー(カナダ)3R1分43秒
RNC
×ジャスティン・ジェインズ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ユーゼフ・ザラル(米国)3R
判定
×ピーター・バレット(米国)
<バンタム級/5分3R>
○アーウィン・リヴェラ(メキシコ)3R
判定
×アリ・アル・カイシ(ヨルダン)
カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+32 UFN174 アレクセイ・オレイニク デリック・ルイス ブログ

【UFN174】通好みの寝技を駆使したオレイニクだが、ルイスの右フックからのパウンドに敗れる

<ヘビー級/5分5R>
デリック・ルイス(米国)
Def.2R0分21秒by TKO
アレクセイ・オレイニク(ロシア)

開始直後に左ハイを蹴ったルイスは、フックの交換から組みついてオレイニクをケージに押し込む。左を差し返したオレイニクは体を入れ変えようと試みるが、ルイスが小手を決めて投げる。亀で殴られたオレイニクはガードを取り、マウントを許しそうになりながら潜ってハーフガードに。ここから右腕を差して立ち上がり、足を払ってリバーサルを決めたアクメトフはサイドで抑える。

スカーフホールドのオレイニクは、頭を抜いたルイスに下からシングルかけ、ここも右腕差してハーフからスイープに成功する。再びスカーフホールドに出たオレイニクだが、首を極めることができずサイドに戻るとボディにエルボーを落とす。さらにアメリカーナを狙うが、タイムに。オレイニクが重厚な寝技でラウンドを取った。

2R、スイッチの左の跳びヒザから右フックでダウンを奪ったルイスは、シングルに来るオレイニクにパンチを続ける。頭が揺れ、体から力が抜けたオレイニクを見てレフェリーが試合を止めた。ルイスはUFCヘビー級新記録となった11回目のKO勝ちを記録した。


カテゴリー
News UFC UFN ESPN+32 UFN174 アレクセイ・オレイニク クリス・ワイドマン ティム・ミーンズ デリック・ルイス ブログ ホアキン・バックリー

【UFN174】計量終了 メインはルイスとヴェウドゥム破ったオレイニク。ワイドマンは生き残り戦

【写真】スタミナが鍵、特にオレニクはいかにつかれずグラウンドに持ち込むことができるか (C)Zuffa/UFC

7日(金・現地時間)、8日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN174:UFN on ESPN+32「Lewis vs Oeinik」の計量が行われている。

メインカード・オープニングのライト級でスコット・ホルツマンと戦うベニール・ダルーシュが3ポンドオーバー、プレリミ・メインでティム・ミーンズと対戦するロウレアノ・スタルポリは 4.5ポンドの超過となり、ともに20パーセントのファイトマネーの没収でキャッチ戦を戦うこととなった。


今大会のメインはヘビー級でデリック・ルイスが、5月にファブリシオ・ヴェルドゥムを破ったアレクセイ・オレイニクと戦い、セミでは連敗中のクリス・ワイドマンがライトヘビー級からミドル級に戻し、逆に5連勝中のオマリ・アクメドフと生き残りを賭けた厳しい試合が用意されている。

なおケビン・ホランドと対戦するホアキン・バックリーは、7月31日のLFAで勝利したばかり。8日間のインターバルでオクタゴン・デビューを迎えることとなった。またオープニングファイトではBrave CFからUFC初陣を向けるヨルダン人ファイターのアリ・アルカイシは、Titan FCバンタム級王者から2戦目の初勝利を目指すアーウィン・リヴェラと対戦。北米と中東&欧州フィーターショーからのUFCデビューが続く。

■UFN174対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
デリック・ルイス: 265 ポンド(120.2キロ)
アレクセイ・オレイニク: 227ポンド(102.96キロ)

<ミドル級/5分3R>
クリス・ワイドマン: 186ポンド(84.37キロ)
オマリ・アクメドフ: 185.75ポンド(84.25キロ)

<ミドル級/5分3R>
ダレン・スチュアート: 186ポンド(84.37キロ)
マキ・ピロト: 186ポンド(84.37キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ヤナ・クニスカヤ: 136ポンド(61.69キロ)
ユニア・ストレアレンコ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ライト級/5分3R>
ベニール・ダルーシュ: 158ポンド(71.66キロ)
スコット・ホルツマン: 156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ティム・ミーンズ: 171ポンド(77.56キロ)
ロウレアノ・スタルポリ: 174.5ポンド(79.15キロ)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド: 183.5ポンド(83.23キロ)
ホアキン・バックリー: 185ポンド(83.91キロ)

<ライト級/5分3R>
ナスラ・ハクパレス: 156ポンド(70.76キロ)
アレックス・ムニョス: 156ポンド(70.76キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンドリュー・サンチェス: 185.5ポンド(84.14キロ)
ウェリントン・トゥルマン: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャスティン・ジェインズ: 146ポンド(66.22キロ)
ギャヴィン・タッカー: 146ポンド(66.22キロ)

<フェザー級/5分3R>
ユーゼフ・ザラル: 146ポンド(66.22キロ)
ピーター・バレット: 145.5ポンド(66.0キロ)

<バンタム級/5分3R>
アリ・アルカイシ: 136ポンド(61.69キロ)
アーウィン・リヴェラ: 136ポンド(61.69キロ)