カテゴリー
ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 Report デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ハシガトゥ ブログ

【ONE Reign of Dynasties】離れて回り、飛び込んでTD。MMAゲームでハシガトゥがデェダムロン下す

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
ハシガトゥ(中国)
Def.2-1
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)

入場も戻ってきたONE。ハシガトゥに続き、デェダムロンがケージへ。両者、慎重な立ち上がりのなかハシガトゥが遠く距離を取り、デェダムロンのローを下がってかわす。ハシガトゥが走り込むように右オーバーハンドを見せるが、これは空振りに。前蹴りをよけたデェダムロンが間合を取り直す。下がるハシガトゥが、左右のスラッピーなフックで前に出る。

相当に遠い距離から距離詰めてパンチを見せるハシガトゥが、すぐに大きく距離を取るためにデェダムロンは戦い辛そうに距離を作り直す場面が続く。追いかけて右ミドルを蹴ったデェダムロンだが、ハシガトゥがシングルレッグで一気にテイクダウンを奪う。デェダムロンはクローズドガードを取り、下からエルボーを入れる。ハシガトゥは頭をつけた状態から、頭を起こして右のパウンドを繰り出す。立ちあがって殴りながらパスしたハシガトゥは、スクランブルでギロチンに捕えるも時間となった。

2R、初回と同様に遠い距離で回るハシガトゥを追いかけたデェダムロンが、カウンターのパンチを受ける。デェダムロンは右ハイ、ブロックしたハシガトゥが足を使うと飛び込んで右ミドルも直後にハシガトゥがダブルレッグを決める。寝技は続かず、スタンドに戻るとデェダムロンが右ミドルから前に出る。ハシガトゥは下がって、踏み込みを待ってカウンターを狙う。

ここまで距離をとり、前進にカウンターやテイクダウンを合わせる作戦がハマっているハシガトゥが、残り80秒でダブルからシングルに移行してテイクダウンを決める。足を一本抜き、枕でプレッシャーをかけるハシガトゥはデェダムロンにハーフから潜ることを許さず、MMAゲームでリードした。

最終回、これまでと同じ戦い方でデェダムロンの攻撃を貰わないよう戦うハシガトゥに、幾度となくアクションという指示が入る。蹴りからパンチの距離が作ることができないデェダムロンはスイッチを織り交ぜるも、ハシガトゥは距離を取り続ける。そして右のパンチを見せてシングルへ。

切ったデェダムロンが左ローを蹴る。ワンツーを見せるハシガトゥに対し、ミドルを蹴るデェダムロンだが向かってこない相手に打撃を届かせるのは困難だ。それでも走り込んで右ミドルを蹴るデェダムロンは、ダブルレッグからクリンチに取ったハシガトゥの小外掛けで倒されサイドを取られる。足を戻したデェダムロンだが、反撃には至らずタイムアップに。

上手く試合をまとめたハシガトゥが、スプリットで元世界ストロー級王者を破った。ここで1票がデェダムロンに入るようなら、レフェリーはあの距離の取り方にもっと注意を与えないといけないだろう。戦いではなく、ゲームであったがハシガトゥが落とした要因は消極的以外にない内容だった。


The post 【ONE Reign of Dynasties】離れて回り、飛び込んでTD。MMAゲームでハシガトゥがデェダムロン下す first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 アミール・カーン アレクシ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!!

【写真】脳腫瘍で闘病中の父のために戦うという記事がシンガポールで大きく報じられているアミール・カーン (C)MMAPLANET

本日9日(金・現地時間)。シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE112「Reign of Dynasties」の最終計量及びハイドレーション結果が発表されている。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


いよいよ本拠地シンガポールで、海外かの出場選手を迎えて行われONE Championship。2度に渡って行われたバンコク・シリーズと違い、6試合中5試合がMMAの今大会──いよいよONEも本来の形を取り戻す一歩となる。

アレクシ・トイヴォネン、アミール・カーン、エコ・ロニ・サプトラ、デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク、そしてロシャン・マイナムらイヴォルブMMA在籍ファイターが、豪州や中国からのやってきた選手たちを迎える今大会。計量、ハイドレーションともにパスできなかったファイターはなかった。

以下、ハイドレーションと計量結果だ。
※赤字の選手の名前をクリックするとインタビューに跳びます

■ONE Reign of Dynasties計量結果
<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ:56.0キロ/ 1.0140
[挑戦者]ジョシュ・トナー:56.35キロ/1.0116

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
アレクシ・トイヴォネン:60.9キロ/1.0095
リース・マクラーレン:60.1キロ/1.0040

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン:76.4キロ/1.0222
ラウル・ラジュ:76.7キロ/1.0070

<63.5キロ契約/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ:63.0キロ/1.0218
ムルガン・シルブラージョ:63.3キロ/1.0152

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク:56.65キロ/1.0214
ハシガトゥ:56.0キロ/1.0083

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ロシャン・マイナム:61.15キロ/ 1.0218
リュウ・ペンシュアイ:60.5キロ/1.0070

The post 【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE112 Reign of Dynasties アミール・カーン アレクセイ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。

【写真】セミのフライ級マクレーラン✖トイヴォネン、アミール・カーン、デェダムロンとタイ大会とは違ったMMAが見られそうだ(C)MMAPLANET

28日(月・現地時間)にONE Championshipより、10月9日(金・同)に本拠地シンガポールでONE Reign of Dynasties=無観客大会を行うことがついに発表された。

ONEのオフィシャル・ホームページでは既に同大会の日時、大会名、サムエー・ガイヤーンハーダオとジョシュ・トナー、MMAではリース・マクラーレンとアレクセイ・トイヴォネンのグラフィックが発表されてきた。が、それ以外のカード発表はなく、シンガポール政府から許可が下りていないのではないかという憶測も聞かれたが、大会12日前にしてようやく正式にアナウンスされた。


今回のリリースによると、メインとセミはやはりグラフィックが用いられていた選手のアッチアップとなり、メインでサムエーがトナーを相手にONEムエタイ世界ストロー級王座防衛戦を戦う。

セミはマクラーレン✖トイヴォネンのMMAフライ級マッチだ。今回のリリースではこのほか3試合、アミール・カーン✖シンガポール在住のインド人選手ラウル・ラジュのライト級戦、63.5キロ契約でインドネシアのエコ・ロニ・サプトラ✖マレーシアのムルガン・シルブラージョ戦。

さらにはストロー級のデェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク✖中国のハシガトゥ、第1試合ではインドのロシャン・マイナム✖中国のリュウ・ペンシュアイという顔合わせが明らかとなっている。MMAが5試合とムエタイが1試合、ここはタイ・シリーズのようにリング使用でなく、7カ月ぶりのケージ大会になる見込みが高そうだ。

さらにいえば全6試合中、第1試合のマイナムからデェダムロン、エコ・ロニ、カーン、トイヴォネン、サムエーと片側のコーナーは全てがEvolve MMA所属選手で固められている。

海外からの入国は中国勢とクアラルンプールからのシルブラージョ、そして豪州勢が2名となっており──10月に開催が噂されるスーパー・メガショーへの布石、あるいは試金石となる本拠地イベントだ。

The post 【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。 first appeared on MMAPLANET.