カテゴリー
BELLATOR Bellator248 Report チーク・カンゴ ティム・ジョンソン ブログ

【Bellator248】45歳の凱旋マッチでジョンソンにリベンジを許したチーク・カンゴ、現役続行を宣言

<ヘビー級/5分3R>
ティム・ジョンソン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
チーク・カンゴ(フランス)

ラ・マルセイエーズで入場したカンゴ。45歳の凱旋帰国マッチで、まず左ローを蹴る。サウスポーのジョンソンに右前蹴りを入れたカンゴは、ワンツーに左に回る。ジョンソンは右ローにテイクダウンを合わせると、ハーフでパウンドを落とす。グローブを掴んでいるとレフェリーにアピールするジョンソンはバックに回り、カンゴは上を向いてハーフを取り直す。

カンゴが右腕を差して立ち上がろうとしたところでジョンソンはエルボーを入れ、左足を束ねて立たせない。背中を向けて立ち上がろうとしたカンゴに、右のパウンドを連打するジョンソン。殴られながら立ち上がったカンゴは胸を合わせると、右を差し返し体を入れ替える。ジョンソンをケージに押し込み、ヒザを入れたカンゴだが、すぐに体を入れ替えられ太腿にヒザを受け、ケージを背負ったまま初回が終わった。

2R、ジョンソンの右オーバーハンドに、カンゴは右アッパーを入れる。直後に組みついたジョンソンがケージにカンゴを押し込んでいく。ヒザをボディに突き上げたカンゴは右腕を差して左腕はウィザー、腰を落として耐えていたが、シングルでついに尻もちをつかさせてしまう。ケージを使ってスタンドに戻ったカンゴは、左腕を差してヒザを入れて体を入れ替える。ここからカンゴはヒザをついてダブルでテイクダウンを決める。

すぐに立ち上がったジョンソンがケージに押し返すが、ヒザを2発入れて離れたカンゴが、右ストレートから左フックをヒットさせる。さらに右を当てケージにジョンソンを詰めるも、逆にケージに押し込まれたところでラウンド終了。ここはカンゴが取り返したか。

最終回、右フックからパンチをコンビで入れたカンゴに対し、ジョンソンは左を振るって前に出てクリンチ──金網に押し込む。この時点で90秒近く過ぎており、勝敗を大きく分けるケージ際の攻防に。倒されず、ヒザをボディに入れるカンゴが、首相撲に取る。ジョンソンはここで左ヒジを振るって、姿勢を乱しカンゴが押し返す。

ここからポジションを2度変えて両者が離れると、左を振りながら前に出たジョンソンが右を伸ばすもクリンチには持ち込めない。直後の接触でカンゴはケージに押し込まれ、ケージ中央に押し返し、押し戻されて体を入れ替える。ジョンソンはすぐに押し返し、互いにヒザを蹴り合うも、カンゴのヒザは首相撲からやや印象は良いか。とはいえ互いに決め手を欠いたままタイムアップを迎え、カンゴはスプリット判定で敗れジョンソンにリベンジを許した。

敗者のカンゴはインタビューの機会を与えられ、現役続行を宣言した。


The post 【Bellator248】45歳の凱旋マッチでジョンソンにリベンジを許したチーク・カンゴ、現役続行を宣言 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator248 News アラン・オマー ソウル・ロジャース チーク・カンゴ ティム・ジョンソン ブログ マイケル・ペイジ

【Bellator248】計量終了 初の仏、パリ大会。メインにマイケル・ペイジ登場。カンゴは15年振りの凱旋

【写真】175ポンドのキャッチウェイト戦。フィジカルではヒューストンが上回っているか(C)BELLATOR

9日(金・現地時間)、10日(日・同)にフランスはパリのアコー・アリーナで開催されるBellator248の計量が行われた。

今年に入りMMAがようやく正式認可を受けたフランスで、初めて開催される歴史的なイベントは3部構成となっている。まず米国の土曜の午前スタートでBellator248メインカードが4試合組まれ、メイン終了後にBellator Parisのプレリミがスタートする。5試合のプレリミを経て、Bellator Parisのメインカードは2試合で、この2試合は英国のChannel 5がライブ中継を行い、米国や他の地域ではYouTubeでの配信となっている。


いってみれば過去にも見られたBellatorナンバーシリーズとユーロシリーズが合体した形のメモリアルイベント、第一のメインというべき248大会のメインはマイケル・ペイジ✖ロス・ヒューストンのキャッチウェイト戦だ。昨年末の日本大会以来の実戦となるMVPに対するヒューストンはケージウォリアーズのウェルター級王者からオクタゴンでなく、サークルケージを選択した8勝0敗のスコティッシュ・ファイターだ。

ウェルラウンダー、右フックやボディ打ち、蹴りも使いこなすヒューストンだが、MVPを相手に打撃勝負は無謀だ。それでも打撃を避けていてはテイクダウンからフィニッシュという流れに持ち込むことも困難なことも絶対だ。致命傷を負わない打撃戦を経て、グラップリングマッチに持ち込みたい。

第2のメイン=イベント最終試合は、フランスのMMAファンに向けてのチーク・カンゴ✖ティム・ジョンソンのヘビー級マッチが組まれた。カンゴがプロとして母国で戦うのは2005年の一撃フランス大会におけるグラウベ・フェイトーザとのキックボクシング戦以来、実に15年振りとなる。

ところも同じベルシー体育館(※現アコー・アリーナ)で、キック~シラット~アマ修斗~MMAでUFCからBellatorとキャリアを積んできたカンゴが集大成といっても過言でない一戦に挑む。

そんなパリ大会、Bellator248ではEuro FCで髙谷裕之を破っているアラン・オマー、Bellator Parisではフェザー級ワールドGPから再起となるソウル・ロジャーズの試合も注目だ。

■視聴方法(予定)
10月11日(日・日本時間)
午前0時30分~Bellator248 DAZN
午前2時45分~Bellator ParisプレリミBellator MMA YouTube Channel
午前6時00分~Bellator ParisメインBellator MMA YouTube Channel

■ Bellator248計量結果

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ: 245.6ポンド(111.4キロ)
ティム・ジョンソン: 259.8ポンド(117.84キロ)

<フェザー級/5分3R>
ソウル・ロジャース: 145.4ポンド(65.95キロ)
アルビ・メジドフ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライト級/5分3R>
テリー・ブレイジャー: 155ポンド(70.31キロ)
イーブ・ランジュ: 154.2ポンド(69.94キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
イリアス・ブレイド: 149.4ポンド( 67.76キロ)
イヴァン・ナッカリ: 149.6ポンド(67.85キロ)

<フェザー級/5分3R>
ドミニク・ウッディング: 144.8ポンド(65.68キロ)
ファブカリ・ジェッタ: 146ポンド(66.22キロ)

<女子フライ級/5分3R>
メギ・ベルシェル: 125.4ポンド(56.88キロ)
ルーシー・ベルトー: 125.8ポンド(57.06キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャン・ドゥイエ: 145ポンド(65.77キロ)
シアラン・クラーク: 145ポンド(65.77キロ)

<フェザー級/5分3R>
ディラン・ローガン: 145.4ポンド(65.95キロ)
ウィリアム・ゴミス: 144.6ポンド(65.58キロ)

<175 ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ: 174.2ポンド(79.01キロ)
ロス・ヒューストン: 174.8ポンド(79.28キロ)

<ウェルター級/5分3R>
オリバー・エンカンプ: 168.4ポンド(76.38キロ)
エマニュエル・ダワ: 170ポンド(77.11キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
ライアン・スコープ: 160.8ポンド(72.93キロ)
アラン・オマー: 159 ポンド(72.12キロ)

<フェザー級/5分3R>
マス・ブーネル: 145.6ポンド(66.04キロ)
ダルコ・バコビッチ: 145ポンド(65.77キロ)

The post 【Bellator248】計量終了 初の仏、パリ大会。メインにマイケル・ペイジ登場。カンゴは15年振りの凱旋 first appeared on MMAPLANET.