カテゴリー
Interview UFC チムール・ワリエフ トレヴィン・ジョーンズ ブログ 岡田遼

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─11─ジョーンズ✖ワリエフ「格闘技の神様が降臨した瞬間」

【写真】一発逆転のノックダウン奪取から正確なパウンドでジョーンズは勝利を手にした (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼が岡田遼の語りたいUFCプレリミマッチ第11回。

ここでは22日(土・現地時間)のUFC ESPN15で行われたバンタム級戦=トレヴィン・ジョーンズ✖チムール・ワリエフ戦について話してもらった。


──岡田遼が気になる8月のUFCプレリミマッチ、岡田選手が気になったUFCプレリミ2試合目は?

「トレヴィン・ジョーンズ✖チムール・ワリエフですね。PXCから活躍して、DEEPで大塚隆史選手に勝ったジョーンズが代役ですがUFCデビューを迎えました」

──正直、勝ち目はないと思っていました。相手はワリエフですから。

「ワリエフって、クソ強いですよね。何でいうのか、攻撃が絶えることがない。ずっと手を出していて、手数が多いだけでなく多彩です。カカト落としをMMAで使いますか? それこそチェンジ・スピード、チェンジ・レベル、チェンジ・アングル、その全てを駆使して際限なく攻撃を続けていました。こんなヤツ、いるのかってぐらいに!!」

──対してジョーンズに関しては、私はずっと手堅い攻撃をする選手というイメージでしたが、もう見事なまでに手の打ちようがない。ボロボロにされていました。

「大塚選手に一本勝ちしていて、相当に強い選手だと思います。ACBやTOP FCで戦ってきて。でも防戦一方で、何もできていなかったです。腹も顔もやられて──UFCでここまで一方的な試合は珍しいなっていうぐらいの序盤でした。

それでもジョーンズはボコボコにされながら、起死回生のテイクダウンを素晴らしいタイミングで決めています。あそこで時間を使って呼吸を整えていました。あのダブルレッグとトップにステイしたのは、痺れましたね。

あそこまでボロボロにされている選手が、ダブルレッグをしっかりとドライブして決めて。あの活きの良いワリエフを倒して、マットに背中をつけさせた。そして時間を使った。あぁ、ジョーンズもUFCで戦える力の持ち主なんだと感心させられました」

──インターバルで立て直すことができると思っていましたか。

「風向きが少しは変わって来るんじゃないかとは思っていました。ワリエフは1Rに倒しにいって、それができなかったので。アレは相当疲れているはずなんです。僕も昔、トリスタン・グリムズリーっていう弱い米国人に1Rにボディを効かせたけど倒しきれなくて……めちゃくちゃスタミナが削れてしまいRNCでやられてしまったことがあるんです」

──もちろん、存じ上げています。

「でも僕と違い、ワリエフは初回と同じような切れで戦っていました。バケモノですね(笑)」

──ひょっとするとテイクダウンされて、休んだのかもしれないですね。

「それはあるかもしれないですね。そうしていたのだとしてら、それもクレバーで怖いです」

──しかし、その2Rに大逆転KO劇が起こりました。

「格闘技の神様が降臨した瞬間でしたね。ローに右フックを合わせた形だったと思います。ただ、あれだけやられていたのに手を出した結果です。パウンドも適格でしたし。大前提として、ジョーンズも強い選手なんだと……。

あそこまで腹を効かされて、あれだけ頭部も殴られていた状態でダウンを奪えたとしても、あの正確なパウンドを打てるのかって聞かれると、今の僕には自信がないです。ジョーンズはあそこで逃げられると、もう絶対に勝ち目がない。そこで仕留めに掛り勝ち切りました」

──同じバンタム級ですね。

「ぶっちゃけジョーンズなら、それなりに良い試合はデキると思います。でもワリエフはやりたくないです(笑)」

──やりたくない宣言、いただきました。

「アハハハハ。ワリエフとやるには、出席日数と内申点が足りていないです」

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN15 チムール・ワリエフ トレヴィン・ジョーンズ ブログ

【UFC ESPN15】ほぼKO負けのピンチを耐えた代役ジョーンズが、右フックでワリエフを大逆転KO

<140ポンド契約/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ(グアム)
Def.2R分秒by TKO
チムール・ワリエフ(ロシア)

マーク・ストリーグルの代役となったジョーンズに対し、フランキー・エドガーのトレーニングパートナーを務めてきたワリエフがミドル、サイドキック、左ジャブを繰り出す。さらに鋭い左ローや前蹴りを続けるワリエフの速さが目立つ。さらに右ハイを2発蹴り、ガードの上からの2発目がやや効いたように見えるジョーンズだが右フックから左を伸ばす。

そこにカウンターを受け、ワリエフの圧力に下がり、ミドルを被弾したジョーンズはケージの前を周りようになりテイクダウンも距離が合わない。さらにワリエフは右を当て、ボディに右前蹴り、さらに右ハイを放つなど圧倒する。右三日月を受け、動きが完全に止まったジョーンズはヒザ、ハイキック、ボディへの連打、さらに左ミドルを受けて体が折れる。腹を守りながら、懸命に立ち続けるジョーンズに対し、ワリエフが一旦間合をとり息を整える。ジョーンズはここでダブルレッグを決めて、何とか初回を生き残った。

2R、左ミドルを蹴っていたジョーンズのテイクダウン狙いにワリエフがヒザを入れる。ケージ際から離れたワリエフが前蹴り、ハイキックと初回と同じように好き放題の動きを見せる。ジョーンズも右ジャブを当てたが、右ミドルを蹴られて動きが落ちる。三日月、ローを蹴られたジョーンズは厳しい状態が続く。それでも前に出たジョーンズがローに右フックを振るうと、アゴを捕えてワリエフがダウンする。パウンドをまとめたジョーンズが、大逆転勝ち──「ショートノーティス、何もかもタフだった。でも、ここに居られて凄く嬉しい。僕はファイトファンだから、彼がボディを狙ってくるのは分かっていた。でも、僕は諦めることだけはない」と勝利を振り返った。