カテゴリー
Report UFC UFC252 エウベウチ・バーンズ ダニエル・ピネダ ブログ

【UFC252】バーンズ弟、打撃を生かしたMMA柔術=ピネダのクルスフィックス&ヒジでTKO負け

<149.5ポンド契約/5分3R>
ダニエル・ピネダ(米国)
Def.2R4分37秒by TKO
エウベウチ・バーンズ(ブラジル)

体重オーバーのバーンズ弟にロングの右フックを振るうピネダは、ダブルレッグにギロチンを合わせる。頭を抜いたバーンズがスクランブルからヒザ蹴りへ。これを額に受けてカットしながらピネダは右を当てる。組みついてバックに回ったバーンズに対し、後方にエルボーを入れ、胸を合わせたピネダがパンチを打ち込み逆にダブルレッグでテイクダウンを決める。ガードを取ったバーンズはハーフでパンチを落とされ、蹴り上げへ。足を捌いて殴るピネダは、ハイガードを潰して担ぎつつパウンドを打っていく。

エルボーを落とされ、パンチを打たれたバーンズは守りに徹底する。自分のペースでない時は気持ちが弱くなる一面があるバーンズは、左を差してスクランブルを狙うも右アッパーを受けて背中を自らつけてしまう。蹴り上げは見せるが、スタンドに戻る動きができないままバーンズは削られる形で初回を落とした。

2R、右を見せて見事なタイミングでダブルからテイクダウンを奪ったバーンズが、スクランブルでバックへ。立ちあがられてもワンフックで倒したバーンズはワンフックでピネダに腰をずらすことを許さず、マウントを取る。両足を四の字フックで束ねた方のマウントは、ヒザを差し入れたピネダが逃れる。

背中についたままバーンズが、首投げを潰してグラウンドに持ち込むもピネダが胸を合わせて右のパンチを連打する。パスからクルスフィックスに取ったピネダがエルボーを顔面に打ち込む。暴れるバーンズだが、顔面に攻撃を続けられ厳しい状態に。それでもブリッジでエスケープを図るなど心が折れることはなかったバーンズだったが、エルボーを打たれ続けレフェリーが試合を止めた。