カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン 青木真也

【ONE113】いきなり青木真也が予想したONE世界フェザー級選手権試合──勝者:タン・リー「UFCの……」

【写真】フェザー級世界戦について、意気揚々と青木は話し始めた (C)ONE & MMAPLANET

いよいよ本日、 30日(金・現地時間)にイベント開催となるONE113「Inside the Matrix」。

4大タイトルが組まれた今大会、同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──ということで、ONE世界ライト級選手権試合の行方を占ってもらった青木真也が「でも……僕はこの試合より面白いなぁって思っている試合があるんです」と発言。青木が気になる試合はONE世界フェザー級選手権試合、その気になり方もまた青木らしかった。

<青木真也のONE世界ライト級選手権試合の予想はコチラから>


青木真也の予想
勝者:タン・リー
理由
「僕、ライト級よりもフェザー級のタイトル戦の方が興味深いんです。タン・リーはLFAで暫定チャンピオンだった。彼に勝った選手も負けた選手もUFCで戦っています。彼に勝ったケヴィン・アギラーはUFCでは2勝3敗で。だからタン・リーってUFCのプレリミの選手だと思うんです。

その選手がONEの世界チャンピオンとやるっていうのは興味深いですね。結構、もつれるんじゃないかと思っています。サイズ的にタン・リーは少し大きいし。僕的にはウェン有利とは思えないです。逆にコンディション云々はあるんですけど、タン・リーじゃないでしょうか。

それに2人ともベトナムって言っているけど、ベトナムを離れた人ですよね。あの黄色に赤線3本の旗の方が大切な。そういうことか見ていると、このカードが4つの世界戦のなかで一番興味深いですね」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】いきなり青木真也が予想したONE世界フェザー級選手権試合──勝者:タン・リー「UFCの……」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン 松嶋こよみ

【ONE113】松嶋こよみが予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン

【写真】松嶋もウェン勝利で、これまでの4人全員がチャンピオンの防衛と予想したことになる (C)ONE & MMAPLANET

いよいよ本日、 30日(金・現地時間)にイベント開催となるONE113「Inside the Matrix」。

4大タイトルが組まれた今大会、同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──シリーズ第4回目は、松嶋こよみがONE世界フェザー級選手権試合、王者マーチン・ウェン✖挑戦者タン・リーの勝利者予想とその理由を語った。


松嶋こよみの予想
勝者:マーチン・ウェン
理由
「ウェンだと思います。中間距離はウェンの方が強いです。対して遠い距離はタン・リーだと思います。でも5Rを戦ううえでウェンの中間距離でのプレッシャーを最後までかけ続けられると、タン・リーも足が止まるかと思います。

5Rの長丁場で、あの距離は保てない。それとタン・リーはKOが目立っていますが、単発の攻撃が多くて。対してウェンは幅広く餌を撒いてパンチを当てることができます。そういう部分でも5Rの勝負ではウェンが有利だと思います。

高橋選手とタン・リーの試合では、高橋選手が蹴らせて取るという良い創りをしていました。コンテンダーシリーズでも、タン・リーは蹴っても相手が下がらないで距離を詰められていました。結果はハイで勝ちましたけど、プレッシャーを掛けられて苦戦を強いられていたんです。

プレッシャーを掛けることができない選手は、タン・リーに蹴られてしまいます。そこからの追い突きも怖いですけど、あの距離でウェンは蹴りを貰わない。蹴りも警戒しているので、あの距離にならないと思います。

自分も戦ったことがあるうえで、タン・リーという暫定LFA王者と戦うことでマーチンのレベルが分かるのも楽しみです。下手した方と僕がやる可能性も十二分にありますし。本音をいえばタン・リーが勝ってくれた方が僕は面白くなるのですが……全体的に見ると、ウェンが距離の取り方もあってKOはなくても、最後まで頑張れると思います。

クリスチャン・リーとの試合をみても、ウェンは劣性を挽回できますし、逆にタン・リーは早めに勝負を賭ける選手で長いラウンドは未知数で。でも、一瞬たりとも目が離せない試合になるのは絶対です」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】松嶋こよみが予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン 高橋遼伍

【ONE113】高橋遼伍が予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン

【写真】高橋の予想も王者ウェン、これでウェンが3票、タン・リーは0票だ(C)ONE & MMAPLANET

いよいよ本日、 30日(金・現地時間)にイベント開催となるONE113「Inside the Matrix」。

4大タイトルが組まれた今大会、同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──シリーズ第3回目は、高橋遼伍がONE世界フェザー級選手権試合、王者マーチン・ウェン✖挑戦者タン・リーの勝利者予想とその理由を語った。


高橋遼伍の予想
勝者:マーチン・ウェン
理由
「マーチン・ウェン君が勝つと思っています。サンフォードMMAでマイケル・チャンドラーとかレスリングが強いヤツと多分やっていると思うので。

タン・リーって試合だと打撃しかやっていないんですよね。寝かされたら柔術っぽい寝技になって。マーチン・ウェンの方がレスリングという武器が一つ多い。

過去の試合を見ても、マラット・ガフロフにテイクダウンをされてもしっかりと立ち上がっています。体つきを見ていると、そんなに力が強そうには見えないですけど、エスケープが上手いですよね。力は相当に強いと思います。

それでもタン・リーのサウスポーの距離に合わせるのは、少し時間が掛かると思います。タン・リーが勝てば、『チャンピンになった男に負けたから仕方ない』と僕も思われるかもしれないです。でもチョット冷静に考えて、マーチン・ウェンの方が練習で鎬を削っている相手がワンランク上やと思いますね」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】高橋遼伍が予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン 中原由貴

【ONE113】中原由貴が予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン

【写真】チャンミンに続き、中原の予想も王者ウェンだった (C)MMAPLANET

いよいよ本日、 30日(金・現地時間)にイベント開催となるONE113「Inside the Matrix」。

4大タイトルが組まれた今大会、同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──シリーズ第2回目は、中原由貴がONE世界フェザー級選手権試合、王者マーチン・ウェン✖挑戦者タン・リーの勝利者予想とその理由を語った。


中原由貴の予想
勝者:マーチン・ウェン
理由
「僕はマーチン・ウェンが勝つと思います。まだアイツは、引き出しを出し切っていない感じがありますし。タン・リーはONEの初戦だったユーサップ・サーデュラエフ戦で、テイクダウンされてポジションを許されたまま初回が終わってしまったじゃないですか。

対してウェンは松嶋君にテイクダウンをされても、立つところで立って、自分の打撃で戦っていました。あと何と言っても右のカウンターの感性ですね。

カーフもあるのでタン・リーは高橋選手とやった時のようにサウスポーで構えると思います。そこで蹴ってきたところでパンチが入る。乱打戦になったとしても、ウェンの引き出しがあるなら有利になるんじゃないかと思います。

タン・リーの蹴ってからのパンチは、蹴りを受けるとアレで殴られてしまうのですが、フォラヤンのスピニングバックキックに右を合わせることができた選手ですからね。蹴りにもカウンターを合わせることができます。

タン・リーがサウスポーから左ミドルを蹴って、そのまま前に着地してオーソに変えてからの左フックという流れにも、右をドンと合わせるんじゃないでしょうか。

それかお互いに打撃を警戒して見合う展開になるかもしれないですが。総合力でも打撃でも……打ち合わない限り、ウェンが勝つと思います」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】中原由貴が予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン ユン・チャンミン

【ONE113】ユン・チャンミンが予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン

【写真】ユン・チャンミンの勝利者予想はマーチン・ウェン (C)MMAPLANET

いよいよ本日、 30日(金・現地時間)にイベント開催となるONE113「Inside the Matrix」。

4大タイトルが組まれた今大会、同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──シリーズ第1回は、ユン・チャンミンがONE世界フェザー級選手権試合、王者マーチン・ウェン✖挑戦者タン・リーの勝利者予想とその理由を語った。


ユン・チャンミンの予想
勝者:マーチン・ウェン
理由
「スタイルとして、タン・リーは長身でスイッチしても戦える。リーチでも優っているから、マーチンは間違いなく厳しい試合になる。でも、勝つのはマーチンだ。それは僕がONEでデビューしてからのゴールは一つだけ、マーチン・ウェンに勝ってチャンピオンになることだから。僕はマーチンとベルトを賭けて戦いたい。タン・リーではなくてね。だから勝つのはマーチンだけど、とてつもなくハードな戦いになるだろう」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】ユン・チャンミンが予想するONE世界フェザー級選手権試合──勝者:マーチン・ウェン first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン

【ONE113】タン・リーの挑戦を受けるマーチン・ウェン─02─「言い訳のできない環境で準備をする」

【写真】自信をえるために、自身を追い込み──自信を得る(C)MMAPLANET

30日(金・現地時間)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムでONE113「Inside the Matrix」で、タン・リーの挑戦を受けるONE世界フェザー級王者マーチン・ウェン・インタビュー後編。

豪州シドニーがホームのウェンは、試合前にフロリダのサンフォードMMAでキャンプを行ってきた。しかし、渡米するにも政府の許可が必要になったニューノーマル。サンフォードMMAでのトレーニングは「言い訳ができない環境創り」というウェンは、タン・リーとの防衛戦を前に──自分への信頼度を高めていた。

<マーチン・ウェン・インタビューPart.01はコチラから>


──覚悟が感じられる渡米とサンフォードMMAでのトレーニングですね。

「世界がどのような状況になっても生きていくために支出はあって、そのために稼げないといけない。僕はテーブルに子供たちの食事を届ける必要がある。なにがあろうが、やるべきことをやらなければならないんだ。政府の許可を得ることができ、フロリダでは最高のトレーニングができたよ」

──しかし、マーチンがサンフォードMMAで練習をするというだけで、如何に世界が変わったのかが再確認できました。

「ただね、この状況ではもっと深刻な状態の人々がいくらでもいるということなんだ。人々の生活か変化し、人々の考え方が変わった。今回の件では本当に色々なリアクションが見られた。人間力が問われるし、しっかりと自分を見つめる時間になったよ。

試合が決まったなら、僕がやるべきことは100パーセントの準備だ。仮にね、試合に負けたときに『いつも通りの準備ができなかったからだ』なんてことは絶対に言いたくない。ワールドクラスのジムで、ワールドクラスのチームメイトと、いかなる状況でも最高の準備をする。これまでも、これからもそこは変わらないよ」

──そして最高の準備ができたというマーチンですが、タン・リーという選手についての印象を聞かせてください。

「ONEでの過去3試合をみても、挑戦者に相応しい選手だと思う。でも、彼に関しては何もいうことはないよ。僕と同じように、しっかりとこの試合に向けて準備をしてきてほしいということぐらいかな。僕はどのような場面でも自分にとって必要になる技術を磨いてきた。タン・リーがどれほど変わったスタイルでも、問われるのは僕の力だ。

マイケル・チャンドラーを始め、多くの実力者、そして若くて活きの良い選手とトレーニングしてきた。練習パートナーに関してはベストのなかのベストが存在してくれている。全く、その点については不安を抱くことはないからね。そしてキャンプでやれるだけのことは全てやりつくしたよ。それが言い訳のできない環境で準備をするってことだよ」

──タン・リーの距離の作り方については、どのように思っていますか。

「とても良いよ。僕のこともコントロールしたいと思っているだろうけど、どうなるかな(笑)。インサイドボディキックを効果的に使ってきたけど、ああいう攻撃を僕に仕掛けてきたときに何が起こるのか。楽しみにしてほしい」

──マーチンは右のカウンターを得意とし、その場面を創ることに長けていましたが、サンフォードMMAで練習するようになり、よりオプションが増えたように感じます。

「僕はずっと自分の打撃に自信を持つことができなかったんだ。でも、もともと持っていた打撃の技術の完成度をサンフォードMMAでワールドクラス・ストライカーとトレーニングすることで高めることができた。豪州でも最高のボクシング・コーチの指導を受けている。

今では自分の打撃に自信を持っている。僕の打撃の能力は間違いなく上がっているからね。それだけでなく、D-1レスラー、柔術世界王者と練習しているのだから、どの局面でも落ち着いて戦うことができるようになっているよ」

──では、次の試合でもその完成度の高いファイトを期待しています。

「なぜ、僕が現ONE世界フェザー級チャンピオンなのかを証明するよ。そして、いつか日本で戦いたいと思っている。その日が来るまで、僕の試合を注目してほしい。アリガト」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】タン・リーの挑戦を受けるマーチン・ウェン─02─「言い訳のできない環境で準備をする」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン

【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─02─「異端? それがアドバンテージだ」

【写真】母は米国人。肉体的にも精神的にも東洋と西洋がハイブリットしている点に強いが感じられてしょうがない(C)MMALANET

30日(金・同)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE113「Inside the Matrix」で、マーチン・ウェンの持つONE世界フェザー級王座に挑戦するタン・リー・インタビュー後編。

ウェンが最高の選手であり、最高のチームの所属していることを誰よりも理解した上でリーはベルトへ挑む。タン・リーといえばテコンドー・ベースのMMAファイター、MMAでも他に例の見ない動きをする。そのリーは、グラウンドになっても恐れない──50/50 ガードの使い手もある。

技術同様にマインドセットも多くの米国人ファイターと違う、マーシャル・アーチスト振りが感じられるリーは、チャンピオンの戦い方を熟知し蹴りで倒す道筋が見えているようであった。

<タン・リー・インタビューPart.01はコチラから>


──マーチン・ウェンのMMAファイターとして強さはどこにあると思いますか。

「彼はエクセレント・ファイターだよ。だからチャンピオンなんだ。経験豊かで、素晴らしいチームのバックアップがある。ヘンリー・フーフトは技術的な部分だけでなく、メンタルを創るという点においても最高のコーチだと思う。何よりマーチンは知性溢れるMMAファイターで、落ち着いて戦うことができて我慢強い。

MMAで勝つための正しさを全て身につけているといって良いだろう。そういう選手を相手にし、ゲームプランを実行して全ての局面で自分がやるべきことをやってベルトを手にするよ」

──マーチンはKOパワーの持ち主です。特に右のカウンターが素晴らしい。と同時に以前は、そのタイミングを待って自分から距離を詰めることはあまりなかったのですが、最近はその課題すら克服したように感じます。

「カウンターのKOパワーを持つというのは、まさに彼のことを言い当てているね。マーチンは自分の右が生きる距離を把握している。対戦相手がそれを許す大きな動きをすると、右を打ち込むんだ。

でも、その戦いを僕にするとどういうことになるか。僕はアウトサイドにいる相手への攻撃を苦にしないからね。マーチンが得意としている──相手を誘う動きこそ、僕にとっては都合の良い戦い方になるんだ。いくらでもアウトサイドで戦ってもらって構わない。それが僕のアドバンテージになるからね」

──テコンドー仕込みのキックが有効だということでしょうか。

「僕にとってテコンドーで培われた技術が、MMAファイターとしての全てだ。動きだけでなく、考え方もね。

ゲーム中に仕掛ける罠も皆は気付かない。僕は相手が正面にいても、動きを止めカウンターの蹴りを入れることができる。それが僕のテコンドーだよ」

──今回の試合はケージで行われます。

「リングとケージは違うよね。ケージにはコーナーがない。正直に言おう──ケージを背負って動くマーチンにプレッシャーを与え続け、蹴りを入れることは簡単じゃない。ただし、プレッシャーを掛けると彼は動くしかない。そこが僕がKOするポイントだ」

──今回の試合に向け、最高のキャンプを行えたといっていましたが、常にニューオリンズで練習してきたのでしょうか。

「さっきも言ったようにムーンカレッジ・テコンドー、ニューオリンズに持っているミッドシティMMAの練習がメインで、時折ワシントンDCにある50/50柔術でライアン・ホールともトレーニングしてきた。僕が彼のところに行くように、ライアンもニューオリンズに何度も来てくれたよ」

──つまりマーチンとの試合ではタンが50/50ガードからヒールフックを仕掛ける。そんなシーンも期待できてしまうわけですね(笑)。

「試合が寝技になれば、僕はそこを狙うことを約束するよ(笑)」

──凄く楽しみです。テコンドーキックとレッグロック、MMAにおいて最高に異端のコンビネーションですね。

「そこだよね。全然違う、他のファイターが戦っている普通のMMAじゃない。違いがあるっていうのは、僕にとってアドバンテージになる」

──ボクシング&レスリングで攻められた場合、テイクダウンの防御で疲弊することもありますが、ONEの裁定基準だと下になって極めというフィニッシュ直結の動きを見せると、北米基準とは違いより効果的なコンビネーションかと思えます。

「もちろん、基本はスタンドで戦いたいと思っている。だけど普段は打撃中心に戦っている選手が、僕との試合になるとグラップラーに転じるんだ。打撃を諦め、ケージを使ってテイクダウンを狙ってくる。でも、僕はグラウンドを恐れていない。寝技で仕留めることだってできるし、立ち上がって五分の状態に戻すという選択もある」

■「どちらかが眠って終了を迎えることになるだろう」

──今回の大会はONEの歴史で最も大切なショーになります。そこでタイトル戦を戦うことについて、どのような気持ちでいますか。

「素晴らしい機会を得ることができて、シンガポールという場所で今回のようなステージで戦えることに感謝しているよ。対戦相手もそのチームも最高で相手にとって不足はないしね。ONEチャンピオンシップにとっても、ファイターにとっても本当に大切な夜になる。だからこそ、落ち着いてゲームプランを実行するだけさ」

──大会前もこれまでとは過ごし方が違うかと思います。試合前の1週間をホテルの部屋から、ほぼ出られない──対面で人と会う機会も限れることが予想されます。

「そこに関しては、僕だけがその状況にあるわけじゃないから。マーチンも同じ状況だ。だから、大事とは捉えていないよ。食事が計量に適していない。トレーニングできる環境が満足でない。そういうところで、自分をしっかりと創り上げるために、これまでのキャリアが存在したと思っている。シリアスにならず、気楽にやるよ(笑)」

──素晴らしいです。今回はベトナミーズ・アメリカン✖ベトナミーズ・オーストラリアンの世界戦です。

「ベトナムの人々やファンにとって最高だ。このスポーツにとっても良いコトだし。僕がこの試合で世界王者になり、ベトナム大会でマーチンのチャレンジを受けるよ。最高のショーになるはずさ」

──どれだけの大事になるのか、楽しみです。では日本のファンに一言お願いします。

「いつもサポートありがとう。マーチンとは激しい戦いになり、どちらかが眠って終了を迎えることになるだろう。見逃さないでほしい」

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─02─「異端? それがアドバンテージだ」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン

【ONE113】タン・リーの挑戦を受けるマーチン・ウェン─01─「豪州を離れるのは簡単じゃなかった」

【写真】サザンクロスが誇らしげな豪州国旗とONE世界フェザー級ベルト。そしてベトナムの血にマーチン・ウェンのアイデンティティが詰まっている(C)MMAPLANET

30日(金・現地時間)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムでONE113「Inside the Matrix」が開催される。

4階級の世界戦が組まれた同大会、要注目なのがONE世界フェザー級チャンピオンのマーチン・ウェンが、タン・リーの挑戦を受ける一番だ。

MMAPLANETではタン・リー・インタビューに続き、フロリダを離れる直前のマーチン・ウェンに電話取材を行った。今回の試合に向け、フロリダのサンフォードMMAでこれまで通りファイト・キャンプを張ったチャンピオンだが、COVID19パンデミック後では、これまで通りのことを行うことが、これまで通りでなくなっていた。


──マーチン、お久しぶりです。

「ハイ。ブラザー、調子はどうだい?」

──色々と変化はありますが、家族で楽しくやっています。

「それが一番だよ」

──マーチンもご家族は変わりないですか。

「皆、健康でやっているよ。僕は9月にシドニーからフロリダにやってきて、しっかりと試合の準備をしてきた。過去最高のトレーニングができたよ」

──タン・リー戦がいよいよ来週に迫ってきましたね。

「最高に調子は良いよ。本当にこれまでのキャリアで最高なんだ。バチバチにやりあう準備はできているよ」

──ファイトキャンプのためにサンフォードMMAのあるフロリダに滞在しているマーチンですが、パンデミック後の豪州ニューサウスウェールズ州は、どのような状況だったのでしょうか。

「豪州はロックダウンが3カ月ほど続いた。そして感染予防に良い兆しが見られるようになり、ジムは再開したよ。でも柔術ジムですら、グラップリングは許されていない。プロトコルは街中の施設もジムも一緒で、ジムに入るまではマウスの着用が絶対で検温が必要になる。そして手指消毒だね。

それでも豪州の状況は良くなっているんだ。もともと僕とタン・リーは4月に試合をする予定だったから、その時までフロリダでキャンプを張っていて、試合がなくなり豪州に帰国した。あの頃はトレーニングができる状況ではなかったよ。ジムがオープンしてからも、ウェイトやそういう面での調整が続いた。

状況が良くなり対人トレーニングも良くなってきて、シドニーにいる間にもプレキャンプを行ったけど、どうしても強度の高いトレーニングをすることは難しい。だから8月の終わりに世界戦が決まり、9月の最初にはベスト・コーチ、ベスト・トレーニングパートナーのいるフロリダ入りした。フロリダでは7週間のキャンプで、試合中に起こる可能性のある全ての状況を想定して練習してきたんだ」

──ご家族は今もシドニーですか。

「いつもなら長いキャンプ期間中、1カ月ほどはファミリーもフロリダにバケーションを兼ねてやってくるんだけど、今回は状況が違うし、キャンプ自体が短いから僕1人でやってきたよ。正直にいえばコロナ予防を考えるとシドニーの方がフロリダより安全だしね。感染者数はフロリダの方が多い。

でも練習漬けで、最低限のことでした外出はしていない。その時もマスクは絶対につけているし、しっかりと感染予防対策はしてきた。

もちろん練習をしていると感染をする可能性があるよ。でもね、それは結果論だから。ここで最高の練習をせずにタン・リーと戦うことはできない。この間のチームの皆の意識も凄く変わってきて、皆が清潔に務めている。練習前だけでなくて、練習のあとでもね。

つまり僕は最高の準備ができたということだよ。この状況で何を選択するのか。自分の人生において、こういう予想もしないことが起こった。そこで僕は何をすべきなのか、フロリダにやってきてトレーニングをする。それが答だよ」

──実際、渡米するのも以前のような状況ではなかったと思いますが、それでもフロリダで練習することをファイターとして選択したということですよね。

「豪州を離れるのは簡単じゃなかった。渡米の理由を説明して、政府の承認を得るために審査が必要だったんだ。その許可が下りるのか、凄く心配だったよ。だってロックダウン中で、皆が窮屈な生活を強いられているんだよ。その状況で、練習をするために国外出ることが認められるのか──。

基本的に米国に住んでいる証明書がないと許可されないことが多い状況で、僕はONEとの契約書で米国に来るがことがでたんだ。戦ってファイトマネーで家族を養っている。僕が第一にすべきことはファミリーを守ることで、それが認められて出国がすることができたんだよ」

──そこまでして、サンフォードMMAでのトレーニングが必要だったということですね。

「それにね米国に来てから幸運だったのは、あの時点で多くの州では自主隔離が必要だったけど、フロリダ州は必要なかったこと。だから、こっちにきてすぐに練習に取り掛かることができたんだ」

<この項、続く>

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】タン・リーの挑戦を受けるマーチン・ウェン─01─「豪州を離れるのは簡単じゃなかった」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix ONE113 タン・リー ブログ マーチン・ウェン

【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─01─「ずっと研究してきた」

【写真】LFA暫定フェザー級王者だったタン・リーの挑戦は、ONE世界王者の強さを図るスケールとなる(C)MMAPLANET

30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」がシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催される。

4階級の世界戦が組まれている同大会。その一つに日本で最も注目度が高いといっても過言でないのが、ONE世界フェザー級選手権試合=王者マーチン・ウェン✖タン・リーの顔合わせだ。

シンガポール入国後に宿泊ホテルで、大会ガイドラインに則した隔離状態になるファイターたちは、従来のイベントと違い現地入りも早い。多くのファイターが今週の木曜日か金曜日にシンガポールへ到着するというスケジュールのなか、米国を離れる直前のタン・リーに電話取材を行った。


──来週の金曜日にマーチン・ウェンの持つONE世界フェザー級王座に挑戦します。今の調子を教えてください。

「凄く良い調子だよ。明日、シンガポールに向けて米国を出るんだけど、キャンプは完璧だった。体重も問題なく、作戦もバッチリ立てることができている。何も文句のつけようがない状態さ」

──今年は全てのMMAファイターが新型コロナウィルスの影響を受けたかと思います。タンもロックダウンを経験していると思いますが、調整という部分で問題はなかったですか。

「ロックダウンや隔離政策の影響を僕自身はそれほど受けたとは思っていない。さっきも言ったけどトレーニング・キャンプは完璧だったし、逆にいつもよりも時間があってしっかりと調整できたと思っている。ゲームプランも最高なモノを用意することができたし、同時に僕の技術力も上がっている。体に切れもあるし、より強くなれている。

トレーニングに関しては父、兄弟、義理の兄弟としっかりと詰めたから本当に何も問題なかったんだ。少人数でトレーニングすることで、マーチン・ウェンとの試合だけに絞った、僕のための練習を続けることができたからね」

──それは3月や4月のロックダウンの頃もですか。ルイジアナ州は2月に恒例のマルディグラ(謝肉祭)のカーニバルがあり、150万に近い観光客が集まっていたことで米国でも最も早く感染拡大が広まった州ですが。

「そうだね。ロックダウン中は劇場、映画館、レストランと同様にジムも閉めないといけなくなった。父が創り、僕が指導しているムーンカレッジ・テコンドーはニューオリンズ郊外のマテリーにあるんだけど、自分のジムだからいつでも使うことができたんだ。

兄弟を中心に少人数で、ロックダウンの間もトレーニングは続けていたよ。ベルトを獲るために練習をストップすることはできなかったからね」

──米国では練習をしていると警察が回ってきて、解散させられるという話を聞いたことがありました。

「そういうことは全米で起こっていたよ。でも、僕らはラッキーだった。小さなジムで、行き来が自由にできた。ムーンカレッジ・テコンドーもニューオリンズに持っているMMAジムもクローズ状態だったから、ジム・メンバーへの指導という部分ではビジネスはできなくなっていたけど、マットスペースで自分の練習は続けることができたからね」

──ジムの再開と、堂々とトレーニングができるようになったのはいつからですか。

「指導を再開したのは9月になってからだよ。クラスもほぼレギュラースケジュールで行うようになった」

──MMAやマーシャルアーツはソーシャルディスタンスが取れないですし、色々と大変な状況が続けているのではないでしょうか。

「今、一般クラスでの指導はまだストライキングに限定されているんだ。そして、皆がしっかりと他の人との距離を取って練習している。それでもフットワークとミット打ちをしていると、生徒たちも成長できるからね」

──日本ではロックダウンはなかったのですが、政府や自治体の要請のという形でジムを閉める道場が4月と5月と多かったです。ただし、プロ選手は練習を続けることもありました。その練習をしていると周辺住民から非難の電話があったり、自粛警察と呼ばれた取り締まりを行う一般の人間がジムに手紙を送ってきたりしたんです。

「そういうことは僕のジムでは起こっていないよ。でも、日本でファイターがこの間に堂々と練習をしていたということが驚きだよ」

──なるほど、そういう風に感じられるのですね。ところタンはマーチン・ウェンへの挑戦はパンデミック前に決定していました。1人の対戦相手のことを考える時間が、半年以上もあるというのはキャリアでも初めてのことではないでしょうか。

「そうだね。最初は4月17日に組まれていた試合だからね。でも、僕の調子が良いようにこれだけの時間ができたことは、本当に良かったと思っている。マーチン対策は完璧になり、僕はより強くなれた。

確かにパンデミックが起こって、こういう状況になったのは特別なことだろう。でも、僕はONEで戦うことが決まってから、ずっとマーチンのことを研究してきた。もちろん、試合前に対戦相手のことを考えて練習していたけど、常にゴールはこの階級のベストガイと戦い、勝利してベルトを巻くことだったから。

マーチンがベルトを持っているのだから、彼がベストガイだ。つまり彼と戦うことをずっと想定してきていたんだ」

<この項、続く>

■ONE 113 Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ノウ・スレイ・ポブ(カンボジア)

The post 【ONE113】フェザー級王者マーチン・ウェンに挑戦、タン・リー─01─「ずっと研究してきた」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE113 オンラ・ンサン クリスチャン・リー シィォン・ヂィンナン タン・リー ティファニー・テオ ブログ マーチン・ウェン ユーリ・ラピクス ライニア・デリダー

【ONE113】ONEがついに10月30日のスーパー・メガショーを公式発表。まずはMMA世界戦4試合から!!

【写真】ついにパンデミック以前の規模のイベントを本拠地シンガポールで行うONE Championship (C)KEISUKE TAKAZAWA & MMAPLANET

5日(月・現地時間)、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長が自らのSNSで10月30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」を開催し、4つの世界タイトル戦を組むことを明らかにしている。

ONEもいよいよCovid19パンデミックによる活動休止期間以前の規模のイベントを実施、いやそれ以上のスーパー・メガイベントが行われることがCEOのSNSに続き、6日(火・同)にオフィシャルオームページで明らかとなった。


10月のビッグショーはかねてからONE周辺で話は伝わっており、日本では9月のRoad to ONE03後に青木真也が「これで出られないと嘘でしょ」という発言もしていた。一部では10月9日のONE112「Reign of Dynasties」によって、シンガポール政府のGoサインが出るか否かの決を下すという情報もあったが、ここを待つまでもなく許可が下りたと捉えることができる──今回の発表だ。

日本人戦出場選手を含め、大会の全容はまだ見えてこないものの、4つの世界戦が組まれることでONEがどれだけ30日のシンガポール大会に力を入れているのかは容易に想像がつく。

そして今回発表されたMMA4階級の世界戦は以下の通りだ。

<ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

王者ンサンはミャンマーの国民的ヒーロー。

2017年6月に同級王者となり、今回が3度目の防衛戦で、この間にライトヘビー級王座にも就き、ヘビー級世界王者ブランドン・ヴェラの挑戦を退けている。現状ではONEのMMAで唯一のチャンプ・チャンプだ。

デリダーは昨年1月からONEに参戦を始め、3連勝中。今年の2月にレオナルド・アタイジに勝利し王座挑戦権を手にしていたが負傷により、この機会を他者に譲ることになっていた。

その後のパンデミックでONEもリスケが必要となり、今回の挑戦が現実のものとなった。

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

クリスチャン・リーは昨年5月に青木真也から同王座を奪取し、10月の日本大会では決勝から出場となったONEライト級GPでダギことザイード・フセイン・アサラナリエフをTKOで下し優勝。

ライト級でもトップファイターであることを世に知らせしめている。

対するラピクスはジョルジオ・ペトロシアンと同門のイタリア在住モルドバ人ファイターで、キャリア12連勝でONEと契約。

2戦目となった今年2月のインドネシア大会で元フェザー級世界王者マラット・ガフロフを払い腰で投げてRNCで秒殺し、次期タイトルチャレンジャーの座を手にしていた。

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

ベトナム系豪州人世界王者のウェンは2017年4月にフェザー級王座を獲得し、クリスチャン・リー、ジャダンバ・ナラントンガラグ、そして松嶋こよみを破り3度の王座防衛に成功している。

その一方で、同級王座獲得の7カ月後にライト級王者も奪取。ONE史上初の同時3階級制覇を狙いバンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデスに挑戦も敗れる。この敗北によりフェザー級のベルトを守ることに専念することになったウェンは、サンフォードMMAの同門ンサンとともに、キャリアのピークを迎えようとしているONEを代表するチャンピオンだ。

ついに北米トップ級の力を持ったファイターがONE世界王座に挑む。

ベトナム系米国人のタン・リーは、ニューオリンズで競技でなく武道としてテコンドー道を邁進してきた選手でTUF出場、コンテンダーシリーズでKO勝ち、LFAではフェザー級暫定王者にもなった。グラスルーツからUFCに進出してもおかしくない力の持ち主が、ONEと契約しユーサップ・サーデュラエフ、朴光哲、高橋遼伍をKOで仕留め──ベトナム人同士の世界戦に臨む。

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

パンダことヂィンナンは2018年1月に今回の挑戦者ティファニー・テオを下した初代同級チャンピオンの座に輝くと、これまでアンジェラ・リーを含め3度の王座防衛を果たしている。

昨年10月に階級を下げてアンジェラの持つ女子アトム級王座に挑戦も、減量の影響は大きくRNCで敗れ、ストロー級こそ彼女の階級であることが立証された。現在はシンガポールのEvolve MMAの所属選手となっており、ホームで4度目の王座防衛を迎えることとなった。

他方テオはヂィンナンとの世界王座決定戦で初黒星を喫してからは、柔術界の女帝ミッシャル・ニコリニと日本の三浦彩佳を破り連勝中。

ニコリニに寝技を防ぎ、三浦の首投げにも対処して打撃からパウンドで仕留めたテオは、王座決定戦出場時より評価を高めている選手だ。在籍チームではなく、国籍としてもシンガポールが母国のテオが2月に続き無観客大会を戦う。

超豪華なMMA世戦4試合──過去にONEのMMA戦線では、Super Series導入以前の2014年8月のUAEドバイ大会でフェザー級からミドル級まで4階級の世界戦を予定していたが、ミドル級が実現せずに3階級のみが実施された過去がある。30日大会は立ち技の世界戦や日本勢も含めONEの総力戦になることが予想されるだけに、その全容が気になるところだ。

The post 【ONE113】ONEがついに10月30日のスーパー・メガショーを公式発表。まずはMMA世界戦4試合から!! first appeared on MMAPLANET.