カテゴリー
LFA90 other MMA Report タバタ・ヒッチ ブログ

【LFA90】タバタ・ヒッチ、押し付け&抑え込み──泥臭い判定勝ちでLFAデビュー戦を飾る

<女子ストロー級/5分3R>
タバタ・ヒッチ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ケルシー・アーネソン(米国)

ヒッチの左ローにアーネソンが右ストレートを合わせていく。組みに行ったヒッチは離れて、右に回るもアーネソンのワンツーに懐に入ることができない。逆に右、左とアーネソンがリーチを生かした攻撃を見せると、その右に合わせてヒッチがクリンチへ。ケージに押し込み両ワキを差したヒッチが大内刈り、小外掛けでテイクダウンを狙う。

アーネソンはケージを背にして耐え、ヒッチは小外で崩し、払い腰へ。結果、テイクダウンを奪えず離れたヒッチにアーネソンが左ローを入れる。ヒッチは左ミドルを効かされ、顔をしかめる場面も。と、右オーバーハンドに組んでいき、ケージ際へ。ヒッチは最後の5秒を切って、テイクダウンを奪ったがラウンドを失った。

2R、右を当てたヒッチがパンチを纏め、右腕を差して組みつくと内股でテイクダウンに成功する。上四方で抑えたヒッチは、サイドに移行して肩固めへ。ケージに詰まった状態なので時計回りでポジションをヒッチが変えようとしたところでアーネソンが足を戻す。

直ちにパスからマウントを取ったヒッチはパンチを入れ、ブリッジを股の下で泳がせる。アーネソンはパンチを連打されながら、シザースでマウントを逃れる。ヒッチは焦らずシングルで上を取り返し、パスをしてサイドで抑える。肩固め狙いから、抑え直したヒッチがエルボーを顔面に落とす。アーネソンは蹴り上げから立ち上がり、残りの打撃戦で右を一発届かせた。

最終回、左ジャブを伸ばすアーネソンに対し、ヒッチは右に回る。左右のローにワンツーでラッシュをかけたヒッチはケージ際まで下がったアーネソンに組みつき、ヒザを入れて投げを狙う。アーネソンはここで飛びつき十字を狙うが、すかされて下に。ヒッチはハーフで抑え、ケージキックにもトップをキープするとパス。長い足を絡ませるアーネソンはスペースができるとシングルへ。

スプロールしたヒッチはがぶり、そしてクレイドルでコントロールする。上を取り切ったヒッチは右腕を差した状態で左のパンチをダーティーボクシングで打ちつけ、ケージにアーネソンを押し込む。残り5秒で離れたヒッチは、タイムアップと同時に勝利を確信したように笑顔を浮かべた。

約6年振りのMMAで3-0の判定勝ちを手にしたヒッチは、パラゴン柔術のフランジーニャ・ミラーと笑顔でグループショットに収まった。


カテゴリー
LFA90 other MMA Preview タバタ・ヒッチ ブログ

【LFA90】SEI☆ZAで活躍したタバタ・ヒッチがLFAデビューへ。「柔道と柔術が強かった」(小見川道大)

【写真】柔道と柔術でLFAデビューを飾ることができるか (C)LFA

4日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンで開催されるLFA90「Lazishvili vs Steele」でタバタ・ヒッチが、ケルシー・アーネソンとプロモーション・デビュー戦を行う。

米国ではマッケンジー・ダーンのトレーニングパートナーとして名が知られるヒッチは、エド・ソアレス代表も注目株に挙げる選手で、道着着用変則MMA大会=SEI☆ZAで活躍してきた──日本のファンにも馴染みのあるファイターだ。


1995年、サンパウロ出身のヒッチは現地のムエタイや柔術で活躍し2017年に日本に滞在しSEI☆ZAで活躍した。この間、小見川道大の指導を受けており、講道館柔道初段を与えられている。同期間に行動を共にしたリトアニアのユリア・ストリアレンコは離日後に母国でMMAに専念し、Invicta FCからUFCへとステップアップを果たしている一方で、ヒッチは米国に渡りパラゴン柔術の所属に。それからはノーギワールドの紫帯で優勝、上にあるようにマッケンジーのファイトキャンプでトレーニング・パートナーを務めるようになると、ブラックハウスでソアレスのビジネス・パートナーであるジョルジ・ギマリャエスに見初められ、メネージメントを受けるようになった。

そのヒッチ、MMAは実に5年11カ月振りで、文字通り再スタートなるが、「日本を離れてから柔術が特に成長している」と現状を語っている。

キャリアアップを考えると、絶対に落とせない一戦──対戦相手のアーネソンはアマMMA戦績が1勝0敗で全く未知数だが、体格ではヒッチを上回っているのは計量を見ても明らかだ。

果たして米国&LFAデビューでヒッチはどのようなインパクトを残すことができるのか。日本で彼女を指導した小見川は「打撃はまだまだでしたが、小見川道場にいる時から柔道と柔術が強かったです。明日の試合、楽しみです」と話している。

■ LFA90計量結果

<LFAバンタム級王座決定戦/5分5R>
ズヴァイアド・ラジシュビリ: 133.8ポンド(60.69キロ)
リッキー・スティール: 135ポンド(61.24キロ)

<ウェルター級/5分3R>
デヴィン・スミス: 171ポンド(77.56キロ)
マイコン・メンドンサ: 170.6ポンド(77.38キロ))

<ウェルター級/5分3R>
イグナシオ・バハモンデス: 169.4ポンド(76.83キロ)
クリス・ブラウン: 170.6ポンド(77.38キロ)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス: 135.8ポンド(61.59キロ)
モー・ミラー: 135.6ポンド(61.5キロ)

<バンタム級/5分3R>
ショーン・マクパッデン: 135.8ポンド(61.59キロ)
アラン・ベゴッソ: 134.2ポンド(60.87キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
タバタ・ヒッチ: 114.8ポンド(52.07キロ)
ケルシー・アーネソン: 114ポンド(51.7キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャクソン・フィリョ: 145.8ポンド(66.13キロ)
ダニエル・エルゲーダ: 145.6ポンド(66.04キロ)

<バンタム級/5分3R>
カルビン・ハーバー: 135.4ポンド(61.41キロ)
オールデン・コリア: 134ポンド(60.78キロ)