カテゴリー
DWTNCSE S04 Ep05 Report UFC タッカー・ルッツ ブログ

【DWTNCS S04 Ep05】初回から試合をリードしたルッツが、ギブソンに判定勝ちも「満足していない」

<ライト級/5分3R>
タッカー・ルッツ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
チェイス・ギブソン(米国)

ルッツが左ミドル、ギブソンもミドルを返しワンツーを見せる。その場のスイッチからハイキックを繰り出すギブソンが左右に回り左ジャブ、ルッツがローを繰り出す。ルッツの左フックとギブソンの右フックが交錯。直後にルッツが左ミドルを蹴るも、ギブソンも左フックをカウンターで合わせる。

ルッツは左ミドルを続け、スイッチを織り交ぜ右ローを連続で蹴り込む。ギブソンは待ちの態勢でローを蹴って姿勢を乱す。そのままガードを取ったギブソンはパウンドを受けると背中を見せて立ち上がろうとし、後方からパンチを纏められる。正面を向いた立ち上がったギブソンに対し、ルッツは左ミドルを入れてラウンドが終わった。

2Rも左ミドルからスタートさせたルッツがワンツー、左ボディショットを決める。さらに左ローから左ミドルを入れたルッツは、ギブソンの左ハイをブロックして右ロー。1週間前に出場が決まったギブソンは手数が少ない。それでも右ローに左フックを合わせ、右ストレートを伸ばしたギブソンだが右アッパーを被弾する。

ジャブから右ストレート、左フックを当てたルッツは、ギブソンの左ジャブにもワンツーを打ち込み、ケージに下がったところで右アッパーをヒットさせる。ミドル、左ボディショットと腹を攻め、顔面にはジャブとアッパーを伸ばすルッツが試合をリードし、ロングでアッパーを張っていく。意を決したように右オーバーハンドで前に出たギブソンに、ボディから左フックを決めたルッツは、ラウンド直前終了にヒザもボディに突き刺した。

最終回、「2R取っているんだから、仕留めろ」という指示を受けたルッツが左フック&右ロー、さらに右ローを2発入れて右ストレートを当てる。ギブソンも右ミドルやロー、左ジャブと手数を増やし、右ストレートをヒット。左右に回って間合を取り直したルッツは左ジャブ、スイッチして左の蹴りからオーソにショートのコンビ、ギブソンも蹴りに左を合わせようとし、右ローを蹴り込む。残り2分で組んだギブソンが、ケージにルッツを押し込むが体を入れ替えられる。押し返して差し上げテイクダウンを狙ったギブソンに対し、ルッツはウィザーから姿勢を崩させ逆にバックへ。

ギブソンは亀の状態で後方から殴られるが、スイッチからバックを取り返し両足をフックする。残り40秒、RNCを狙うギブソンが後方に倒れ込み仰向けに。ルッツは手首を掴んで絞めを防ぎタイムアップに。3-0の完勝、キャリア10連勝で戦績10勝1敗としたルッツだが、フィニッシュを狙った最終回の終盤に反撃を許したことで「次はKOしたい。満足していない」と話した。