カテゴリー
BELLATOR Bellator242 Report ジェイ・ジェイ・ウィルソン タイワン・クラックストン ブログ

【Bellator242】2R移行はケージに押し込まれたウィルソンが、ジャンピンガードで見出した?!

<147.9ポンド契約/5分3R>
ジェイ・ジェイ・ウィルソン(ニュージーランド)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
タイワン・クラックストン(米国)

ローから前に出てワンツーを振るうウィルソン。組んでクラックストンを押していくが、金網の目前で体を入れ替えられ逆にケージに押し込まれる。体を入れ替えることができないウィルソンは、クラックストンの離れ際に右フックを当てる。すぐにシングルレッグで組み直したクラックストンは右腕を差し、ウィルソンが離れようとすると右アッパーを突き上げる。

ウィルソンはケージを背にした状態からダブルレッグに出て、ボディロック&小外掛けテイクダウに成功する。ワキ差しパスを狙うウィルソンが、足を抜いてマウントへ。背中を向け立ちあがろうとしたクラックストンだが、ウィルソンはバックをキープする。クラックストンの右腕を足でフックしにかかったウィルソンは、手首を掴まれて胸を合わされそうになるとギロチンをセットアップ。対角線で上を取ったクラックストンが頭を抜いたところで初回が終わった。

2R、勢いのあるウィルソンだが、殴る時に顔が下を向くことがある。クラックストンは左を伸ばし、シングルレッグを切る。エルボーを入れたウィルソンはシングルをまたも切られ逆にケージに押し込まれる。離れてアッパー&左フック、再び押し込むクラックストンに対しウィルソンはジャンピングガ―ドも、何も仕掛けることができないまま着地する。

ウィルソンをケージに押し込んだ状態で左の連打、肩パンチを見せる。離れてパンチ、組むという展開のクラックストンは、ついにジャンピングガ―ドから引き込んだウィルソンにパウンドを落としてラウンド終了を迎えた。

勝負の最終回、ウィルソンの右ローにクラックストンが右ストレートを当てる。続いて左ストレートを入れたクラックストンに対し、ウィルソンは思い切り音を立ててステップインもパンチは届かない。クラックストンは右アッパーから組みつき、ここもケージに押し込む展開に。スペースを作ってヒザ蹴り、直後に胸をつけるクラックストンもテイクダウンは奪えない。

ウィルソンは押し込まれた状態から逃れることができず、試合は残り2分を切る。クラックストンはヒザ蹴りを受けた直後に右フックを当てて、ここからも組み続ける。と、ウィルソンは飛びつき三角を仕掛け、背中をつけて足を組み直す。下からエルボー、パンチを放つウィルソン──絞めるまではいかないが、下からコントロールを続ける。最後は手をマットにつけて、マウント三角という形で試合を終えたウィルソンが、スプリット判定勝ちとなった。


カテゴリー
BELLATOR Bellator242 News アンソニー・ペティス アーロン・ピコ ジェイソン・ジャクソン ジョーダン・メイン スティーブ・モウリー タイワン・クラックストン ブログ リッキー・バンデハス

【Bellator242】対戦カード 活動再開のベラトール。ペティス✖バンデハス、ジャクソン、ピコから

【写真】プレリミにサンフォードMMAで最もテイクダウンの強いファイター=スティーブ・モウリー出場(C)BELLATOR

2020年7月24日(金・現地時間)
Bellator242「Bandejasl vs Pettis」
コネチカット州アンカスビル
モヒガンサン・アリーナ

■視聴方法(予定)
7月25日(土・日本時間)
プレリミ 午前9時45分~Bellator MMA YouTube Channel

■対戦カード

<バンタム級/5分3R>
セルジオ・ペティス(米国)
リッキー・バンデハス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・メイン(カナダ)
ジェイソン・ジャクソン(ジャマイカ)

<フェザー級/5分3R>
タイワン・クラックストン(米国)
ジェイ・ジェイ・ウィルソン(ニュージーランド)

<フェザー級/5分3R>
アーロン・ピコ(米国)
ソロ・ハトリーJr(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイク・スミス(米国)
マーク・レミンガー(米国)

<バンタム級/5分3R>
ラフィオン・ストッツ(米国)
キャス・ベル(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ルディ・シャフロス(米国)
スコット・モウリー(米国)

カテゴリー
BELLATOR Bellator242 News アーロン・ピコ ジェイソン・ジャクソン セルジオ・ペティス タイワン・クラックストン ブログ リッキー・バンデハス

【Bellator242】いよいよ&いきなりのベラトール活動再開!! 24日にペティス✖バンデハス、ジャクソン、ピコ!!

【写真】ついに活動再開のベラトール、メインはバンタム級のペティス✖バンデハスだ (C)BELLATOR

15日(水・現地時間)、Bellatorが24日(水・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで無観客大会=Bellator242を開くことを発表した。

ベラトールではパンデミック後、3月13日に同会場で開かれる予定だったBellator241を無観客開催から大会直前にキャンセルし、その後も5月9日のサンノゼ=242、同16日のロンドン=Euro Series、同29日のテメキュラ=243、6月6日のシカゴ大会=244の延期としていた。

7月及び8月のMMA界における活動再開の報は、イベント再開→カード発表という二段階に分けるのが主流であったが、ベラトールの僅か9日前のリスタート宣言は大きなインパクトとなる。


今回、発表されたのは全7試合でメインカードは4戦、客入れを行う時とは違い圧倒的にプレリミの試合数が少ない構成になっている。メインはバンタム級のリッキー・バンデハス✖セルジオ・ペティス、コ・メインはウェルター級=ジェイソン・ジャクソン✖ジョーダン・メイン、さらにアーロン・ピコも出場しクリス・ハトリーJr戦、タイワン・クラックストンはジェイジェイ・ウィルソンとフェザー級で戦う。

堀口恭司のタイトル返上のバンタム級、本命不在といえるなかバンデハスとペティスの勝者が、パトリック・ミックスやマイケル・マクドナルド、ドゥドゥ・ダンタスと絡むことになるのか。ジャクソンはLFAからサークルケイジに挑み、エド・ルースには惜敗したもののストラッサー起一に勝利しているファイターだ。

上記にあるようにスコット・コーカーの秘蔵っ子=ピコ、タイワン・クラックストンも期待の若手だけになかなかのカードが揃ったといえる。

そのコーカーはプレスリリースに「ベラトールが戻ってくる。モヒガンサンという最高のパートナーである会場に戻ってイベントを開催できることにワクワクしている。チームの努力によって活動が再開され、選手の準備も整っている。ファンはパラマウントネットワークを視聴し、歴史に残る夜を楽しんで欲しい」とコメントを寄せている。