カテゴリー
DWTNCS S04 Ep01 UFC Result ウロス・メディッチ ジョーダン・ラヴィット ダスティン・ジャコビー ブログ

【DWTNCS S04 Ep01】試合結果 一本=ラヴィット、TKO=メディッチ、根性=ジャコビーが契約

LAS VEGAS, NEVADA – AUGUST 03: in their lightweight bout during Dana White’s Contender Series event at UFC Apex on August 4, 2020 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Chris Unger/DWCS LLC)

【写真】ジャコビー、メディッチ、ラヴィットの3人がUFCとの契約へ(C)Zuffa/UFC

4日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDana White’s Tuesday Night Contender Seriesのシーズン04=2020年シーズンの第1週が行われた。

Zuffa直轄の人材発掘大会は、4試合で3人の契約選手を生み──シーズン04の幕開けとなった。第1試合で肩固めを極めたジョーダン・ラヴィット、第3試合で左ミドルを効かせ、ローからパウンドでTKO勝ちしたウロス・メディッチは文句なし。

最終試合でタイ・フローレスをKO直前まで追い込みながら、攻め疲れとフローレスの異様なまでのタフネスぶりに、疲労困憊で勝利したジャスティン・ジャコビーもサインへ。ジャコビーは2011年と2012年にUFCで2度戦い、2敗しリリースに。WSOFやBellatorだけでなく各ローカルショー、キックのGLORYなどを経て実に8年を経てオクタゴンへの切符を手にしたことになる。

DWTNCS S04 Ep01
<ライトヘビー級/5分3R>
○ダスティン・ジャコビー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×タイ・フローレス(米国)
<ライト級/5分3R>
○ウロス・メディッチ(セルビア)1R2分13秒
TKO
詳細はコチラ
×マイキー・ゴンザレス(米国)
<フライ級/5分3R>
○ジェローム・リヴェラ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ルイス・ロドリゲス(メキシコ)
<ライト級/5分3R>
○ジョーダン・ラヴィット(米国)1R4分15秒
肩固め
詳細はコチラ
×ルーク・フローレス(米国)
カテゴリー
DWTNCS S04 Ep01 Report UFC ウロス・メディッチ ジョーダン・ラヴィット ダスティン・ジャコビー ブログ

【DWTNCS S04 Ep01】フラフラのジャコビー、再びオクタゴンへ。ラヴィットとメディッチも契約

<ライトヘビー級/5分3R>
ダスティン・ジャコビー(米国)
Def.3-0:30-26.29-27.29-27
タイ・フローレス(米国)

思い右ローを蹴ったジャコビー。フローレスはローをキャッチしてテイクダウンを狙う。その足を抜いたジャコビーが飛びヒザから、ボディにフックを突き刺す。距離を取ったフローレスに、再度フライングニーを狙ったジャコビーだが距離が合わず。フローレスは左ミドルを蹴り込み、ジャコビーが右を返す。左右のローをフローレスが蹴ると、ジャコビーが右ローを返す。

ケージに押しつつ右を入れたジャコビーが、左右のパンチを打っていく。フローレスのテイクダウン狙いをアナコンダの形で切ったジャコビーは、リリースしてエルボーを打ち込む。フローレスも負けじと左フックを振るって前に出るが、テイクダウンの仕掛けは中途半端だ。ローを効かされたのか、戦術か構えを変えたフローレスはシングルに失敗。またもケージに詰められてパンチ&エルボー、スピニングバックフィストを被弾する。ヒザ蹴りで抵抗したフローレスが離れると、ジャコビーがガードの上からハイを蹴っていった。

2R、フローレスがワンツーで前に出ると、バックステップでかわしたジャコビーがローを蹴る。組んでいったフローレスにエルボーを連打し、離れたところでパンチからヒザ、エルボーを纏めるジャコビー。フローレスは懸命に組んでシングルを仕掛けるが、キムラで耐えるジャコビーが左エルボーをテンプルに打ちつける。

キムラを逆に利用して離れたジャコビーがヒザ蹴り、フローレスもニーを返す。残り半分、契約を勝ち取るためにフィニッシュしたいジャコビーが左フックを打ち込んでバックを伺う。ここはフローレスが許さず正対するが、ケージに詰められアッパーを受ける。離れたジャコビーが右ストレートをヒットさせ、ヒザが落ちたフローレスがサイドバックから右を連打する。

亀になりながら立ち上がって胸を合わせたフローレス、ジャコビーは攻め疲れ仕留められない。逆にフローレスが顔面にヒザを届かせる。ジャコビーは勿体ない失速となった。

最終回、右オーバーハンドを当てたフローレスが、パンチを続ける。左目をカットしたジャコビーに対し、フローレスも消耗が激しく攻撃を続けることができない。自ら組みに行ったフローレスは、ケージを背負って細かいアッパーを受ける。ボディにヒザを返したジャコビーも攻撃に力がない。完全にスタミナに尽きかけている両者、フローレスは組みに行くがジャコビーががぶって離れる。ワンツーのジャコビーも、フローレスと同じようにペースが落ちてしまっている。

UFCとの契約を考えると、両者頑張りどころだがスタミナのロスを精神でカバーすることは無理だ。それでも残り80秒でテイクダウンを決めたフローレスがバックに回る。立ちあがったジャコビーをケージに詰めてバックサイドバックのフローレス。胸を合わせたジャコビーはエルボーを被弾する。時計を確認したジャコビー、最後にワンツーを伸ばすもタイムアップに。

結果はジャコビーの判定勝ち──この試合がUFCだとファイト・オブ・ザ・ナイトとなる激闘だったが、UFCへの査定試合ではどのように判断されるのか。

「彼はタフだった。殴っても、向かってきた。僕は経験があるファイターだ。サインしてもらえると、コンディションを整えて良い試合をする。チャンスが欲しい」と話したジャコビー、果たしてダナ・ホワイトの決断は……。

ダナ・ホワイト
「今日は簡単だった。3週間前に戦ったばかりのジョーダン、UFCにようこそ。ジェローム・リヴェラとルイス・ロドリゲス、30-27というのは納得できない。2人ともいずれ、UFCで戦うことになるだろう。でも、今夜ではない。メディッチ、ワオ!! 疑いようがない、バッドアスだ。100パーセントのKO率、ウェルカム・UFC。 メインは難しかった……。ジャコビーは旬のファイターだ。疲れてもどこの部分でも戦った。本当にタフな選手を相手にし、2Rで試合はストップされるべきだった。ジャスティン、UFCでもガンバレ」

ジョーダン・ラヴィット、ウロス・メディッチ、ジャスティン・ジャコビーの3選手が契約を勝ち取った。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep01 Report UFC ジョーダン・ラヴィット ブログ ルーク・フローレス

【DWTNCS S04 Ep01】ジョーダン・ラヴィット、流れるようなトップゲームでフローレスに肩固め

<ライト級/5分3R>
ジョーダン・ラヴィット(米国)
Def.1R4分15秒by 肩固め
ルーク・フローレス(米国)

サウスポー同士の一戦、右ジャブを伸ばすフローレスに対し、ラヴィットがシングルレッグへ。キムラにとったフローレスは糸通し気味の形をとろうとするが、ラヴィットがスラムする。フローレスはクローズドに転じ、ラヴィットが乗りすぎると足をすくいに。下から揺さぶるフローレスは、ケージを蹴り腰を切って十字狙い。担いだラヴィットがパスへ。これを嫌がり、腹ばいになったフローレスはすぐにスクランブルに持ち込む。

ラヴィットはギロチンで待ち受け、頭を抜いたフローレスが引き込む。続くスクランブルでバックを取ったラヴィットがRNCを狙うと、定石通り背中をマットにつけてエスケープするフローレス。この流れは常にラヴィットが先手を取れる展開で、肩固めを仕掛けるとフローレスがタップした。

「3週間前に試合して、少し太ってしまっていたけど良かった。10日前の試合でも、ネガティブな要素は一切なかったよ。あの展開だと、肩固めに入れると思っていた。UFCでやっていける自信はあるよ。今夜、それが決めると良いよね」とラヴィットはバックステージ・インタビューで話した。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep01 Preview UFC ジョーダン・ラヴィット ブログ

【DWTNCS S04 Ep01】2000年シーズン開幕。ダナ・ホワイト御前試合。注目はジョーダン・ラヴィット

【写真】この柔軟性を武器にガードワークを駆使する (C)LFA

4日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDWTNCS S04 Ep01が開催される。

DWTNCS=Dana White’s Tuesday Night Contender Seriesの2020年シリーズ=シーズン04がいよいよスタートを切る。2017年に始まったコンテンダーシリーズは、8週~10週にかけて火曜日の夜にUFCとの契約を目指したファイターの試合が4-5試合組まれている。

ケージサイドで見守るダナ・ホワイトの御眼鏡にかなうとUFC行きが現実となるため、多くの選手がフィニッシュ狙い、超アグレッシブなファイトを心掛けている。と同時に、攻め込まれても諦めない気持ちも問われるのがコンテンダーシリーズの特徴だ。


2020年シーズンの開幕戦では、今年のMMA大会を象徴するように新型コロナウィルスのテストで陽性となったファイターの欠場が見られる。そんな今大会に登場する8選手のなかで、注目したいのはホザ・フローレスと対戦するジョーダン・ラヴィットだ。

キャリア6勝0敗で、7月17日のLFA85ではレイヴォン・ルイスをアナコンダチョークで下している。この他、過去に肩固めとヒールで一本勝ちしているラヴィットは、今時のMMAでは絶滅危惧種的な──引き込みを多用するスタイルの持ち主だ。

とはいえ簡単に下になるというのではなく、下になった方が攻めることができると判断すると躊躇しない。つまり攻めのガードワークだ。足関節狙いやバタフライガードからスイープ、もちろん取れる時に取りに行く。そのスイープも上を取り返すというより、スクランブルに持ち込んで相手の動きに合わせてフロントチョーク系の絞めやバック奪取──それがラヴィットのMMAだ。

打撃、フィジカルには不安が残るのも確かであるが、どのような戦いをフローレス相手に見せることができるのか楽しみだ。またメインのライトヘビー級でタイ・フロレスと対戦するダスティン・ジャコビーは、元UFCファイターでWSOF、Bellatorでも結果を残せなかったが、GLORYでは世界戦も経験しており、最近ではキックボクシングで活躍してきた。ラヴィットは対極にある32歳のラストチャレンジも要注目だ。

■DWTNCS S04 Ep01対戦カード

<ライトヘビー級/5分3R>
タイ・フロレス(米国)
ダスティン・ジャコビー(米国)

<ライト級/5分3R>
ウロス・メディッチ(セルビア)
マイキー・ゴンザレス(米国)

<フライ級/5分3R>
ルイス・ロドリゲス(メキシコ)
ジェローム・リヴェラ(米国)

<ライト級/5分3R>
ホゼ・フローレス(米国)
ジョーダン・ラヴィット(米国)

カテゴリー
LFA85 Other MMA Result ケビン・ナティヴィダッド ジョーダン・ラヴィット ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA85】試合結果 デモパウロス、大逆転で女子ストロー級王者に。キラリと光る新鋭ズラリ

【写真】ヒューズの打撃のレベルが相当に高いからこそ、この逆転勝ちは価値がある(C)LFA

17日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFA85「Hughes vs Demopoulos」が開催された。

メインのLFA女子ストロー級王座決定戦で、終始サム・ヒューズがフェイクとステップを交えた打撃でヴァネッサ・デモパウロスを圧倒する。

しかし、デモパウロスは4Rに足関狙いからリバース・トライアングルにスイッチしヒューズを失神させて初代王者となった。

カイル・エストラーダを右ストレートで沈めたケビン・ナティヴィダッド。

打撃の成長のあとを見せ、柔術でもジェイコブ・トロールを圧倒しレアンドロ・ゴミス──この両者がバンタム級王座に近づいたか。

徹底したグラップリング勝負で、レイヴォン・スミスをアナコンダで仕留めたジョーダン・ラヴィットなど、今大会もLFAらしくアグレッシブかつフィニッシュを狙う新しい力の台頭が見られた。

LFA85「Hughes vs Demopoulos」
<LFA女子ストロー級王座決定戦/5分5R>
○ヴァネッサ・デモパウロス(米国)4R2分21秒
リバーストライアングルチョーク
詳細はコチラ
×サム・ヒューズ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ケビン・ナティヴィダッド(米国)2R1分37秒
KO
詳細はコチラ
×カイル・エストラーダ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○レアンドロ・ゴミス(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ジェイコブ・トロール(米国)
<ライト級/5分3R>
○ジョーダン・ラヴィット(米国)2R2分01秒
アナコンダ
詳細はコチラ
×レイヴォン・ルイス(米国)
<バンタム級/5分3R>
○クリスチャン・ナティヴィダッド(米国)1R2分48秒
TKO
×マイケル・アキラ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ミッチェル・サイプ(米国)1R1分37秒
TKO
×ダリオン・アビー(米国)


カテゴリー
LFA84 other MMA Report ジョーダン・ラヴィット ブログ

【LFA85】面白いっ!! サブ→スイープ、スイープ→サブ。ラヴィットがアナコンダで一本勝ち

<ライト級/5分3R>
ジョーダン・ラヴィット(米国)
Def.2R2分01秒by アナコンダ
レイヴォン・ルイス(米国)

サウスポーのラヴィットに対し、右を振るっていったルイス。ラヴィットはシングルレッグを合わせ、ボディロックでケージに押しこむ。ケージ際でポジションを変える両者、頭を抱えたラヴィットが首投げで崩して、小外掛けへ。一旦倒されながら、ワキを潜ってバックに回ったルイスがスタンドへ戻る。

ルイスは直後のダブルレッグを潰して首相撲からヒザ、右ヒジ、さらにヒザをボディに突き刺す。引き込んだラヴィットは足を取りに行くも、ルイスがヒザをついて耐える。前転から50/50、ヒールにとったラヴィットだが殴られてフックを外す。スクランブルでは、ダブルでリバーサル狙いのラヴィットが、ケージにルイスを押し込む。押し返したルイスは両ワキを差し、小外掛けを狙う。耐えたラヴィットが右エルボー、ヒザをボディに入れる。ルイスがケージにラヴィットを押し込みながらラウンド終了の合図を聞いた。

2R、開始早々に跳び前蹴りからダブルレッグ、がぶられると引き込んだラヴィットが外ヒール&リバーサルでトップを取る。スクランブルでキムラクラッチからバックに回ろうとしたラヴィットは、前方に落とされながら三角クラッチで腕十字へ。頭を抜いたルイスに対し、ラヴィットはスイープを仕掛け、スクランブルでアナコンダをセット。グラウンドに持ち込んで、タップを奪った。

サブミッション始点のリバーサル、スイープ始点のサブミッション。興味深いスタイルのラヴィットはキャリア6連勝とし「凄く楽しかったよ。1Rで勝とうと思っていたけど、スクランブルになったら彼に勝ち目はないよ。最悪のポジションでもサブミッションを狙うことができる。ディフェンスには自信があるんだ」と話した。