カテゴリー
Interview Special UFC UFC250 アレックス・ペレス ジョズエ・フォルミーガ ブログ 岡田遼

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─03─アレックス・ペレス✖ジョズエ・フォルミーガ

【写真】フォルミガを組ませず、ローで勝てるレスラー=ペレス (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼が斬る、UFCプレリミマッチ。

第3回からは──岡田遼の語りたいUFCプレリミマッチとして、6日(土・現地時間)のUFC250で行われたフライ級戦=アレックス・ペレス✖ジョズエ・フォルミーガ戦について話してもらった。


──岡田遼が話したいUFCプレリミマッチ、毎週のように開催されていたUFCからどの試合をピックアップしてもらいましょうか。

「ペレスとフォルミーガです。フォルミーガとはATTで一緒に練習した時に達人的な動きを見ていて、僕は彼が勝つと予想していたんです」

──達人的な動きとはどういうところでしょうか。組んでバックを取るのが上手いという印象が強い選手だったのですが。

「ハイ、それが必勝パターンじゃないですか。でも練習では、そこを使わずに幅広くMMAができる人なんです。絶対的な強さを持っているのに、それを使わない。打撃もかなり上手くてウェルラウンダーでした。そのフォルミーガがローで負けて……いや、ペレスも強いとは思っていました。思ってはいたのですが、あの勝ち方ができるとは驚きです」

──レスラーですが、レスリングを使わずあの試合でフォルミーガに勝ってしまう。

「引き出しが多いですね。フォルミーガが負けたのはショックですし、ペレスが本当に強いところを出さずに勝ててしまうのも印象深いです。

カーフキックに関しては、当たり所もありますが……フォルミーガも効いたのは最後の3発ぐらいだったと思います。それにしても余りにも無策だったというか、最初から効いているとスイッチしたり、強みである組みにいくだとか対処したと思うんです。

実際、僕はいくらフォルミーガが練習であれだけ色々なことをやっていても、試合になると組んでバックを制すだろうと思っていました。打撃の攻防からテイクダウンして、上を取って殴り、背中を制してドミネイトするんだろうなって。

それがまぁ近づけない、入れない(苦笑)。打撃で敵わないとなると、思い切り組んで押し込むという戦い方はあると思うんです、ブラジリアン柔術の強い選手は。でも、フォルミーガが奥の手、その切り札を切ることすらできなかった」

──いきなり我慢できない蹴りが入ってしまったと。

「ATTには打撃のコーチがたくさんいて、タイ人もいるんです。ただ担当制でフォルミーガは、ヘッドコーチのコナン・シウヴェイラの指導を受けていることが多くて……。あまりそういう練習はしていなかったかもしれないですね。

それだけペレスが強いということなのですが、遠い距離ではあの蹴りがあり、近づくと素早いパンチを持っている。過去の試合を見ると、当然のように組みもできますし……完成度が高いです。いやぁ、あんな強い人間を見ると、ちょっと落ち込んでしまいましたね(苦笑)……早朝から。でも、あれがUFCなんですよね。痺れました」

カテゴリー
Interview UFC UFC250 アレックス・ぺレス ジョズエ・フォルミーガ ブログ

【UFC250】フォルミーガをローでKO──アレックス・ペレス「フィゲイレドがベナビデスに勝つ!!」

【写真】日本でその名は浸透していないが、あのレスリング力を出さずして打撃でフォルミーガをKOとは──ペレスのポテンシャルの高さを表した勝利だ (C) Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されたUFC250「Nunes vs Spencer」。同大会でアレックス・ペレスがローキックで、ジョズエ・フォルミーガをKOした。

この勝利でオクタゴンでの戦績を6勝1敗としたフライ級の実力者。今も珍しいローキックでの勝利に関して、そしてタイトル挑戦に向けて──試合直後に行われたバーチャル記者会見から彼の言葉を拾ってみたい(※要約)。


──ローキックでアドバンテージを狙う予定だったのかい?

「そういうことはなかった。ステップインして重い蹴りは出そうと思っていたけど、とにかくメチャな攻撃はしないように心掛けていたんだ。正確に蹴り、タッチすると下がる。彼の寝技は危険だから、蹴り足を取られないよう戦った」

──作戦は?

「とにかくスタンドで戦うこと。クリンチされればエルボーを使おうと思っていた。でもローも走っていたし、僕の重要な武器ではあるからね」

──ローキックでのTKOは初めてだよね?

「先週の試合を視て……、名前は忘れちゃったけど(クリス・グティエレスのことだと思われる)ローで勝つのはイカしているなって思って(笑)。できればボーナスが欲しいよ」

──135ポンドも含めて、3連勝。タイトル挑戦についてはどう考えている?

「ベスト5に勝てば挑戦もあるってことだけど、僕はフォルミーガをKOしたし、パントージャはもう試合が決まっている。ファイトアイランズに出向いても構わないよ。そこになるのか、そうでないのか──とにかく準備はできているよ」

──タイトル挑戦が実現しなかった時、練習仲間のブランドン・モレノと戦うことは視野にいれているのだろうか。

「僕とブランドンは一度も一緒に練習したことはないよ(笑)。それに僕は相手を選ぶことはないしね。やれと言われれば戦うよ」

──フィゲイレドとベナビデスの再戦はどうなると思っている?

「ジョゼフはウェルラウンダーだけど、フィゲイレドのグラウンドはアドバンテージがある。あの柔術には驚かされた。フィゲイレドが勝つと思うけど、ジョゼフが勝てばリマッチにもなるし、僕はそれでも構わないよ」

──チームメイトのマルロン・ヴェラが疑問の残る判定負けを喫したけど、そのことは頭にあったかい?

「僕はチームメイトのことは大好きだし、ジャッジに対しては思うところはあるよ。でも、そのことを頭に置いて戦うことはない。そして試合はフィニッシュしようと思って戦わないとね」

──小さなケージ、無観客で戦うことはどう思っている?

「スモールケージはより動きが多くなるから好きだよ。でも、僕は軽量級だから重量級の選手ほど小さくは感じないよ(笑)。そりゃあファンがいて戦う方が好きだよ。でも、無観客でコーチの声が良く聞こえるのも悪くない。まるで別物だよ」

カテゴリー
Report UFC UFC250 アレックス・ぺレス ジョズエ・フォルミーガ ブログ

【UFC250】右ローでフォルミーガを粉砕、アレックス・ペレスがUFC6勝1敗とし挑戦アピール

<フライ級/5分3R>
アレックス・ペレス(米国)
Def.1R4分06秒by TKO
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)

鋭い右ローを走らせるペレス。左ローも見せたペレスが左フックで前へ。迎え撃つようにフォルミーガがフックを当てる。ペレスはペースを変えずロー、キャッチしたフォルミーガが右を打ちバランスを崩す。立ち上がったペレスはボディから顔面にコンビネーション、フォルミーガのジャブをブロックしワンツーへ。近距離でワンツーのペレス、フォルミーガが左ジャブを伸ばす。手数で優るペレスは、フォルミーガのパンチをブロックして殴るという流れで戦う。

ペレスは右をヒットさせ、強烈な右ローを蹴るとフォルミーガが後方に倒れこむ。立ち上がってフックを振るうフォルミーガだが、次の右ローで声を挙げてダウン。レフェリーが試合を止めた。

これでオクタゴン3連勝、UFC戦績を6勝1敗としたペレスはベルトを巻くポーズを何度も見せた。