カテゴリー
Double G FC04 other MMA Report ジャン・ヒョンジ バク・ホビョン ブログ

【Double GFC04】殴られても、殴られても折れないジャン・ヒョンジをパク・ホビョンが絞めで仕留める

<55.15キロ契約/5分3R>
パク・ホヒョン(韓国)
Def.3R4分53秒by RNC
ジャン・ヒョンジ(韓国)

体重オーバーのジャンは各ラウンドで2Pのマイナスとなる一戦。左ローから左ハイを蹴ったパクが、左ストレートをヒットし序盤でペースを掴む。さらに右ストレート、ローに続き右ストレートを再び打ち込み、クリンチから離れてもジャンのフックをかわして右フックを当てる。さらにパクは右を入れて連打へ。ここから組んで細かいヒザを見せて左腕を差しあげテイクダウンを決めたパクが、ハーフでボディを殴り、足を抜きに掛かる。

パウンドに転じたパクの連打に、ジャンは足関節へ。尻もちをついた状態で、足を取るジャンを殴るパク。上体を起こすと、ヒールをセットされたパクは足を抜いてマウントへ、時間までパンチを連打した。

2R、最初のコンタクトで右を入れたパク。ジャンも左フックを打ち返す。左フックをダブルで入れ、右を打ち抜いくとジャンの動きが止まる。さらに左から右フック、右ストレートとパンチを集中させるパクは、右アッパーを突き上げる。

引き続きアッパー、ストレート、左フックを被弾しながら倒れないジャンが、左フックを打ち返して前に出る。打たれても、打たれても前に出るジャンに対し、パクは踏み込んで右を伸ばす。左フックの相打ちで打ち勝ったパク、後退しながらフックをジャンが振るう。パクは左ハイを繰り出すも、さすがに打ち疲れが感じられる。それでも蹴り足をキャッチして、右を入れたパクがマイナス分を加えると、2R終了時点で7ポイントリードしてもおかしくない攻防となった。

最終回、ジャンはとにかくフィニッシュしか勝利はないが、右ストレートをすぐに打たれる。パクはダブルレッグも逆にケージに押し込まれる。ここで息を整えると思いきや、すぐに体を入れかえたパクがダーティーボクシングで右を打ち続ける。ジャンも左のパンチを打ち返すが、小外掛けでパクがテイクダウンを奪いサイドで抑える。

鉄槌の連打からパウンドを狙ったパクに対し、ジャンは背中を向けて、後方から右を打たれ続ける。マットがジャンの鮮血で赤く染まるが、レフェリーは試合を止めない。RNC狙いからマウントに移行したパクは、すぐに背中を向けたジャンにパームトゥパームからRNCクラッチ。残り7秒で、ついにパクが女コリアンゾンビを仕留めた。


カテゴリー
Double G FC04 News other MMA オク・レユン キ・ウォンビン ケビン・パク ジャン・ヒョンジ ブレンゾリグ・バットムンク ブログ

【Double GFC04】対戦カード これは視たいっ!! ケビン・パク✖キ・ウォンビン&オク✖バットムンクII

【写真】日本絡みでは格闘代理戦争で平田樹と戦ったパク・ポヒョンと、パンクラスで藤野恵実とタイトル戦を行ったジャン・ヒョンジの一戦も見逃せない(C)ABEMA

2020年7月25日(土・現地時間)
DOUBLE G04
韓国ソウル
KBSアリーナ

■ 対戦カード

<フェザー級/5分3R>
キム・サンウォン(韓国)
ホン・ジュンヨン(韓国)

<74キロ契約/5分3R>
キ・ウォンビン(韓国)
ケビン・パク(韓国)

<女子ストロー級/5分3R>
ジャン・ヒョンジ(韓国)
パク・ポヒョン(韓国)

<ライト級/5分3R>
オク・レユン(韓国)
ブレンゾリグ・バットムンク(モンゴル)

<ライト級/5分3R>
ジン・テオ(韓国)
ジョン・ジェイル(韓国)

<フェザー級/5分2R>
キム・ミンウ
イ・ミンジェ

<ライト級/5分2R>
イ・ヨンフン(韓国)
パク・ジョンホン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
ソ・ドンヒョン(韓国)
カン・シンホ(韓国)

<フェザー級/5分2R>
イ・ギョンソップ(韓国)
パク・サンヒョン(韓国)

<ウェルター級/5分2R>
アン・ジョンギ(韓国)
キム・ジュンギョ(韓国)

<ライト級/5分2R>
ユン・ダウォン(韓国)
キム・ビョンソク(韓国)