カテゴリー
Other MMA Result Titan FC62 ジャレッド・グッデン ブログ ムハマジョン・ナイモフ

【Titan FC62】試合結果 タジキスタンのナイモフがローでタップアウト勝利を奪い、キャリア6連勝に

【写真】キックを含めた4試合というコンパクトな大会のセミでナイモフがローでタップを奪う(C)TITAN FC

23日(木・現地時間)にフロリダ州マイアミのインターコンチネンタルホテル&リゾート・ビスケーンベイで開催されたTitan FC62 「McCrown vsGooden」。

全7試合の予定が大会前日に3試合がキャンセルされ、キックボクシングも含め4試合で行われた大会のメインはジャレッド・グッデンがトレント・マカウンをミドルやヒザ蹴り、パンチの連打で寄せ付けずTKO勝ちを収めた。

また今大会で再注目だったムハマジョン・ナイモフは、急遽出場のジョシュ・オーガスティンとキャッチウェイト戦を戦うことになり、2Rにローで倒れたオーガスティンがタップしキャリア6連勝を達成している。

Titan FC62 「McCrown vsGooden」
<ウェルター級/5分3R>
○ジャレッド・グッデン(米国)2R2分31秒
TKO
詳細はコチラ
×トレント・マカウン(米国)
<150ポンド契約/5分3R>
○ムハマジョン・ナイモフ(タジキスタン)2R0分22秒
Tap out
詳細はコチラ
×ジョシュ・オーガスティン(米国)
<キックボクシング/3分3R>
○グスタヴォ・ヴィラーミ(米国)2R1分47秒
KO
×ケコロ・バンジー(米国)
<173ポンド契約/5分3R>
○リー・ヘンリー・リリー(米国)1R4分01秒
TKO
詳細はコチラ
×アレックス・ロハス(米国)

■ 対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
トレント・マカウン(米国)
ジャレッド・ゴードン(米国)

<フェザー級/5分3R>
コビー・ボーウェン(バルバドス)
ムハマジョン・ナイモフ(タジキスタン)

<ヘビー級/5分3R>
オディ・ディレイニー(米国)
プリンス・マクレーン(米国)

<バンタム級/5分3R>
グスタヴォ・ヴィラーミ(米国)
ケコロ・バンジー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
リー・ヘンリー・リリー(米国)
アレックス・ロハス(米国)

<200ポンド契約/5分3R>
カール・ダーボージー(米国)
ブライアン・クロマー(米国)

カテゴリー
other MMA Report Titan FC62 ジャレッド・グッデン トレント・マカウン ブログ

【Titan FC62】左ジャブ、右ロー→左ヒザ&スタンド鉄槌。グッデンがマカウンを寄せ付けずTKO勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ジャレッド・グッデン(米国)
Def.2R2分31秒by TKO
トレント・マカウン(米国)

マカウンの左ローにワンツーを合わせて前に出るグッデン。右を返したマカウンが組み合いでグッデンをケージに押し込む。押し返して離れたグッデンが右アッパーに続き、左フックを入れる。さらに左ジャブを伸ばしたグッデンが、ローを蹴っていく。マカウンのスイッチに惑わされず左フックをヒットしたグッデンは、ジャブから右を打ち込む。

マカウンも左を返し、ダブルレッグへ。グッデンは倒れず距離を取り直すが、ケージを背負った状態でパンチを纏められる。左を返して離れたグッデンは右ローを連続し、左ジャブを伸ばす。蹴り足をキャッチし、右を入れたグッデンが倒れたマカウンに右鉄槌を落とす。スクランブルでなくハーフを選んだマカウンはボディにヒザを受け、潜れないまま右のパンチを顔面に受ける。首を抑えてパンチを落とすグッデンが初回を取った。

2R、初回と同様にジャブからローを入れるグッデンが、マカウンの右ハイをかわす。パンチを被弾して下がり始めたマカウンのスピニングバックフィストは空振りに。動きがガクンと落ちたマカウンに、ヒザ蹴りからパンチ、エルボーを打っていくグッデンは、腹にヒザ蹴りを連続で突き刺しパンチで仕留めにかかる。

スタンドのパンチで鉄槌を使うグッデン、空振りしてバランスを崩したマカウンにヒザ蹴りを入れる。崩れ落ちそうになりながらシングルに出たマカウンだが、これを切られるとパンチを集中されレフェリーが試合を止めた。


カテゴリー
News other MMA Titan FC62 ジャレッド・グッデン トレント・マカウン ブログ ムハマジョン・ナイモフ

【Titan FC62】計量終了 注目=ナイモフの相手が変更。計量に4選手が姿を見せず……も滞りなし??

【写真】フェザー級から150ポンドに変更で、両者計量には余裕があったようなオーガスティン✖ナイモフ(C)TITAN FC

23日(木・現地時間)にフロリダ州マイアミのインターコンチネンタルホテル&リゾート・ビスケーンベイで開催されるTitan FC62 「McCrown vs Gooden」の計量が、ケージが既に設置された会場で行われた。

メインで対戦するトレント・マカウンとジャレッド・グッデンはともにパス。マカウンが最近の米国の世情を顧みたようにMASK ONとプリントされたマスクを着用し、計量台で中指を立てたグッデンとフェイスオフをして計量は終わった。


注目のムハマジョン・ナイモフは対戦相手がコビー・ボーウェンから急遽ジョシュ・オーガスティンに変更され150ポンド契約で戦うことに。サングラス姿オーガスティンはタジクの民族帽を被るナイモフと向かいあうと、そのサングラスを外し睨み合った。

Titan FCからオフィシャルの発表はないが、バンタム級で対戦予定だったグスタヴォ・ヴィラーミとケコロ・バンジー、さらにオープニングの200ポンド契約マッチに出場予定のカール・ダーボージー、セミのヘビー級で戦うプリンス・マクレーンが計量に姿を見せなかった。が、ダーボージーの対戦相手ブライアン・クロマーとマクレーンの対戦予定のオディ・ディレイニーの両者はそれぞれ計量をパスしている。

■ Titan FC42計量結果

<ウェルター級/5分3R>
トレント・マカウン: 168.4ポンド(76.38キロ)
ジャレッド・グッデン: 170ポンド(77.11キロ)

<ヘビー級/5分3R>
オディ・ディレイニー: 265 ポンド(120.2キロ)
プリンス・マクレーン: ──

<150ポンド契約/5分3R>
ジョシュ・オーガスティン: 147.8ポンド(67.04キロ)
ムハマジョン・ナイモフ: 147.4ポンド(66.85キロ)

<キックボクシング>
カルヴィン・グローバー: 143.8ポンド(65.22キロ)
グズタボ・ジェネオ: 145ポンド(65.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
リー・ヘンリー・リリー: 170.2ポンド(77.2キロ)
アレックス・ロハス: 173ポンド(78.47キロ)

<200ポンド契約/5分3R>
カール・ダーボージー:──
ブライアン・クロマー: 198ポンド(89.91キロ)