カテゴリー
BELLATOR Bellator249 News アビブ・ゴザリ アーリーン・ブレンコウ クリス・サイボーグ ジャリール・ウィリス パトリッキー・フレイレ ブログ リッキー・バンデハス レアンドロ・イーゴ

【Bellator249】計量終了 サイボーグはブラジルカラーのアイメイク。ウィリス&イーゴが計量失敗

【写真】今からすると、よくバンタム級で戦っていたと思える──フェザー級でもかなり追い込んでいるサイボーグだ(C) BELLATOR

14日(水・現地時間)、15日(木・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催するBellator249「Cyborg vs Blencowe」の計量が行われた。

メインでBellator世界女子フェザー級のベルトを賭けて戦うクリス・サイボーグとアーリーン・ブレンコウの両者は問題なくクリア。

サイボーグはパンデミック以前のようにブラジル国旗を連想させるペインティングを施すことなく、アイシャドーにそれらリサを残しブラジル国旗のヘアバンドを着用してモック計量及びフェイスオフを済ませた。


セミではパトリッキー・フレイレと対戦する──注目のジャリール・ウィリスは4ポンドのオーバーに。

フェイスオフでパトリッキーが計量台に乗って向かい合う一面もあったが、彼の頭頂部がウィリスの目の高さという身長差、体重を落としきらず体調をキープしてリカバリーを行うとなると当日の体格差はかなりのハンデとなることも考えられる。

またバンタム級のレアンドロ・イーゴも4ポンド超過で、ベラトールで戦うようになり6戦目で2回目の減量失敗となった。

前回の計量失敗時は、明らかに試合当日のコンディションに影響が出ていたイーゴだが、果たしてどのような体調とメンタルでリッキー・バンテハスと向き合うことになるのか。

なおプレリミに出場するアビブ・ゴザリはイスラエル国旗を掲げ、ピンクとゴールドのバスローブのような衣装でモック計量を終えている。キャリア2戦目のローガン・ニールとの育成マッチ、勝利はもとよりパフォーマンスに注目が集まるゴザリだ。

なお全選手の計量結果は以下の通りだ。

■視聴方法(予定)
10月16日(金・日本時間)
午前8時15分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前11時00分~DAZN

■ Bellator249「Cyborg vs Blencowe」対戦カード

<Bellator世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]クリス・サイボーグ: 145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者] アーリーン・ブレンコウ: 144.5ポンド(65.54キロ)

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ジャリール・ウィリス: 159 ポンド(72.12キロ)

<バンタム級/5分3R>
リッキー・バンデハス: 136ポンド(61.69キロ)
レアンドロ・イーゴ: 139ポンド(63.04キロ)

<ライト級/5分3R>
サヤッド・アワッド: 155.5ポンド(70.53キロ)
マンデル・ネーロ: 155.9ポンド(70.71キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ショーン・ティード: 255.4ポンド(115.84キロ)
スティーブ・モウリー: 250.5ポンド(113.62キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョセフ・クレア: 183.3ポンド(83.14キロ)
アンドリュー・キャペル: 183.8ポンド(83.41キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・クラッチマー: 170.2ポンド(77.2キロ)
ケムラン・ラチノフ: 170.2ポンド(77.2キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
クリスチャン・エドワーズ: 204.5ポンド(92.76キロ)
ハムザ・サリーム: 204.2ポンド(92.62キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
デイモン・ブラックシェアー: 140ポンド(63.5キロ)
マイク・キンベル: 139.2ポンド(63.14キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アビブ・ゴザリ: 168.8ポンド(76.5キロ)
ローガン・ニール: 169.3ポンド(76.79キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アルバート・ゴンザレス: 169.5ポンド(76.88キロ)
キャストリット・ジェマ: 169.7ポンド(76.97キロ)

The post 【Bellator249】計量終了 サイボーグはブラジルカラーのアイメイク。ウィリス&イーゴが計量失敗 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator249 Preview アビブ・ゴザリ アーリーン・ブレンコウ クリス・サイボーグ ジャリール・ウィリス スティーブ・モウリー パトリッキー・フレイレ ブログ

【Bellator249】サイボーグ初防衛戦大会でパトリッキー✖LFA王者、モウリー、アビブ・ゴザリが見逃せない

【写真】パトリッキーの突進力の前にタッチキックからテイクダウンは可能か。興味深いLFA王者の挑戦だ (C)BELLATOR & LFA

9月から10月にかけてのイタリア~フランスという欧州ツアーを終え、Bellatorが15日(木・現地時間)に、コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナでBellator249「Cyborg vs Blencowe」を開催する。

ペンデミック後のホームというべき同地での大会、メインはBellator世界女子フェザー級王者クリス・サイボーグが、今年1月に獲得したベルトの初防衛戦をアーリーン・ブレンコウ相手に行う。


セミでは昨年RIZINライト級GPで活躍したパトリッキー・フレイレが、ジャリール・ウィリスと対戦する新鮮なカードが組まれた。マイケル・チャンドラーがUFCに去ったBellatorライト級戦線の生き字引的な存在となったパトリッキー。2011年3月から始まったサークルケイジ生活9年目は、感染症拡大の影響もあり10月スタートとなった。

対するウィリスは8月のLFA88でLFAウェルター級チャンピオンに輝いたばかり。ヴィニシウス・ジ・ジェズウスとの王座決定戦は距離の取り合いが続き、タッチキックボクシングで上回っての勝利と渋い内容だった。UFCとの契約はならず、Bellatorを選択したウィリスは5試合ぶりにライト級に戻して、パトリッキーと相対する。

スイッチを織り交ぜた切れのある打撃と、持ち味である粘っこいケージレスリングを融合させるウィリスが、殺気を含んだパトリッキーの打撃の前に屈することなく、その持ち味を発揮できるようであればベラトール・ライト級戦線の上位が戦うチケットを手に入れることができる。

プレリミでは3度目の正直となるか──スティーブ・モウリーに注目だ。2月は体調不良、7月は新型ウィルス検査で擬陽性と2度に渡りルディ・シャフロス戦が流れたモウリーは今大会でショーン・ティードと対戦することとなった。

佐藤天をしてサンフォードMMAで最もテイクダウンが強いと言わしめるモウリーは、カレッジレスリングに柔術を融合させ、テイクダウンからスクランブルでなく抑えて極めきるという強さを持っている。

そんなキャリア8連勝を狙うヘビー級のモウリーに対し、ウェルター級のアビブ・ゴザリはデビュー以来の連勝を6に伸ばすためにローガン・ニールと戦う。

イスラエルMMA界のパイオニアであるハキムを父の持つゴザリは、キャリア2戦目の相手とプロテクト気味のマッチアップだけに、ここはしっかりとフィニッシュが望まれる。

■視聴方法(予定)
10月16日(金・日本時間)
午前8時15分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前11時00分~DAZN

■ Bellator249「Cyborg vs Blencowe」対戦カード

<Bellator世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]クリス・サイボーグ(ブラジル)
[挑戦者] アーリーン・ブレンコウ(豪州)

<ライト級/5分3R>
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)
ジャリール・ウィリス(米国)

<バンタム級/5分3R>
リッキー・バンデハス(米国)
レアンドロ・イーゴ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
サヤッド・アワッド(米国)
マンデル・ネーロ(カナダ)

<ヘビー級/5分3R>
ショーン・ティード(米国)
スティーブ・モウリー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジョセフ・クレア(米国)
アンドリュー・キャペル(米国)

<ウェルター級/5分3R>
カイル・クラッチマー(米国)
ケムラン・ラチノフ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
クリスチャン・エドワーズ(米国)
ハムザ・サリーム(米国)

<140ポンド契約/5分3R>
デイモン・ブラックシェアー(米国)
マイク・キンベル(米国)

<ウェルター級/5分3R>
アビブ・ゴザリ(イスラエル)
ローガン・ニール(米国)

<ウェルター級/5分3R>
アルバート・ゴンザレス(米国)
キャストリット・ジェマ(米国)

The post 【Bellator249】サイボーグ初防衛戦大会でパトリッキー✖LFA王者、モウリー、アビブ・ゴザリが見逃せない first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA88 other MMA Report ジャリール・ウィリス ブログ ヴィニシウス・ジ・ジェズウス

【LFA88】踏み込めない両者、ヒット数が多かったウィリスがジェズウスを下しウェルター級王者に

<LFAウェルター級王座決定戦/5分5R>
ジャリール・ウィリス(米国)
Def.3-0:50-45.49-46.48-47
ヴィニシウス・ジ・ジェズウス(ブラジル)

カポエイラと柔術がベースのジェズウス、ウィリスとローを蹴り合う展開のなかで前蹴りを胸に受ける。ウィリスは左ミドルから右ストレート、さらに左ミドルを繰り出す。ジェズウスはローを続け、両者が左を空振りする。手探り状態が続き、ジェズウスのローにウィルスが右を合わせる。ウィリスが右ミドル、スイッチしてフェイク、オーソに戻す。ジェズウスは変わらずロー以外の攻撃がほぼないまま、ウィリスが前蹴りを顔面に届かせる。ウィルス、ジェズウスともに慎重な姿勢を崩さないまま、初回が終わった。

2R、下だけでなく上への蹴りを増やした両者が、まだコンタクトらしいコンタクトはない。ウィリスの右にジェズウスが左を合わせようとする。ローに右をカウンターで受けたジェズウスは右ローからパンチを振るうが、距離は遠い。前進に左を当てられスリップしたフィリップスがすぐに立ち上がり、ジェズウスが左を届かせる。続いてローに右を受けたウィリスが尻もちをつかされ、すぐにスタンドに。ウィリスが左ジャブ、ジェズウスが左を繰り出す。前に出るジェズウスに対し、カウンター狙いのウィリスだったが、右で圧を掛けたジェズウスが最後にテイクダウンを決めた。

3R、ローから大振りのフックを繰り出すウィリスに対し、ジェズウスも左ジャブを打ち返す。さらに右フックに左合わせたウィリスだが、攻撃は続かない。と、ジェズウスの左ローがウィリスの急所に。締まらない試合は再開されると、スラッピーなフック合戦からウィリスがジャブとローを決める。さらにローに右を合わせるなど、低調な中でウィリスが試合をリードする。ジェズウスは前に出るがロー以外の攻撃はなく、逆に左を被弾。残り10秒を切り、ジェズウスはワンツーを入れ、崩れたウィリスのシングルレッグを切って挽回した。

4R、これまでと流れが変わらない序盤が過ぎ、ジェズウスが後ろ回し蹴りを見せる。ウィリスはワンツーから左ジャブを当て、中盤に右をヒット。ほぼ動きがなく、ロー、関節蹴り、ワンツー、それらが時折り見られる──LFAの存在意義とは別の次元にあるタイトル戦は、ウィリスがジャブを当て左ミドルをガードの上から蹴った。

最終回、互いにジャブを見せ、ローを蹴るジェズウスに対し、ウィリスのジャブの方が届く回数が多いという4Rまでと試合展開は変わらない。ジェズウスはマットに手をついて回し蹴りを見せるが、届かない。ジャブとローに終始した一戦は、残り2分を切り、やや間合が狭まり、攻撃の回転数が上がった感もあり、ウィリスの左オーバーハンドが当たる。

やや勝っているウィリスはリスクを冒さず、やや負けているジェズウスもリスクを冒さないまま最後にジェズウスが飛びヒザ、ウィリスが組んでテイクダウンへ。直後にタイムアップとなり、両者がケージに上がって勝利をアピール。さらにハグをして健闘を称え合うが、無観客でなければ大ブーイングが両者に浴びせられただろう。

結果、ウィリスがウェルター級王者となった。


カテゴリー
LFA88 News other MMA ジャリール・ウィリス ナタン・ルヴィ ブログ ヴィニシウス・ジ・ジェズウス

【LFA88】計量終了 ウィリス✖ジェズウスでウェルター級王座決定戦。要注目はナタン・ルヴィ

【写真】前チャンピオン=ジェイソン・ジャクソンがBellatorに転じ、空位となったベルトを争うウィリスとジェズウス (C)LFA

20日(木・現地時間)、21日(金・同)にサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンで開催されるLFA88「Willis vs De Jesus」の計量が行われた。

メインのLFAウェルター級王座決定戦=ジャリール・ウィリス✖ヴィニシウス・ジ・ジェズウスを筆頭にメインは4試合、プレリミが2試合でうち1試合はアマチュア戦の大会となる。そんななかセミでアーロン・マッケンジーと対戦するグラウシオ・エリジアリオは2.6ポンド・オーバーで、この1戦はキャッチ戦に。


ベルトに挑むウィリスはLFAではライト級で戦っていたこともあり、前ライト級王者のハーベイ・パクに敗れ、その後はLFAから他団体に戦場を移しウェルター級で連勝、ライト級時代も含め現在3連勝中だ。対するヴィニシウス・ジ・ジェズウスはコンバット柔術などでも活躍した柔術家で、東の登竜門CESでウェルター級王者になりながら、LFA王者を目指すという判断をした。

タイトル戦以上に注目したいのが、フェザー級の新鋭ナタン・ルヴィだ。イスラエル出身の28歳、現在はベガスのシンジケートMMA所属のルヴィはアマMMAの名門Tuff-N-Uffから、LFAでプロデビューを果たした。プロキャリアの全試合をLFAで戦っており、現在4連勝中──エド・ソアレスの秘蔵っ子といえる。

強引といえるほどアグレッシブな姿勢の持ち主で、打撃、テイクダウン、寝技もトップ&ボトムから果敢にフィニッシュを狙う。それゆえにパンチを被弾すること、テイクダウンを許すこと、さらに関節技を仕掛けられることも少なくない。ルヴィはそこで守りに入ることなく、馬力で攻勢を取り戻すというファイト・オブ・ザ・ナイト系=コンテンダーシリーズ及びLFAで上を目指す典型的なスタイルの持ち主ともいえる。

そんなルヴィ──一発の被弾も怖いが、ケージに押し込まれて削られるという展開になると、どのような手段で反撃に転じるのかも見ものだ。

カテゴリー
LFA88 News other MMA ジャリール・ウィリス ズヴァイアド・ラジシュビリ ブログ リッキー・スティール ヴィニシウス・デジャズウス

【LFA】LFAが8月から9月にかけての4連戦を発表。第一弾はライト級王座決定戦=LFA88 on Aug.21

【写真】7月の4連戦を──感染症予防対策という面で支えたサンフォード・ヘルスのスタッフとLFAのオクタゴン(C)LFA


北米ナンバーワン・フィーダーショー=LFAが、11日(月・現時間)に今後のスケジュールとメインカードを──12日(火・同)にLFA88の対戦カードを発表している。

ニューノーマルのLFAはフェーズ2も7月の4連戦と同じように、サウスダコタ州のスーフォールズにあるサンフォード・ペンタゴンから4週連続で金曜開催となった。


まず今月21日にライト級王座決定戦=ジャリール・ウィリス✖ヴィニシウス・デジャズウスをメインにLFA88が開かれ、翌週28日のLFA89はライト級のブラント・ムーア✖ジョー・ジャンネッティのライト級戦がメイン、9月4日のLFA89はズヴァイアド・ラジシュビリ✖リッキー・スティール=LFAバンタム級王座決定戦ヘッドライナーで、11日のLFA90はまだメインイベントは決定していない。

7月の4連戦からは既に3選手がUFCにステップアップ、コンテンダーシリーズへの進出も見られるLFA。21日のLFA88ではライト級王座決定戦以外のカードも決定し、LFA84に出場予定だったが、Covid19感染者と濃厚接触があったということで出場が取りやめになっていたイスラエルの新鋭ナタン・ルヴィ、シャムロックFCでアマからプロとキャリアを積み、計9勝1敗(※プロでは3勝0敗)のエヴァン・エルダーのプロモーション・デビューも決まった。

今回の4連戦、現時点の再注目カードはLFA90のバンタム級王座決定戦だろう。ラジシュビリは現在12連勝中の無敗のファイターだ。生まれ故郷ジョージアでMMAキャリアを積み、米国の大学に留学したことで活動を一時中断していたが、昨年11月にLFA初陣を飾っている。対するスティールはTUF27で1勝を挙げるも負傷リタイア、それでもコンテンダーシリーズで勝利しながらUFCと契約ならず──3度目の正直をLFAで果たそうとする6勝0敗の選手だ。

LFAバンタム級は2017年1月の旗揚げ戦でRFA王者レアンドロ・イーゴが、LFC王者スティーブン・ピーターソンを破り初代王者になるとBellatorと契約。以降、リッキー・シモン、マイルズ・ジョンズ、ケイシー・ケニーと3人のチャンピオンがUFCにステップアップを果たすなど、メジャー進出率100パーセントの階級だ。

ファジシュビリと同様に次期王者候補だったJP・バイスは、フライ級でコンテンダーシリーズ出場が決まっていたが、労働許可証の不備が見つかり出場不可能になった。バイスの今後も含め。訪米の目途が今も立たない田中路教にとっても、非常に気になるLFAバンタム級王座の行方だ。