カテゴリー
DWTNCS S04 Ep05 Report UFC ウィリアム・ナイト ジミー・フリック ブログ メルシック・バダザリアン ロニー・ローレンス

【DWTNCS S04 Ep05】元K-1戦士のバダザリアン、激闘制するも契約はナイト、ローレンス、フリックに

<フェザー級/5分3R>
メルシック・バダザリアン(アルメニア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
デニス・ブズーキア(米国)

K-1で久保優太と対戦経験のあるバダザリアンはWLFで67キロ級世界王者になっている。MMAでは4勝1敗、14秒、09秒、07秒でのKO勝ち記録しているサウスポーのバダザリアンが鋭いミドルから右ジャブ、左ミドルを入れてパンチを纏めにいく。組んだブズーキアはヒザを被弾して離れると、左三日月を受けてケージに下がる。左ミドルからエルボーを受けたブズーキアはヒジを纏められ防御一辺倒に。ダーティーボクシングでアッパーを受け、首相撲からヒザを返したブズーキアだが、一旦離れたバダザリアンのヒザ、ヒジに厳しい時間続く。

バダザリアンも攻め疲れてきたか、蹴り足を掴まれ姿勢を乱すシーンが2度見られた。それでも左ミドル、左ストレートを入れ下がったブズーキアに左ボディショット、ボディを蹴られてもバダザリアンが重い左ミドルを蹴り込む。動きは重くなったバダザリアンだが、それでも強烈な勢いの左を打っていく。しかし、バダザリアンの攻め疲れは決定的でズブーキアはシングルからテイクダウン、バックに回る。立ちあがったバダザリアンは初回を圧倒的に攻めたが、スタミナに不安を残す2R突入となった。

2R、右前蹴りのバダザリアンが右フックを振るうも、距離を取ったファイトに。鋭い左ストレート、右フックにズブーキアは距離を詰めるが逆にヒジ打ちを受ける。それでも左ボディ、ローと手数が増えたズブーキアに対し、バダザリアンの打撃はパワフルながら単発になっている。ローから右を入れたズブーキアは、右ミドルを返す。バダザリアンは首相撲からヒザ蹴りも、首投げでテイクダウンを許す。バックを譲らないように立ち上がったバダザリアンは、自らの左オーバーハンドで姿勢を乱してしまう。

ズブーキアはクリンチでエルボーを入れ、ケージにバダザリアンを押し込む。シングルレッグでテイクダンを許したバダザリアンは胸を合わせて立ち上がるも、ヒザをボディに受ける。バダザリアンも左エルボーを入れたが、ケージ中央でバックを許す。ズブーキアはテイクダウンこそ奪えなかったが、このラウンドは取った。

最終回、初回がビッグラウンドでバダザリアンの可能性もあり、ポイント上は互角がバダザリアンという状況で、余力が残っているのはズブーキアか。ローから右を被弾したバダザリアンが左ストレートを当てる。前蹴りで突き放したいバダザリアンが左ハイを狙う。ズブーキアも距離を詰めることができず、キックボクシング戦に。バダザリアンが左ロー、後ろ回し蹴りを繰り出す。バダザリアンが左を当て、テイクダウン狙いを切って逆に後方に崩しに掛かる。

尻もちをつき、すぐに起き上ってリバーサルを狙ったズブーキア。バダザリアンもここは譲らず、組み合いのなかで強烈なヒザをボディに入れる。ズブーキアはキムラ狙いから引き込み、腕十字へ。腕を抜きに掛かったバダザリアンは、体を並行に移行させスクランブルへ。疲れた両者、距離を取った状態で打撃戦は続かず、バダザリアンがテイクダウンへ。ズブーキアはキムラを抜かれ、疲れ切った状態での打撃戦では大きな動きがなくタイムアップに。

スタミナで劣勢と見られたバダザリアンだが、ズブーキアも消耗が激しく最終回に2Rの勢いを維持できず、ジャッジは3-0でバダザリアンを支持した。「その場に応じて、正しい判断をして戦った。ダナは分かっているだろう」と話したが──ダナ・ホワイトの判断は。

ダナ・ホワイト
「素晴らしい夜だった。だからこそ決断を下すのが、難しかった。ルッツは10勝1敗、タフな相手とタフな試合をした。でもまだプライムタイムじゃない。11月にコンテンダーシリーズをもう1度開くから、彼にはもう1度戦ってもらう。今夜は凄く良い経験になっただろう。

ナイトは序盤に追い込まれRNCを仕掛けられそうなところから、逆転でフィニッシュした。前回は契約できなかったけど、今夜はしよう。ローレンス、私は対戦相手のジョンソンに注目していたんだ。180センチの長身でリーチアドバンテージもある……ロニー・ローレンスは特別だ。彼は何かを持っているんだろう。こっちに来て契約したい。

ジミー・フリック、凄い試合だった。素晴らしいサブミッションの仕掛けを見せてくれた。これほどコンテンダーシリーズで一本を狙った選手はいないだろう。私はフィニッシュを狙う男が好きだ。ネイト・スミスは6勝0敗のファイターだ。彼のエスケープ能力は信じられないモノだった。負けたスミスもまた11月に見てみたい。そしてジミー・フリック……素晴らしい、彼はUFC入りだ。

最後の試合。両者とも4勝1敗、シリアスでイカした2人だった。バダザリアンは11月にもう1度、コンテンダーシリーズに呼ぶことにした。彼はもう一度、バッドアスと戦うためにここに戻って来てもらう」

2020年コンテンダーシリーズ第5週はウィリアム・ナイト、ロニー・ローレンス、ジミー・フリックがUFCとの契約を果たした。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep05 Report UFC ジミー・フリック ネイト・スミス ブログ

【DWTNCS S04 Ep05】流れるような数々のグラップル──LFAフライ級王者フリック、もうUFCしかないだろう

<フライ級/5分3R>
ジミー・フリック(米国)
Def.3R3分15秒by 肩固め
ネイト・スミス(米国)

まず右カーフを蹴ったスミスに対し、フリックが右を入れる。フリックも左右のローを返し、蹴りでバランスを崩したスミスからトップを取り、スクランブルに持ち込まれる前にバックへ回る。首を捕えてから足を一本入れたフリックだが、スミスは前転し上を取ると鉄槌を顔面に落とし、エルボーを打ちつける。

右腕をしぼるフリックは右足をスミスの頭部の後ろに回し、さらにワキの下を通して足を組み腕十字へ。前転したスミスは、右腕が伸びた状態でフリックの右ワキに抱えられる。両腕を制されて動けないスミスは後方回転でエスケープは図るも、回り切れずに逆に頭を足で殺した状態でフリックが上を取る。しかし、腕のロックが外れ上体を起こしたスミスがシングルでリバーサルを狙う。

ここでフリックはダースチョークへ。上を取りギロチンに切り替えるも、スミスがロールしてエスケープ。フリックの動きはその先をいき、バックに回りつつマクワン・アルミカーニ的な動きで再びギロチンをセットアップする。ケージに詰まり体を伸ばすことができなかったフリックはバックに転じるが、スミスが立ち上がる。フリックは離れて右ミドル、口を開けているスミスは再びボディに蹴りを受けラウンド終了をむかえた。

2R、グラウンドで圧倒されたスミスは右カーフを蹴り、右オーバーハンドを振るう。フリックは右ミドルを入れ、飛び込んで右を打ち込む。さらに右ミドルから右を見せてシングルレッグへ。倒されながらキムラを仕掛けたスミスだが、同時にニアマウントに入ったフリックは肩固めを狙う。スミスは足を戻し、腰を引いて立ち上がろうとする。ここを潰されるも、スミスは三角絞めへ。ヒジを入れて体重をかけてルーズにしていこうとするフリックは、足を抱えられた状態でヒザ、ヒジを入れて三角クラッチを無力化させる。結果、頭を抜き担ぎからニーインに入ったフリックが、ギロチン&マウントへ。

頭を抜きパンチから肩固めを仕掛けるフリック、懸命に耐えるがマウントからエルボー、パンチを落とされるスミスは、腹ばいの腕十字でヒジが逆に曲がるもタップはしない。フリックはここからオモプラッタ、さらに三角絞めという黄金コンビネーションでスミスを捕えたがタイムとなった。

最終回、ローと前蹴りを受けたスミスの右前蹴りがフリックの顔面を直撃する。一瞬、動きが止まったフリックだが、消耗しているスミスはここで追い打ちをかけることができずダブルレッグでテイクダウンを許す。ハーフでワキ腹にエルボーを落とすフリックは、マウントへ移行。鋭いエルボーを打ちつけ、ハイマウントからパンチを連打する。背中を見せたスミスは、RNCにも上を向きなおして足を一本戻すなど、粘りを見せるも──フリックはもう一度マウントに入ると、肩固めでついにタップを奪った。

「俺はフィニッシュしに来たんだ」とダナ・ホワイトに向けて叫んだ勝者は、バックステージインタビューで「2Rの三角を仕掛けた時、彼のコーチは残り時間を伝えるという素晴らしい働きをした。でも、ここで判定勝ちはいらない。フィニッシュに拘った。エルボーは脱臼したかもしれないけど、そうするのが僕の仕事だ。15勝で13試合がフィニッシュ、僕はフライ級最強のグラップラー、LFAでチャンピオンになってUFCに行けると思ったけど、コンテンダーシリーズで戦わないといけなかった。フィニッシュしか考えていなかったよ」と話した。


カテゴリー
DWTNCSE S04 Ep05 Preview UFC ジミー・フリック ネイト・スミス ブログ

【DWTNCS S04 Ep05】コンテンダーシリーズ第5週の注目、LFAフライ級対決=フリック✖スミス

【写真】LFAでタイトル戦が見たくなかったといえば嘘になるが、そこに拘らないのがLFA。要注目のフリック✖スミスの一戦だ (C)LFA

1日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDana White’s Tuesday Night Contender Series 2020年シリーズ第5週が開催される。

今年は例年以上に合格者の数が目立ち、すぐにUFCで戦う選手も現れるなか、今週も5試合=10人のファイターがUFCとのサインを目指して戦う。


注目はフライ級のジミー・フリック✖ネイト・スミスだ。現在、両者揃って直近の試合はLFAで、フリックは7月24日にフライ級王座を獲得したばかりだ。柔術とレスリングが融合したグラップリングMMAファイターのフリックは、これまでのLFAだけでなく他の2団体でフライ級、さらにバンタム級でも1団体の頂点に立っており、これまでに4つのベルトを巻いている。

柔術は茶帯だが、ギロチン、肩固め、そして自らはヴァンフリック・チョークと呼ぶ、ヴァンフルーチョークを得意としている。

LFAのベルトを巻いた試合でも、ボトムで肩固めをセットアップしつつ、リバーサルで上を向いて極めるという独特のフィニッシュを見せていた。

対するスミスも今年の2月にLFAで戦いショーン・ステッピンズをパウンドアウトしている。

このフィニッシュ、ボディロックからテイクダウン&スクランブルの攻防でステッピンズを倒し、腹ばいの相手の左腕を後ろ手に取り、腰に回していた右手に体重をかけて制しつつ、顔面をがら空きにしても強烈なパウンドを打ちこんでいた。これこそグレコローマン・ベースのスミスの真骨頂といえる試合だ。

グレコのジュニア五輪で3位、BJJは紫帯ながらテコンドーが茶帯で、打撃はダッチキックボクシングを導入中のスミス、カーフキックにも威力がある。戦績は6勝0敗で14勝5敗のフリックと比較すると、経験値では遅れを取っているが瞬発力ファイトでは上をいくだろう。ねちっこい展開から、ズバッと勝利を決めることができる両者──3Rのノンストップファイトになることが予想される。

■DWTNCS S04 Ep05対戦カード

<フェザー級/5分3R>
マルシック・バクダサリアン(アルメニア)
デニス・ブズーキア(米国)

<フライ級/5分3R>
ジミー・フリック(米国)
ネイト・スミス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ホゼ・ジョンソン(米国)
ロニー・ローレンス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ウィリアム・ナイト(米国)
コディ・ブランデージ(米国)

<ライト級/5分3R>
タッカー・ルッツ(米国)
チェイス・ギブソン(米国)

カテゴリー
LFA86 Other MMA Result ジミー・フリック ブログ マンド・グティエレス

【LFA86】試合結果 ジミー・フリッグが秒殺で新フライ級王者に。バンタム級のマンドに注目!!

【写真】新フライ級王者はジミー・フリックに(C)LFA

24日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFA86「Fischer vs Flick」が開催された。

サンフォード・ペンタゴン4連戦の第3弾のメインではブランドン・ロイヴァルがUFCにステップアップを果たし、返上したフライ級王座をグレッグ・フィッシャーとジミー・フリックが争った。

結果、フリックが下から肩固めを仕掛けてロールしてトップを奪取──そのままタップを奪いベルトを巻いている。

今回はCOVID19の影響による対戦カードの消滅はなかったが、力の差かコンディションの差が一方的な展開が多く見られた。

圧勝したファイターのなかではアマ6連勝、プロ転向後も3連勝中のメキシカン・ファイターのマンド・グティエレスが、ジェフ・ジェプセンに完勝──今後に注目したい。

LFA86「Fischer vs Flick」
<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
○ジミー・フリック(米国)1R0分38秒
肩固め
詳細はコチラ
×グレッグ・フィッシャー(米国)
<ライト級/5分3R>
○アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)1R3分26秒
RNC
詳細はコチラ
×ドミニク・クラーク(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ファビオ・チェラント(米国)1R0分57秒
アナコンダチョーク
×エリック・マーリーJr(米国)
<バンタム級/5分3R>
○マンド・グティエレス(メキシコ)1R1分57秒
RNC
詳細はコチラ
×ジェフ・ジェプセン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○マーク・マーティン(米国)1R3分52秒
TKO
×トニー・グラント(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ジョーダン・ハイダーマン(米国)3R
判定
×ジェイコブ・ヘヴリン(米国)
<バンタム級/5分3R>
○カルヴィン・ハーバウ(米国)1R2分33秒
ヒールフック
×ネイト・モロー(米国)
カテゴリー
LFA86 News other MMA アルトゥル・エストラズラス グレッグ・フィッシャー ジミー・フリック ドミニク・クラーク ブログ

【LFA86】計量終了 サンフォードペンタゴン4連戦、第3弾はフライ級王座決定戦=フィッシャー✖フリック

【写真】これが今の米国世論か。計量では完全にマクス着用となっている。メインで戦うフィッシャー(右)とフリックも当然のようにソレに倣っている (C)LFA

LFAの7月4連戦も後半戦へ。23日(木・現地時間)、24日(金・同)にサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンで開催されるLFA86「Fischer vs Flick」の計量が行われた。

フェザー級、女子ストロー級に続き、今回はブランドン・ロイヴァルが返上したフライ級のベルトを賭けて、グレッグ・フィッシャーとジミー・フリックが戦う一戦がメインで組まれている。

前回大会まではコロナウィルスの陽性者が複数名出てカード数が減少していたが、今大会は予定された7試合が実施される。ただし、ライトヘビー級でエリック・マーリーJrと対戦するファビオ・チェラントが8.6ポンドという超体重超過に。両者の試合は契約体重マッチとして行われることとなっている。


ファビオ・チェラント以外の13選手は問題なく計量をパスしている。メインでフライ級のベルトを狙うフィッシャーはShogun Fightバンタム級王者で、対するフリックはフリースタイル・ケージファイティングのフライ級王者だ。ローカル団体の王者がUFCもしくはコンテンダーシリーズ出場への切符を手にするためにLFAをステップボードに選んだ形といえる。

長身のフィッチャー、フリックスともにテイクダウンから攻めるグラップラーという印象だが、両者揃って上攻めを狙いたいという図式が成り立つか。戦績的にはフィッシャーが10勝1敗で、フリックは13勝5敗。後者はレガシーFC時代にウィル・カンプザーノに敗れてフライ級王座を取り逃したり、現UFCファイターのクリス・グティエレスに敗れるなど、トップゲームを展開できず下になって削られると脆いという印象も残している。

UFC当確レベルにあるファイトを両者が展開できるのか。そこも勝敗と同様に試されるタイトル戦となる。

■LFA86計量結果

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
グレッグ・フィッシャー: 124.8ポンド(56.6キロ)
ジミー・フリック: 124.6ポンド: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・エストラズラス: 155.8ポンド(70.66キロ)
ドミニク・クラーク: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・チェラント: 213.6ポンド(96.88キロ)
エリック・マーリーJr: 203.8ポンド(92.44キロ)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス: 135.8ポンド(61.59キロ)
ジェフ・ジェプセン: 135.6ポンド(61.5キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マーク・マーティン: 170ポンド(77.11キロ)
トニー・グラント: 170ポンド(77.11キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーダン・ハイダーマン: 240.4ポンド(109.04キロ)
ジェイコブ・ヘヴリン: 265.8ポンド(120.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
カルヴィン・ハーバウ: 135.4ポンド(61.41キロ
ネイト・モロー: 135.4ポンド(61.4

カテゴリー
LFA86 News other MMA アルトゥル・エストラズラス グレッグ・フィッシャー ジミー・フリック ブログ

【LFA86】対戦カード サンフォードペンタゴン月間、第3弾の注目はフライ級王座決定戦&エストラズラス

【写真】メインで以外でエド・ソアレス代表の注目はアルトゥル・エストラズラス(C)LFA

7月24日(金・現地時間)
LFA86「Fischer vs Flick」
サウスダコタ州スーフォールズ
サンフォード・ペンタゴン

■視聴方法(予定)
7月25 日(土・日本時間)、
午前10時~UFC Fight Pass

■ 対戦カード

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
グレッグ・フィッシャー(米国)
ジミー・フリック(米国)

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)
ドミニク・クラーク(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・チェラント(米国)
エリック・マーリーJr(米国)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス(メキシコ)
ジェフ・ジェプセン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マーク・マーティン(米国)
トニー・グラント(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーダン・ハイダーマン(米国)
ジェイコブ・ヘヴリン(米国)

<バンタム級/5分3R>
カルヴィン・ハーバウ(米国)
ネイト・モロー(米国)

カテゴリー
LFA84 LFA85 LFA86 LFA87 News other MMA グレッグ・フィッシャー サム・ヒューズ ジェイク・チルダース ジェイコブ・ロサレス ジミー・フリック ジャスティン・ゴンザレス ブライス・ローガン ブログ 未分類

【LFA84,85,86&87】コロナ後のLFAは、サウスダコタ州スーフォールズで4週連続開催&4週連続王座決定戦!!

【写真】活動再開=4連戦、一発目のメインでフェザー級王座を賭けてジャスティン・ゴンザレスと戦うジェイク・チルダース(C)LFA

17日(水・現地時間)、FLAが7月10日(金・同)から4週連続でサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでイベントを開き、毎大会でタイトル戦を組むことを発表した。

1週間前に7月10日の活動再開を発表したLFAだが、想像を上回る形でリスタートを切ることとなった。


サウスダコタ州スーフォールズはLFAのエド・ソアレス代表が、6年前のRFA時代に同州で初めてサンクションされたMMA大会を開催した思い出の地で、会場となるサンフォード・ペンタゴンはHardknocks365を買収したサンフォード・ヘルスが所有する会場だ。サンフォード・ヘルスはゴルフの全米男子ツアーのシニア大会の冠スポンサーであり、また男子ツアーのウィルス検査体勢をバックアップすることが報じられている。

LFA4連戦も無観客で行われ、ソアレス代表は「選手、セコンド、大会スタッフには厳格なCovid19の検査が行われる」と話しており、サンフォード・ヘルスが関係していても不思議でない。

4大会連続のタイトル戦は、全て王座決定戦となっている。まず10日=LFA84では昨年4月にデイモン・ジャクソンがPFLと契約したデイモン・ジャクソンが返上したフェザー級のベルトを賭けて、ジャスティン・ゴンザレスとジェイク・チルダースが戦う。

ゴンザレスはキャリア10勝0敗で、これがLFA初出場だ。既に昨年のコンテンダーシリーズに出場経験があり、延期となった4月3日大会で試合が決まっていた。対するチルダースは8勝0敗、LFAで既に2勝しており──うち1試合はスラムでKOとインパクトを残している。

17日=LFA85では初代LFA女子ストロー級王座決定戦がサム・ヒューズとヴァネッサ・デモパウロスの間で行われる。

LFAでは過去にバンタム級とフライ級でチャンピオンとなった3選手が揃ってUFCにステップアップを果たしている。今回はヒューズが4勝0敗、デモパウロスは4勝1敗と経験は決して多くない選手の一騎打ちとなる。

ジミー・フリック

24日=LFA86のメインでフライ級のベルトが争われる。ブランドン・ロイヴァルがUFCへ行き返上したベルトをShogun Fightsバンタム級王者グレッグ・フィッシャー=10勝1敗と、FCFバンタム級王者でLFAでは1年9カ月振りのファイトとなるジミー・フリックの間で争われる。

4連戦オーラス、31日のLFA87では前王者ハーベイ・バクが負傷&返上したライト級王座を狙うブライス・ローガンとジェイコブ・ロサレスの試合が組まれた。既にBellatorで勝利した経験もあるローガンはLFAで3勝0敗、満を持してコンテンダーシリーズの敗北からLFAに転じ1勝を挙げているロサレスと相対することとなった。

まだ他のカードの発表がないが、既にイベントを再開しているTitan FCに倣いコンパクトな試合数になることも十分に考えられる。とはいえ世界一のMMA市場を誇り、世界の頂点=UFCが存在する米国では、フィーダーショーやアマチュア大会が再び動き始めている。選手の絶対数が多いとはいえ、ここでの大会開催数の多さは米国人ファイターの成長をさらに後押しすることになる。