カテゴリー
UFC Result UFN ESPN+31 UFN173 ジェニファー・マイア デレック・ブルンゾン ブログ ボビー・グリーン ヴィセンチ・ルケ

【UFN173】試合結果 ブルンゾン快勝、カルダーウッドは気の毒な一敗。ルケの接近戦、揺ぎ無し

【写真】現王者イスラエル・アデサニャに敗れて以降、3連勝としたブルンゾンは、タイトル挑戦へ向けウィンニングトラックに戻ってきた(C)Zuffa/UFC

1日(土・現地時間)、米国に戻ってきたUFCはネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでUFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」を開催した。

メインのミドル級ではデレック・ブルンゾンが勢いのある打撃とテイクダウンのコンビネーションでエドマン・シャバジアンを寄せつけず3RでTKO勝ち。

セミでは世界女子フライ級王者ヴァレンチーナ・シェフチェンコへの挑戦が決まっていながらチャンピオンの負傷でタイトル戦が流れたジョアン・カルダーウッドが、ジェニファー・マイアの腕十字で一本負け──気の毒な敗北となった。

ヴィセンチ・ルケはCOVID19問題で対戦が流れていたジェイソン・ブラウンと対戦し、リーチの差をものともせずキックボクシングで優位に立ち、最後は冷静な判断で顔面にヒザを入れTKO勝ちに結びつけた。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ボビー・グリーン✖ランド・バンナータ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ジェニファー・マイアヴィセンチ・ルケ

UFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」
<ミドル級/5分5R>
○デレック・ブルンゾン(米国)3R0分26秒
TKO
詳細はコチラ
×エドマン・シャバジアン(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○ジェニファー・マイア(ブラジル)1R4分29秒
腕十字
詳細はコチラ
×ジョアン・カルダーウッド(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)2R4分56秒
KO
詳細はコチラ
×ランディ・ブラウン(米国)
<ライト級/5分3R>
○ボビー・グリーン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ランド・バンナータ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ジョナサン・マルチネス(米国)3R0分57秒
TKO
×フランキー・サエンツ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ネイサン・マネス(米国)3R
判定
×ジョニー・ムニョスJr(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ジャマール・エマース(米国)3R
判定
×ヴィンセント・キャチェロ(米国)
<バンタム級/5分3R>
△クリス・グティエレス(米国)3R
Draw
△コディー・ダーデン(米国)

■対戦カード

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
エドマン・シャバジアン(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国)
ジェニファー・マイア(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
ランディ・ブラウン(米国)

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン(米国)
ランド・バンナータ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
エド・ハーマン(米国)
ジェラルド・マーシャート(米国)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド(米国)
トレヴィン・ジレス(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・サエンツ(米国)
ジョナサン・マルチネス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ネイサン・マネス(米国)
ジョニー・ムニョスJr(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジャマール・エマース(米国)
ヴィンセント・キャチェロ(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリス・グティエレス(米国)
コディー・ダーデン(米国)

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+31 UFN173 ジェニファー・マイア ジョアン・カルダーウッド ブログ

【UFN173】ジェニファー・マイアがジョジョ・カルダーウッドを腕十字で下し、タイトル挑戦権獲得?!

<女子フライ級/5分3R>
ジェニファー・マイア(ブラジル)
Def.1R4分29秒by 腕十字
ジョアン・カルダーウッド(英国)

牽制の試合からマイアが右フックを見せる。左を打ったマイアにジョジョの左が当たる。近い距離の打ち合いで、ジョジョの左に逆にマイアが左を当て、さらに右を打っていく。前蹴りで突き放そうとするジョジョだが、マイアが距離を詰める。ボディを入れ、右ハイを見せたジョジョに対し、マイアがワンツーを繰り出す。左の蹴りを上中下に蹴り分けるジョジョは、マイアの蹴り技をキャッチして、足払いで倒しスクランブルを許さず背中をマットにつかせる。

腕を引き寄せハイガードのマイアはクローズドへ。ジョジョはガードなかでエルボーを落とす。左足をすくい腰を切って腕十字に入ったマイア、ジョジョはヒザを頭に置いて防御を試みる。マイアは肩抜き後転からジョジョを仰向けにすると左腕を伸ばしきりタップを奪った。

「毎試合成長しているし、タイトル戦の準備は整っていると思う」と話した。