カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN12 ジェイソン・ウィット ブログ 佐藤天

【UFC ESPN12】大勝、佐藤天に48秒を中身を尋ねる─01─「理解し、臨機応変に動けた」

【写真】UFCでの日本人の勝利は、昨年8月の魅津希 来、実に10カ月ぶりとなる(C)Zuffa/UFC

27日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されたUFC ESPN12「Poirier vs Hooker」。UFC3戦目を迎えた佐藤天がジェイソン・ウッドから48秒TKO勝ちを収めた。

度重なる対戦相手の変更、会場で試合順の変更を聞かされてなお、佐藤は動揺も見せず最高のファイトをやってのけた。

試合から2日、フロリダに戻った翌朝の佐藤に大勝を振り返ってもらうと、48秒の試合タイム、それは佐藤の成長が凝縮された時間だったことが分かった。


──「おめでとうごます」、「お疲れ様でした」。どちらの声を掛けてほしいという気持ちでしょうか。

「アッハハハ。今は『お疲れ様でした』──ですかね。終わってみれば、そういう感じですね。試合前はそんな風には感じていなかったのですが」

──UFC Fight Passの中継開始時間になると、佐藤選手の試合がメインカードに変更という説明があり、驚かされました。

「僕もあと2試合、バンテージを巻いている時に試合順が変わるって聞かされたんです」

──えっ!!

「もう笑っちゃいましたね。でも、焦ることはなかったです。まぁ、セコンドのヘンリー(フーフト)とかもっと大きな舞台で色々と経験していてまるで動じていなかったですし。チーム全体で、まるで動揺はなかったです」

──私などひょっとすると、試合が飛ぶんじゃないかとドキドキしていました……。

「その可能性もあるとは思っていました。でも、ダメならダメでしょうがない。でも試合があることを考えて集中力を切らさないようにしていました。試合前に言っていた『人に依存しない、自分のやるべきことをやるだけ』を考えていた感じです。

あそこでアタフタすると、これまでやってきたことをふいにしてしまいますからね。それにこの短期間でオファーを受けた相手も、試合場に現れた時点でやる気の固まりですから。

そうですね……ウィットが来てくれて、試合ができたことに感謝しています。何とか試合に辿り着け、あの結果を残せたことは素直に嬉しいです。結構、練習してきたことが出せましたし。冷静に戦えて、結果論として早い段階に倒せた感じですね」

──対戦相手云々でなく、この間に積んできたことを出す。それはどのような戦いだったのでしょうか。

「基本的には自分の強みを生かした打撃、出入りをしっかりとして足を止めないことを考えていました。そしてレスリングになり、相手に入られても安全にスクランブルに持ち込もうと思って。とにかく足を止めないこと、それは去年の9月の敗戦後から練習でやってきたことでしたしね」

──最後は結果として秒殺KOでしたが、やろうとしていたことの過程であの結果に結びついた感じですか。開始後はジャブを見せていた感がありましたが。

「最初の方のジャブは届いていないです。1発目は早めのジャブで反応を見ました。相手は見えていなかったです。なので2回目は敢えて遅く、モーションをつけて打ったのですが、それでも反応しませんでした。

もう一つ当てないジャブを出して、4回目は顔に一度当てようと思って殴り、やはり反応していなかったです。もともと映像をチェックした時から、攻撃に反応できない選手だということは分かっていたのですが、最初の4発でそれを実際に確認した形でした」

──そして右ジャブから左ストレートでダウンを奪ったと。

「最後はワンツーではなくて、右ジャブを当ててから踏み込んで左ストレートを打ったんです。相手の動きを見て、半歩詰めて殴ることができましたね。

これまでも当たると思って距離や位置を考えて戦うことはできていたのですが、それよりも一歩進めた感じがしました。ジャブが当たると、相手の体はのけ反る。なら、そのまま打つとKOできるようなパンチを打ち抜けない。だから踏み込んでから殴りました。

もともと距離も自分の距離で、相手の反応を見て、さらに工夫できました。それ以前のジャブで確認したことを踏まえて、ジャブ、ステップ、左ストレートという流れで倒せたことは、自分で理解し臨機応変に動けたので、成長できたところかと思います」

──そこまで考えて動いた結果なのですね。

「戦っている最中の感覚と、あとから映像を視た時の感覚も全くギャップがなかったです」

──ダウン後もウィットが、起き上りながら組もうとした。あの時も無我夢中でなく、凄く冷静に切って殴り、サイドバックで抑えつつのパンチの連打で仕留め切りました。

「パンクラスで最後に戦ったマット・ベイル戦で、ダウンを取ってから足を掴まれてテイクダウンされじゃないですか?」

──「おいっ、そこは大切なところだろう!!」という(笑)。

「あの時のことを考えると、レスリングにも力をいれて調整できていたので、冷静に戦うことができましたね。試合直前にもレスリング・コーチが、これまでやってきたことを確認するような連絡をくれて。頭がクリアーな状況で試合に挑むことができました。

だからダウンを取ってからも一回離れてアッパーを入れて、サイドバックで相手の体を止めることができましたね。詰めの部分も、終らせにいっているのですが冷静に動けました。そいう意味でも、試合時間が短い割には収穫のある試合になりました」

<この項、続く>

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN12 ジェイソン・ウィット ブログ 佐藤天 未分類

【UFC ESPN12】ゴタゴタが続いた佐藤天、鬱憤晴らすような48秒KO勝ちで波乱の一週間を締める

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天(日本)
Def.1R0分48秒by TKO
ジェイソン・ウィット(米国)

左に回りながら右ジャブを伸ばした佐藤、ウィットは左ローを見せる。佐藤はウィットの前進に右ジャブを合わせつつ、ボディには左にサークリングし間合を取り直す。そして右ジャブから、左ストレートで早々にダウンを奪うと、シングルで立ち上がってきたウィットに首相撲&ヒザ蹴り、それでもシングルを仕掛けられると足を抜いて、左を入れる。すかさずサイドバックで抑えた佐藤が左の連打で秒殺TKO勝ちを決めた。

「英語で話すことをトライさせてください。凄く気持ちが良いです。最高のコーチ、最高のチームメイトの最高のトレーニングを毎日やってきました。勝てて嬉しいです。(対戦相手の交代は?)ノープロブレム。毎日、素晴らしい練習ができたので」と話した佐藤は、日本語で「KOを狙っていたので、自分の良い距離で練習してきたことが出せたかと思います」と言葉を続けた。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN12 ジェイソン・ウィット ダスティン・ポイエー ダン・フッカー ブログ 佐藤天

【UFC ESPN12】計量終了 拳でGo!! 佐藤天、5人目の対戦相手ウィットとフェイスオフ

【写真】通算5人目の対戦相手ウィットと対面する佐藤 (C)Zuffa/UFC

26日(金・現地時間)、27日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN12「Poirier vs Hooker」の計量が行われた。


真っ先に計量を済ませたが、メインでダン・フッカーと戦うダスティン・ポイエー。156ポンドで終え、全計量が終了後にファイスオフへ。やや近い距離で顔を尽き合わせた両者は、笑みをたたえたまま視線をずらすことはなかった。

タカシ・テン・サトーとコールされた佐藤天は170.5でパス、その佐藤と急遽戦うことになったジェイソン・ウィットも検査の結果ネガティブだったため、他の選手と同じ時間に計量を終えることとなった。ステアダウン後に小さく佐藤頷いた佐藤は、握手をすることも控えてステージを下りた。

なおミランダ・マーヴェリック✖ロメロ・ボレアは前者の負傷が原因でメディカルにパスせず、ボレアの出場もなくなり今大会は全10試合の構成となっている。

■UFC ESPN12計量結果

<ライト級/5分5R>
ダスティン・ポイエー: 156ポンド(70.76キロ)
ダン・フッカー: 156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガル: 170ポンド(77.11キロ)
マイク・ペリー: 171ポンド(77.56キロ)

<ヘビー級/5分3R>
モーリス・グリーン: 255ポンド(115.66キロ)
ジャン・ヴィランテ: 255ポンド(115.66キロ)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・アレン: 185.5ポンド(84.14キロ)
カイル・ダウカウス: 185.5ポンド(84.14キロ))

<ヘビー級/5分3R>
タナー・ボーザー: 235ポンド(106.59キロ)
フィリッピ・リンス: 234ポンド(106.14キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
ショーン・ウッドソン: 149ポンド(57.59キロ)
ジュリアン・エローサ: 149.5ポンド(67.81キロ)

<ライト級/5分3R>
ルイス・ペーニャ: 155ポンド(70.31キロ)
カーマ・ワーシー: 154.5ポンド(70.08キロ)

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天: 170.5ポンド(77.34キロ)
ジェイソン・ウィット: 171ポンド(77.56キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ: 115.5ポンド(52.38キロ)
ケイ・ハンセン: 115.5ポンド(52.38キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョーダン・グリフィン: 145ポンド(65.77キロ)
ユーゼフ・ザラル: 145.5ポンド(66.0キロ)

カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN12 ジェイソン・ウィット ブログ ラミズ・ブラヒメジ 佐藤天

【UFC ESPN12】withコロナのUFCでフラヒメジと対戦予定だった佐藤天─02─「自分がやるべき試合を」

【写真】このインタビュー後、対戦相手が代わることになる佐藤 (C)ON THE ROAD MANAGEMENT

27日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN12「Poirier vs Hooker」に出所する佐藤天インタビュー後編。

昨日インタビュー前編をお届けしたが、ご存知のように対戦予定だったラミズ・ブラヒメジのセコンドがPCR検査で陽性反応が出て、佐藤は4度目の対戦相手変更=ジェイソン・ウィットと戦うことになった。

ブラヒメジ戦がないことが確定した時点でコメントをくれたように、気持ちはこのインタビューを行った時と変わらないと言い切っていた佐藤。ここでは、ブラヒメジと戦うつもりで話していた──彼が今回の試合でやるべきことこそ、佐藤天の軸となる部分だ。

<佐藤天インタビューPart.01はコチラから>


──ウスマンが別の場所で練習を! それは意外ですね、ドゥリーニョがブラックジリアンズ時代の仲間だったブラジル人選手たちとやっていくのかと思っていました。

「そうですね、僕も詳しくは分かっていないのですが、ウスマンが別の場所でやっている。ただドゥリーニョがジムに練習に来ても、ヘンリーは中立を守るためにミットを持っていないです。きっとウスマンとドリーニョ、ヘンリーの間で取り決めがあるんでしょうね。まぁ、僕も心情的に複雑ですね。2人といつもよくしてくれるので。

他の選手も中立で、どちらを応援するとかはないようです。それでもヘンリーは僕らに対して、どれだけウスマンが練習しているのかっていう話しは続けています。強い選手ほど練習している、その例えがウスマンで。ドゥリーニョにしてもUFCのベルトが掛かってくるのだから、チームメイトにも挑戦したいというのは分かります」

──この同門の世界戦が佐藤選手の練習に何か影響を与えたのか、そこは気になっていました。

「それは大丈夫です。練習だけはしっかりとやってきました。この間、サンフォードMMAのコーチたちもUFCファイターだけでなく、他の大会に出ている選手に対しても『今はいつチャンスが巡って来るか分からない。いつでもいける準備をしておけ』って言っていて。実際に、2週間で仕上げられるよう体重は落としておくよう指示を受けていました。

この間、フロリダの選手は他の州の選手よりも練習ができる環境があるので、ここはチャンス──チャンスを掴もうという空気がジム全体にあったので、凄く良い練習ができました」

──そのようなかブラヒメジという選手は、対戦相手として視界は入ることはなかったと思います。

「ティム・ミーンズと戦うつもりだったときは、名前もある選手だし研究もしていました。ただし、すぐに契約書が届かなかった時には、『あっ、代わったな』という想いもありました。その時点で3人目の対戦相手だったし、変更にしても2度あることは3度あっても不思議じゃないので(笑)。

今の状況だと対戦相手が代わるとか、通常よりあり得ることですし。実際にチームメイトも試合の2日前に1階級上のクラスでオファーがありました。だから対戦相手が3度変わったことに動揺はないのですが、ブラヒメジ選手は試合映像がダイジェストぐらいしか残っていなくて、参考にできるようなモノはなかったですね」

──戦績からからも、極め切るファイターということは想像がつきます。

「そうですね。でも、どういう流れで極めているのか。力がありそうで、スピードもあるんだろうなっていうぐらいだけで、分からないところだらけです」

──対して佐藤選手が、昨年9月から積んできたモノのなかで一番見せたい部分はどこでしょうか。

「まずは勝つことが一番です。この期間はレスリングもそうですし、少人数で指導を受ける時間が増えたので技術的にも理解が進みました。カミ(バルジニ)やグレッグ(ジョーンズ)が、3、4人を細かく見てくれたのでレスリングは凄く伸びたと思います。コーチも『良くなった』と言ってくれているので、どれだけソレを試合で出すことができるか……ですね。

打撃に関してもそうですが……。レスリングが伸びたことで、途切れないように戦えることができると思います。間が途切れることなく、繋がって戦えるとMMAは優位に進められますね」

──打撃だけでなく、レスリングで距離が積められるようになるとクリンチから柔道的なテイクダウンもより有効になるということはありますか。それほど裸の柔道を理解している選手は北米といえども多いとは思えないのですが。

「う~ん、投げはやはり自分の武器ですし……そうしたいのですが、どうですかね。試合中にはレスリングの対応の合間に、柔道の投げが使えることも出てくると思います。払い腰とか、対応できない選手もいますしね。カミも柔道は僕の強みだと言ってくれますし、持っておきたい──大事にしている部分ですね」

──打撃、成長したレスリング、強みである柔道。極めの強い相手に、どう生かせるのか楽しみです。

「まぁ極めてくるというのは頭に入れて戦いますけど、何をしてくるのかは分からないので……、あまり相手に依存する戦いではなく、自分がやるべき試合をしたいです。

相手のことを考え過ぎずに、この試合に向けて準備してきた……やってきたことを出し勝ちたい。それを目標に練習してきたので、そうなって欲しいと思っています」

──では日本から早朝に応援してくれるファンに、一言お願いします。

「第3試合だから日本だと日曜日の朝の7時ぐらいになるのかと……。そうですね、このファンへ一言っていうの苦手で(苦笑)。えぇと……2月に試合が飛んでから、日本にいる時間も切り上げてフロリダに戻り、試合に勝つためだけに生活をしてきました。やってきたことを結果に結びつけて、応援してくれる方に喜んでもらえるよう頑張ります!!」

■UFC ESPN12対戦カード

<ライト級/5分5R>
ダスティン・ポイエー(米国)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガル(米国)
マイク・ペリー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・アレン(米国)
カイル・ダウカウス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
モーリス・グリーン(米国)
ジャン・ヴィランテ(米国)

<ライト級/5分3R>
ルイス・ペーニャ(米国)
カーマ・ワーシー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
タナー・ボーザー(カナダ)
フィリッピ・リンス(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
ロメロ・ボレラ(イタリア)
ミランダ・マーヴェリック(米国)

<150ポンド契約/5分3R>
ショーン・ウッドソン(米国)
カイル・ネルソン(カナダ)

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天(日本)
ジェイソン・ウィット(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョーダン・グリフィン(米国)
ユーゼフ・ザラル(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ(米国)
ケイ・ハンセン(米国)

カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN12 ジェイソン・ウィット ブログ ラミズ・ブラヒメジ 佐藤天

【UFC ESPN12】ブラヒメジのセコンドが陽性に。対戦相手変更の佐藤天「3度あることは4度ある(笑)」

【写真】今回の件は佐藤サイドには覚悟ができていたこともあり、ブラヒメジにとって気の毒な自体だ──が、今や誰にでも起こりうる出来事といえる(C)LFA

27日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN12「Poirier vs Hooker」に佐藤天と対戦予定だったラミズ・ブラヒメジのセコンドが新型コロナウィルスの検査で2度に渡り陽性になったため、土曜日の試合に出場不可能となった。

思わぬ──ことでもなく、『何が起こっても』という覚悟をもっていた佐藤に現在の心境を国際電話で尋ねた。


(電話が繋がると)「もしもし、お連れ様です。アハハハハハ」

──アハハハハ。もう笑うしかないですか。

「もう何が起きても、ビックリしないですね(笑)」

──もう、そう思うしかないですよね。

「持っているんだと思います(笑)。今はそういう流れで……。3度あることは4度ある──です」

──しかし、これで打ち止めにして欲しいですね。

「対戦相手が代わると思う……という連絡があった時には、チェックで陰性だったら戦うことになる代役選手の連絡もあって。すぐにニックさんと映像を視ました。だから、もう僕は相手が代わることは気にしていないです」

──例えば現状、これは佐藤選手に起こりえる事態ということですしね。

「そうなんですよ。まぁ、『ここに来てか』っていうことはありますが、事情が事情なので致し方ないですし。それこそ誰にでも起こりうることですからね。まぁ2月のニュージーランドの時のような相手の計量失敗とは違います。逆に対戦相手の方が気の毒ですよね。セコンドが陽性で試合をできないなんて、自分は現状は試合ができることになっていますから、もう笑っちゃうだけです」

──実は電話が繋がる前に佐藤選手に対し、笑い声だけは挙げないでおこうと思っていたのですが、我慢できなかったです(笑)。

「アハハハハ、いや、自分が先に笑っちゃっていましたからね(笑)。もう、昨日のインタビューのときに話させてもらったように『相手に依存はしていなくて、自分のやるべきことをやる』ということに何も変わりはないですから。

もう4度も相手が代わると、名前も覚えられないですね(笑)。なかなかない良い経験をさせてもらっています。100パーセント、ラミズ選手は無理なのは決まったことなので、自分は次の相手との試合に集中するだけです」

UFCもこの事態を受け、佐藤の代役はキャリア15勝5敗のジェイソン・ウィットになることを公式にアナウンス。検査の結果を待つために土曜日の計量にウィットは参加せず、陰性結果が出てから体重を測るることが発表されている。

■UFC ESPN12対戦カード

<ライト級/5分5R>
ダスティン・ポイエー(米国)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガル(米国)
マイク・ペリー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・アレン(米国)
カイル・ダウカウス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
モーリス・グリーン(米国)
ジャン・ヴィランテ(米国)

<ライト級/5分3R>
ルイス・ペーニャ(米国)
カーマ・ワーシー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
タナー・ボーザー(カナダ)
フィリッピ・リンス(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
ロメロ・ボレラ(イタリア)
ミランダ・マーヴェリック(米国)

<150ポンド契約/5分3R>
ショーン・ウッドソン(米国)
カイル・ネルソン(カナダ)

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天(日本)
ジェイソン・ウィット(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョーダン・グリフィン(米国)
ユーゼフ・ザラル(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ(米国)
ケイ・ハンセン(米国)