カテゴリー
DWTNCS S04 Ep04 Report UFC ジェイコブ・シルバ ジェフリー・モリーナ ブログ

【DWTNCS S04 Ep04】足を止めずの真っ向勝負。インパクトと精度でモリーナがシルバを破る

<フライ級/5分3R>
ジェフリー・モリーナ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジェイコブ・シルバ(米国)

前蹴りから右カーフを蹴ったモリーナ。続いて左ミドルから左ハイを見せる。続く右カーフをキャッチして転がしたシルバは、モリーナの立ち上がり際にパンチを纏めようとする。組んで胸を合わせたモリーナがケージに押し込むが、シルバはケンケン防御を駆使する。ウィザーでテイクダウン狙いを耐えたシルバは、再びローをキャッチ。今度は右を当てて倒す。ここも立ちあがったところで連打にいったシルバだが、モリーナがカウンターを当てる。再びクリンチとなり、間合意を取り直すとモリーナが左ヒザをボディに突き刺す。

左ミドルを蹴ったモリーナは、またも右ローに右パンチを合わされ尻もちをつく。すぐに立ち上がり、クリンチに持ち込んだモリーナがヒザを2発突き上げる。モリーナの空振りのエルボーから試合はオクタゴン中央に戻り、シルバがワンツーで前に出るところでモリーナの右フックでヒザをつかされ初回が終わった。

2R、構えを変えフェイクを交えるモリーナがリードジャブも、シルバが右ストレートを打ち込む。手数は決して少なくないが、勢いが落ちた感のあるモリーナに対し、シルバが圧力をかけ右を伸ばす。右ミドルを入れたシルバ、モリーナが右ジャブを連続で見せる。息が整ってきたようなモリーナが前蹴りやミドルで突き放し、さらに踏み込んでジャブを繰り出す。シルバは詰められなくなり、右フックから左ミドルを受ける。

シルバも右ミドル、右ストレートを打ち返し、左ローを連続で蹴っていく。残り40秒で左ハイが顔面に入ったシルバは動きが止まり、モリーナがクリンチからヒザを連続で突き上げラウンド終了に。

最終回、左ミドルハイを見せたモリーナに対し、シルバが左ジャブを伸ばす。再び左ハイを頭部に当てたモリーナが距離を詰める。クリンチから離れて右ストレートを繰り出すシルバが、ケージを蹴ってスーパーマンパンチも狙い過ぎだ。互いに同じリズムで踏み込んでパンチを打ち合う展開で、頭が当たりシルバにドクターチェックが入る。再開後、ワンツーで前に出るシウバ、スイッチしたモリーナが右ジャブ、さらに右ヒザを顔面に届かせる。

さらに左ハイを蹴っていったモリーナは、シルバのパンチを寸でのところでかわしていたが、左ジャブを被弾するとローにワンツーを合わされそうになる。ワンツーからスリー・フォーと続けたシルバの前進に、下がりながらジャブを当てるモリーナ。最後の10秒は明らかにシルバが攻勢に、試合終了と同時にダナ・ホワイトは立ち上がって拍手を送った。

結果は3-0でモリーナの判定勝ちに。手数は互角、クリーンヒットとインパクトで上回ったモリーナは「何千回と頭に描いていたことが現実になった。初回にミドルを蹴った時に足を怪我したと感じた。いつもフィニッシュを狙っている。キック時代からそうだった。それがファンもダナ・ホワイトも見たいスタイルのはずだ。フライ級の活動が再開して嬉しかった。世界チャンピオンになるよ」と涙を浮かべて話した。