カテゴリー
Brave CF42 other MMA Report ショーン・センテーラ ブログ ホゼ・トーレス

【Brave CF42】センテーラがカニバサミ→内ヒール、バックマウント奪取で猛反撃のトーレスとドロー

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
ショーン・センテーラ(米国)
Draw.1-0:29-28.28-28.28-28
ホゼ・トーレス(米国)

センテーラが右ロー、トーレスがローを返すとダブルレッグへ、尻もちをついたトーレスが立ち上がり、センテーラは引き込んでガードを取る。ケージ際で腰を切ったセンテーラに対し、腕を抜いたトーレスが立ち上がる。と、センテーラはカニバサミからサドルを取って内ヒールをセットする。

蹴ってきた右を取りつつ、もう一度センテーラは内ヒールへ。さらにクロスヒールに切り替える。上体を起こしてボディを殴るトーレスに対し、センテーラは時間を確認して余った左手で下から殴っていく。体を捻り足を抜いたトーレスの背中に飛び乗ったセンテーラはスタンドで四の字フック&RNCを狙う。鼻の上から絞めを狙い、ワキ腹を殴るセンテーラは足関節も絞めも極めきることはできなかったが、初回を取った。

2R、前に出るトーレスと左右に回るセンテーラ。センテーラはシングルに出るが、潰したトーレスがパンチを連続で落とす。耐えてワキを潜ったセンテーラが一気にバックに回り両足をフックする。後方からエルボーを打ち、絞めの機会をセンテーラが伺う。トーレスは後方にパンチを入れケージを蹴るが胸を合わせることができない。

一旦、足を払われてフックが外れたセンテーラだが、すぐに組み直しアゴの上からRNCへ。外したトーレスは胸を合わせて上を取ると、スタンドへ戻る。左ミドルから組みつき、引き込んだセンテーラは両ワキを差してクローズドへ。上体を起こしたトーレスがエルボーを打ちつける。ここからトーレスが立ち上がるも、センテーラは背中を譲って前転しガードを取る。残り10秒を切り、センテーラは浴びせ蹴りでカカトを当てていく。カカト落としでボディを狙ったトーレスは、姿勢を乱し蹴り上げを受けてラウンド終了となった。

最終回、カニバサミを突き放したトーレスは、組んで引き込んでくるセンテーラに付き合わない。素早いジャブ、右アッパーを被弾したセンテーラが引き込む。トーレスは腕十字を防ぎスタンドへ。すぐに組んで引き込んでくるセンテーラはハーフを取るが、トーレスがボディにパンチを連打する。腰を切られると、トーレスはすぐにヒジを張って十字を防ぐ。さらにセンテーラの足を払って鉄槌を落とすトーレスは、シングルをスプロールしてパンチを続ける。

亀で左足を掴むセンテーラにパンチを続け、ガードを取ると立ち上がるトーレス。残り90秒、センテーラはここも組んでバックを許し、左のパンチを連打される。圧倒的なラウンドとしているが、ビッグラウンドでドローという状況のなかトーレスがワキ腹にヒザを入れる。センテーラがガードを取ると、立ち上がり最後は圧倒的な打撃のプレッシャーを掛けたトーレス──最後の5分で追いつくことはできたか。

結果、ジャッジ2人が28-28をつけトーナメント初戦はドローという結果になった。試合後のインタビューでトーレスは「センテーラは今日見せたように素晴らしいグラウンドファイターだ。僕は負けるわけにはいかないからタップはしなかった。3Rはとにかくプッシュした。もう一度、中東にやってきて米国人同士がリマッチするよ」と話した。

「1Rと2Rと取って、3Rはそこまでダメージはなかったけど残念だ。取れるときに取らないダメだね。僕は足関節ファイターじゃないけどね……殿下の誕生祝いに良い試合ができて良かった」とセンテーラは語った。


The post 【Brave CF42】センテーラがカニバサミ→内ヒール、バックマウント奪取で猛反撃のトーレスとドロー first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF42 News other MMA ショーン・センテーラ ダーヴィド・ヤーコブソン フラービオ・ケイロス ブログ ホゼ・トーレス マチェク・ギエルシェウスキー ロランド・ディ ヴィリムラット・アルカソフ

【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目

【写真】センテーラ✖トーレス、北米フィーダーショーのタイトル戦以上のマッチアップだ(C)BRAVE CF

23日(水・現地時間)、24日(木・同)にバーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBrave CF42の計量が行われた。

コンバット・キングダム・シリーズ02メインとセミで、フライ級第3の核になる可能性すらあるBrave CFフライ級王座決定トーナメント準々決勝が組まれている。


バーレーン王国と王室とも関わりのあるIMMAF世界大会を2連覇した元祖IMMAF上がりのワールドクラスファイターといっても過言でないジョセ・トーレスは、米国フライ級のパイオニア=ショーン・センテーラは、セミで組まれたもう1つの準々決勝で戦うフラービオ・ケイロス、ヴェリムアド・アルカソフと揃って問題なく計量をパス。トーレスとセンテーラは言葉を発することなくフェイスオフを終えている。

今大会はコロナ禍中断から活動再開後のルーマニア&スウェーデンの6大会で飛躍のきっかけを掴んだ2人のファイターが出場するのも注目だ。

8月に8日と24日、16日でキャリア7勝目と8勝目を挙げたヤーコブソンは本来ライト級だが、スクランブル発進ということもあり先のスウェーデン2連戦では74キロキャッチウェイト、そしてウェルター級で出場し、今回はブレイブ特有のスーパーウェルター級=80キロでイブラヒム・マネと戦うこととなった。

ウェルラウンダーながら、左ミドルでKO勝ちもしているヤーコブソンがEFCやBellatorではミドル級で戦っていたマネに体力負けしないかは気になるところだ。

そのヤーコブソンがライト級として対戦を要求していたマチェク・ギエルシェウスキーは、ロランド・ディと対戦する。英国は北アイルランド在住のポリッシュ・ストライカーのギエルシェウスキーは寝技に課題が残るがゆえレコードも綺麗ではない。

それゆえに強引な組みや寝技へのトライで良さを失っていたディが、打撃勝負でいけば手があう。逆にMMAとして総合力勝負をしたときに、穴を広げずに戦った者が勝利に近づくだろう。

■視聴方法(予定)
9月25日(金・日本時間)、
午前1時00分~ FITE

■Brave CF42計量結果

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
ホゼ・トーレス:56.8キロ
ショーン・センテーラ:56.9キロ

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
フラービオ・ケイロス:56.9キロ
ヴェリムアド・アルカソフ:56.8キロ

<バンタム級/5分3R>
ハムザ・コヘジ:63.0キロ
エイデン・ジェイムス:62.7キロ

<スーパーウェルター級/5分3R>
ダーヴィド・ヤーコブソン:79.5キロ
イブラヒム・マネ:79.2キロ

<ライト級/5分3R>
ロランド・ディ:70.7キロ
マチェク・ギエルシェウスキー:70.5キロ

<アマチュア・フェザー級/3分3R>
アリ・ヤコブ:65.7キロ
アリーズ・アフメッド:66.0キロ

The post 【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目 first appeared on MMAPLANET.