カテゴリー
DWTNCS S04 Ep03 Report UFC オライアン・コウシー シャイアン・ベイス ジョシュ・パリジャン ブログ ルイス・コウシー

【DWTNCS S04 Ep03】右オーバーハンド一閃、ルイス・コーシーが兄オライアンら4名とUFCへ

<ウェルター級/5分3R>
ルイス・コウシー(米国)
Def.1R1分12秒by TKO
ビクター・レイナ(米国)

コウシー弟=ルイスが、いきなりラッシュをかける。クリンチのレイナに対し、離れてハイキックからパンチを纏めるコウシーは踏み込んで左を当てる。カウンター狙いのレイナだが、コウシーのステップインと同時に左オーバーハンドを打ち抜かれる。右のカウンターは宙を泳ぎ、ダウン。サイドバックからパウンド連打コウシーが兄弟揃ってTKO勝ちを決めた。

「兄の勝利はプレッシャーにはならなかった。タフな相手に勝ってエキサイトしたよ。まずKOを狙う。良いパンチだったよ。俺たちは2人揃って7連勝で7試合連続でフィニッシュしている。契約できないわけがない」と勝者は笑みを見せた。

先週は5人の勝者が契約となったが、ダナの判断は──。

ダナ・ホワイト
「クロスは10勝0敗の相手に勝ったけど、今日のデキは素晴らしくはなかった。UFCで戦うことは先になる。ジョシュも戦ってもらうよ、UFCで。コウシーは、まだ時間が残っているのにタッチグローブをした。UFCで戦おうとしているのに時間を気にしたんだ。でも最終回があって彼は本当に幸運だったよ。2R終了時点で、2人とも終わったと思っていた。でお3Rにあの勝ち方だ。私が間違っているとことを教えてくれた。こっちに来い、でのあんなこと2度とするなよ。

シャイアン、打撃は信じられないぐらい良くて、グラウンドも素晴らしい。彼女は維持が悪くて、下品で、生意気でまだこれからのベイビーだ。でも凄く気に入った。PIで面倒を見て、何試合かさせないと。Get a Fuck’n over here!!(笑)。

レイナはKO負けをしたことがなかった。ケビン・ホランド、ダニエル・ロドリゲスと戦っても。コウシーの問題はただ一つ、80秒……1分12秒で勝ってまだ見せていないことが多い。これは大きな問題だ(笑)。おめでとう、UFC入りだ」

ジョシュ・パリジャン、シャイアン・ベイス、オライアン&ルイスのコウシー兄弟がUFCと契約を果たした。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep03 Report UFC シャイアン・ベイス ブログ

【DWTNCS S04 Ep03】蹴って、殴って、倒してコントロール。シャイアン・ベイスがローズに完勝

<女子ストロー級/5分3R>
シャイアン・ベイス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ヒラリー・ローズ(米国)

バイスの右ローに対し、ショートのコンビを打っていくローズ。近い距離でパンチを連打で迎え撃ったベイスが前蹴りを見せる。クリンチからローズが飛びつき十字へ、スラムで腕を抜いたバイスは試合がスタンドに戻ると組んでケージに押し込む。ローズが左を差してテイクダウンを狙うがベイスはトップをキープし左のパンチを落として立ち上がる。左にワンツーを返すローズが、左ミドルハイ。ベイスはワンツーで前に出て、組まれると首相撲&ヒザを突き上げる。

ここでベイスは離れて、ローに右から左を打ちこむ。前蹴りで下がらせ、腹を殴ったベイスが右ストレートを当て、ダブルレッグをスプロールする。がぶってバックに回ったベイス、引き込んだローズがハーフガードを取る。ローズはヒジを張って肩固めを防ぐが、バイスはパスからマウントを狙う。ここで足を入れられたベイスはスタンドに戻り、パンチを真っ向から打ち合い時間に。

2R、ワンツーで前に出るベイスが、右ロー。ローズの右ローにワンツーを合わせる。スイッチの左の蹴りを見せたベイスがケージにローズを押し込む。右ローを入れたローズだが、ケージに押し込まれた状態が続く。ヒザを腹に入れ、パンチをまとめたベイスがケージに押し込んだままでエルボー。右目じりをカットしたローズが体を入れ替えるも、すぐに押し返したベイスが離れてパンチ、組んでヒザを狙う。

ローズは右ローにまたもカウンターを合わされ、続いてワンツーで顔面を打たれる。左ローにもカウンターを決めたベイスは、強い右を打ち込む。クリンチでケージに押し込んだローズに対し、回ってヒザを入れたベイスは足払いにもトップをキープしてバックへ。両足をフックしてパンチを打ちつけ時間を迎えた。

最終回、ローズがワンツーを見せてエルボーを狙う。ベイスは前蹴りに右を当てボディから左フックを狙う。ボディと顔面のコンビを再び決めたベイスが、クリンチ→壁へ。ダブルアンダーフックのベイスはヒザ、ヒジを打って離れる。ベイスは右オーバーハンドを決め、組むとバックへ。ローズは胸を合わせるが、ケージに押し込まれて時間が過ぎる。

残り2分、エルボーからパンチをまとめたベイスは、ローズのダブルレッグを切ってバックに回る。ワンフックでネルソン、前方に落とされそうになって背中に付き続けスタンドへ。ローズは後方へのエルボー、胸を合わせる。ベイスはエルボー、足を止めての打ち合いで試合を纏めフルマークの判定勝ちを決めた。

「私はUFCで戦えると示したわってダナに伝えたの。彼女は茶色の柔術家だけで、彼女が何をしてきても負けるわけにはいかなかった。そしてやり切れて、凄くハッピーだよ。JPは先週試合ができなかったけど、ベイスの名前の下で戦った。彼は私と同じことできるギャングスタ―よ」とバイスは勝利を振り返った。