カテゴリー
Report UFC UFC ESPN13 コディー・ステーマン ジミー・リベラ ブログ

【UFC ESPN13】ステーマンの圧力をすかし、吸収するリベラが3-0で快勝

<フェザー級/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
コディ・ステーマン(米国)

注目のバンタム級ファイターによるフェザー級戦。リベラが強烈な右ローを蹴り、ステーマンが右フックを入れる。ステーマンはスイッチし、足を使う。ボディを入れて組んだリベラがバックに回るが、すぐに間合を取り直す。と、ローをキャッチして倒したステーマンはリベラの立ち上がり際にパンチを打っていく。

と、続くステーマンの右ローをキャッチしたリベラが右を打ち込んで倒す。すぐに立ち上がり、続くリベラのテイクダウン狙いには姿勢を乱した状態からステーマンが向き返りダブルレッグへ。バックに回ったステーマンだが、レフェリーがブレイクを命じ不満げ表情を浮かべた。左フックで前に出たステーマンに右をカウンターで入れたリベラが、初回を取ったか。

2R、左を伸ばして組んだステーマンは、バックに回り前方にリベラを崩しに掛かる。ケージに頭をつけて粘るリベラはキムラクラッチからウィザー、胸を合わせて体を入れ替える。そのままダブルレッグに成功したリベラはスクランブルでバックを狙いつつ、左のパンチを連打する。ステーマンは胸を合わすと、シングルを切って右腕を差し返す。

ここでケージに押し返したステーマンがボディへヒザを突き刺す。回り、左フックを打ちつつ離れたリベラが左フックを振るう。ステーマンは左ローも、リベラは右ボディストレートを返す。さらに右ローを蹴ったリベラに対し、ステーマンがワンツーを打つがタイミングが合わない。リベラは残り30秒で左フック、ステーマンが左ジャブを打ち込む。ステーマンの跳びヒザに左フック、着地後にも左のショートをリベラが当てた。

最終回、ステーマンのステップインに左ショートを合わせるリベラは、ダブルレッグでケージに詰められても巧妙に金網を使って脱力、力を使わないように体を入れ替える。リベラがパンチを見せて離れた時には、2分を経過していた。ステーマンはブライアン・ケレハーを40日前に破った時のキレはなく、ローを2発蹴られてからのダブルレッグも決めきることができない。

巧くステーマンの力を吸収したような受けを見せるリベラはギロチンへ。シングルに拘るステーマンは時間を使ってしまう。残り1分を切り離れた両者、打撃戦はリベラが手数で上回る。ステーマンはここに来て間合を外し、右を当てるも直後にリベラが右を返してタイムアップに。

終始、ステーマンを包み込むように自らのペースで戦ったリベラが3-0の判定勝ちした。


カテゴリー
Preview UFC UFC ESPN13 コディー・ステーマン ジミー・リベラ ブログ

【UFC ESPN13】コロナからの帰還=ジミー・リベラが、ステーマンとバンタム級トップ対決をフェザー級で

【写真】バンタム級での計量と比較すると、やはり大きく感じられるリベラ(C)Zuffa/UFC

明日16日(木・現地時間)の未明に戦いの火ぶたが切って落とされるUFC ESPN13「Kattar vs Ige」ではUFCでも最も層が厚いといっても過言でないバンタム級のトップランカー対決がフェザー級の体重で組まれている。

6月6日に150ポンド契約マッチでブライアン・ケレハーを破ったばかりのコディー・ステーマンとジミー・リベラの両者は、本来8月に当然のようにバンタム級で戦うことが決まっていた。しかし、ペドロ・ムニョスの新型コロナウィルス感染が分かり、今大会で組まれていたフランキー・エドガー戦が消滅。


今大会はムニョス✖エドガー以外にもコロナ関連を合わせて5試合が中止となるなか、両者は先週の月曜日に今大会で戦うオファーを受け、火曜日に了承。木曜日にはラスベガス経由でアブダビ=ファイトアイランドへ向かった。

ステーマンも相当デカい(C)Zuffa/UFC

当然、調整の時間はなくフェザー級で戦うこととなったわけだ。

この試合、メディアから特に注目されたのはリベラが3月にウィルスの陽性だったことが分かり、2週間の隔離を経験しているコロナの帰還者である点だ。「体調が悪かったのは最初の3日間、凄い倦怠感があったけど4日目からは快方に向かった」とバーチャル・メディアデーでリベラは記者に語っている。

その後はロックダウンの影響もあり、ランニングやウェイトなど個人で調整する時間が殆どだったことをリベラは明かしてもいる。ステーマンとのファイトに関しては「とにかくケージにずっと詰めあうような試合はしたくない」としているが、それはステーマンのレスリング力と自らのスタミナを考えての発言のようにも取れる。

一方のステーマンは前述したよう40日前にケレハーを破った時には、最終回こそ疲れが見えたがレスリングを封印したかのように打撃で揺さぶり、力を使わずニータップでテイクダウンという合気MMAを披露していた。

バーチャル・メディアデーでは「ジミーはブライアンよりテクニカルで爆発力があると思う」とその印象を話しているステーマン。互いに対戦相手のことは既に意識していただろうが、準備をする時間はほぼなかった。そのような状況下で、40日のインターバルのステーマンがこの間にどのように過ごしてきたか。「旅はクレイジーだったけど、練習は変わりなくなっていた」と言うステーマンとリベラ、どれだけコンディションに差があるのかが勝負の鍵を握ってくることは目違いない。

現状のコンディションと、地力勝負。リベラの踏み込みという同時に当たるパンチに対し、ステーマンは打撃で対抗できるのか。それともレスリング勝負を仕掛けるのか。実際に両者がオクタゴンの中で動き出すまで、予想のしようがない一戦といえる。

■UFC ESPN13計量結果

<フェザー級/5分5R>
カルヴィン・ケイター: 146ポンド(66.22キロ)
ダン・イゲ: 145ポンド(65.77キロ)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット: 125ポンド(56.7キロ)
ライアン・ベノイト: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジミー・リベラ: 145ポンド(65.77キロ)
コディー・ステーマン: 145ポンド(65.77キロ)

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マッキャン: 125ポンド(56.7キロ)
タイラ・サントス: 125ポンド(56.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アブドゥル・ラザク: 174ポンド(78.92キロ)
ムニール・ラゼス: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョン・フィリップス: 186ポンド(84.37キロ)
カムザット・チマエフ: 186ポンド(84.37キロ)

<フェザー級/5分3R>
ヒカルド・ハモス: 145ポンド(65.77キロ)
レローン・マーフィー: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
モデスタス・ブカウスカス: 205ポンド(92.99キロ)
アンドレアス・メケイリディス: 206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャレッド・ゴードン: 145ポンド(65.77キロ)
クリス・フィッシュゴールド: 149ポンド(57.59キロ)

<女子フライ級/5分3R>
リアナ・ジョフア: 126ポンド(57.15キロ)
ディアナ・ベルビシャ: 125ポンド(56.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
アーロン・フィリップス(米国)
ジャック・ショア: 136ポンド: 135ポンド(61.24キロ))

<ライトヘビー級/5分3R>
ホルヘ・ゴンザレス: 205ポンド(92.99キロ)
ケネス・バーリ:──

カテゴリー
News UFC UFC ESPN13 カルヴィン・ケイター コディー・ステーマン ジミー・リベラ ダン・イゲ ティム・エリオット ヒカルド・ハモス ブログ

【UFC ESPN13】対戦カード ファイトアイランド発UFC欧州&中東合同イベントに気になる新顔?ズラリ

【写真】Brave CFからチュニジア人、スウェーデン人ファイターが。スペリオール・チャレンジからはノルウェー人選手、Titan FCからUFCにステップするギリシャ人選手はケージウォリアーズ出身のリトアニア人選手と対戦──そんな大会にティム・エリオットは5月30日にブランドン・ロイヴァルと戦ったばかりのティム・エリオットが出場する(C)Zuffa/UFC

2020年6月16日(木・現地時間)
UFC ESPN13「Kattar vs Ige」
UAE アブダビ
UFC Fight Island

■視聴方法(予定)
7月16日(木・日本時間)
午前8時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<フェザー級/5分5R>
カルヴィン・ケイター(米国)
ダン・イゲ(米国)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット(米国)
ライアン・ベノイト(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
コディ・ステーマン(米国)

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マクマン(英国)
タイラ・サントス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
アブドゥル・ラザク(米国)
ムニール・ラジズ(チュニジア)

<ミドル級/5分3R>
ジョン・フィリップス(英国)
カムザット・チマエフ(スウェーデン)

<バンタム級/5分3R>
ヒカルド・ハモス(ブラジル)
レローン・マーフィー(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
モデスタス・ブカウスカス(リトアニア)
アンドレアス・メケイリディス(ギリシャ)

<フェザー級/5分3R>
ジャレッド・ゴードン(英国)
クリス・フィッシュゴールド(米国)

<女子フライ級/5分3R>
リアナ・ジョフア(ジョージア)
ディアナ・ベルビシャ(ルーマニア)

<バンタム級/5分3R>
アーロン・フィリップス(米国)
ジャック・ショア(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ホルヘ・ゴンザレス(メキシコ)
ケネス・バーリ(ノルウェー)

カテゴリー
Interview Special UFC UFC250 コディー・ステーマン ブライアン・ケレハー ブログ 岡田遼

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─05─コディ・ステーマン✖ブライアン・ケレハー

【写真】とてもテイクダウンが強烈に強いようには見えなかったケレハー戦のステーマン (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼が語りたいUFCプレリミマッチ。

第5回からは6日(土・現地時間)のUFC250で行われた140ポンド契約マッチ=コディ・ステーマン✖ブライアン・ケレハー戦について話してもらった。


──過去1カ月、岡田選手が気になるプレリミ3試合目は?

「ステーマンとケレハーの試合が、この1カ月のプレリミで一番でしたね。いや……ステーマン、あの人ってレスラーなんですよね?」

──NCAAのD-2レスラーですね。でも、高校の時からボクシングもやっていてMMAはダロン・クルックシャンの下で習い、昨年からエクストリーム・クートゥアーの所属になっています。なんでもボクシングでもプロの経験があるようです。

「そうなんですか……。この試合でも解説が良いレスラーって話しているのに、全然レスリングなんてしていなくて。アレックス・ペレスもそうでしたけどね。ステーマンは正面から打撃を使って、スイッチをしてボディにもパンチを散らすことができていました。でも、蹴りも強力で完成度の高いストライカーでしたよ。アッハハハハハ。笑っちゃいますよね」

──ワンツーだけでなく、スリーまで出せる選手かと思いました。

「あの軸の強さは……3つ目に関して普通は、僕だったら体がブレブレになってしまうと思います」

──ソン・ヤードンと戦った時は、テイクダウンを5、6回決めてバックも制し、さらに蹴り上げの反則があったのにドローという意味不明な判定でした。とにかく、あの試合ではレスリング全開で戦っていました。

「なのに打撃があれだけ強い、と。ケレハー戦のテイクダウンは打撃で支配しておいてニータップだとか、本当にローエナジー、疲れないレスリングをしていましたね。楽に倒していました。

ATTで練習していた時に思ったのですが、日本ではレスリングって一番しんどいことをやるというイメージを皆が持っていると思います。でも、米国の連中はそんな気持ちではないですね。サァーって倒して。全体練習の時もマイク・ブラウンは、力を使わずテイクダウンするようにと口を酸っぱくして言っていたんです。

一生懸命頑張り過ぎないでテイクダウンできるような打ち込みもやりました。テイクダウンで疲れるなということは皆の共通項でした」

──例えばレスリングの試合で実力が拮抗している者と戦い、そんな風にエネルギーを使わず戦えるのは、もう達人かと思います。ただ、打撃もあるMMAではより可能になるのかもしれないですね。

「そうですよね。絶対に倒す必要がなく、倒せなくても打撃に自信があれば、打撃でやりあえば良いですし。ATTで経験してきたのも、そこでした。レスラーが決してレスリングありきではない。

打撃ありきだから、崩れたところでそのレスリング能力が生かせている。ステーマンもそうですよね。蹴り足をキャッチして、テイクダウンを取っていますし。押せば倒れる……一番疲れないことをしていました。なので無駄に自分のスタミナをロスしないで戦うことができる。

ただし、そういう試合をするためには打撃で優位に立つ必要があります。しっかりとストライキングの技術があることで、レスリングが生きていました」

──そして3Rは最初にテイクダウンを奪うと、グラウンドにもいかずスタンドで待ちのファイトをし、最後はテイクダウンを仕掛けてきたケレハーに対しギロチンで迎え撃って、時間を使っていました。

「巧かったです。1Rと2Rは打撃でしっかりと試合をリードして、最終回は時間を使う。ラウンド毎に戦い方を変えて、本当に考えて試合をしていると思います。同じバンタム級の選手ですし、凄く面白かったです。

でもアルジャメイン・ステーリングとやった時は、ここまでの完成度は高くなくてバックとられて負けているんですよね」

──あっ、スロエフ・ストレッチで!

「ホント、ステーマンにあんな技で勝って、サンドハーゲンは最初のテイクダウンでRNCを極めてしまうって……どんだけアルジャメインは強いだって話ですよね(笑)」

カテゴリー
Report UFC UFC250 コディー・ステーマン ブライアン・ケレハー ブログ

【UFC250】10日前に弟を失くしたコディー・ステーマンが、ブライアン・ケレハーから涙の完勝劇

<フェザー級/5分3R>
コディー・ステーマン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ブライアン・ケレハー(米国)

ワンツーからミドルを蹴るケレハー。ワンツーで迎え撃つステーマン。ローを蹴り合い、ケレハーが左ハイ。ステーマンが左フックを返す。ローにワンツーを合わせるステーマン、ケレハーはアングルを変えてフックを狙う。低く沈んでワンツーを繰り出すステーマンは、テイクダウンへの布石か。スイッチを織り交ぜるケレハーに対し、ステーマンはステップインから左ハイ、蹴り足をキャッチして倒すとシングルに来たところでパンチを纏める。

ボディを入れたステーマンは、ケレハーの前進に回転数の早いパンチを返す。右オーバーハンドのケレハー、近い距離で優位に立てず通り距離から左右のローを蹴っていく。そのケレハーのワンツーをしっかりと見て上半身の動きでかわしたステーマンが初回を取ったか。

2R、左ストレート、左ハイを繰り出すステーマン。ケレハーがシングルに出ると、ケージを背にしてパンチを打っていく。肩に乗ってシングルを潰したステーマンがエルボーを狙う。離れたケレハーはローを蹴り、ステーマンはスイッチして蹴りのフェイク。そしてワンツーで前に出る。左ジャブから右ボディを被弾してなおケレハーも、前に出て状況を打開しようと試みる。

それでもステーマンがジャブ、右ストレート、左オーバーハンドと攻勢に出る。ステーマンがアイポークを気にして、パンチを纏められそうになる。レフェリーは試合を流し、ケレハーはエルボーを当てる。直後にダブルレッグでテイクダウンを奪ったステーマンがガードの中で息を整える。左の鉄槌を下から当て、立ち上がったケレハーをケージに押し込んだステーマンが最後に後ろ回し蹴りを見せた。

2R、肩を押し、カカトを引いてテイクダウンを奪ったステーマン。スタンドで待ち受け、ケレハーのシングルを切る。左ジャブを当て、左ミドルを蹴られるとスイッチし追撃は受けない。ボディからスピニンングバックフィストを繰り出したケレハーだが、ステーマンはここも見ている。蹴り足を取ってバランスを崩させるステーマンは、残り半分でケレハーのフックを被弾する。

サークリングで間合を取りなおしたステーマンは、クリンチで時間を使い離れ際に右を伸ばす。ケレハーもボディ、アッパーを伸ばしステーマンをケージに詰めるシーンを創る。ステーマンはニータップを見せるが、ここは守りが気持ちで出ているか。動きが緩慢になったステーマンに対し、ケレハーはテイクダウンに出てしまう。ギロチンで動きを固定し時間の経過を待ったステーマンが、しっかりと3Rを戦い切った。

5月27日に18歳の弟を亡くしているステーマンは、裁定を訊く前から涙を浮かべてフルマークの判定勝ちを告げられた。「本当に僕にとっても、家族にとってもハードな時間だった。素晴らしい人々が僕の回りにいて、助けてくれた」と話し、今後はバンタム級に戻ることを明言した。