カテゴリー
Interview UFC ケビン・クルーム ブログ ルーズベルト・ロバーツ 岡田遼

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─13─クルーム✖ロバーツ「クルームは修斗で戦っています」

【写真】執念の一本勝ちに岡田は何を想ったか (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼が岡田遼の語りたいUFCプレリミマッチ。

第13回は9月12日(土・現地時間)のUFN177で行われたライト級戦=ケビン・クルーム✖ルーズベルト・ロバーツ戦について話してもらった。


──過去1カ月、岡田選手が気になったUFCプレリミ1試合目は?

「ケビン・クルーム✖ルーズベルト・ロバーツです」

──また、なぜこの試合を?

「この試合を選んだ理由は1つだけで、ケビン・クルームって修斗で戦ったことがあるからなんです」

──そうだったのですか!? まるで記憶にないです。さすが学士シューターだけあって記憶力も抜群ですね。

「いえ、彼が安藤達也と戦った大会のメインで僕は石橋(佳大)選手と環太平洋王座を賭けて戦って負けているんです(※2016年11月12日)。その日に安藤達也がクルームに一本勝ちしていたから、記憶に残っていて。覚えていないですか?」

──いやぁ、申し訳ですが……まるで覚えていないです。安藤達也✖ケビン・クルームが組まれ、安藤選手が勝っていると。

「ハイ。2RにRNCを極めて。でも序盤戦のクルームは強かったです。控室のモニターで試合を見ていて、『強いガン黒人だな』って思ったのを覚えています。安藤からテイクダウンも奪っていますからね。最後はパンチをもらってバックチョークで負けたんですけど。それはまではクルームが攻勢でした」

──負けたので再来日もなかったのですが、きっと柏木さんの仕事ですね。良い外国人選手を呼んでいたと。

「そうですね、僕もクルームが修斗に来たあとにどうなったのか気にしていなかったですが、改めてチェックすると日本に来る前からTitan FCやAlash PRIDE、FNGとかで戦っていたんです」

──なんと!! カザフスタンやロシアで試合をしていたのですね。

「安藤戦のあともLFAやBellatorでも戦っていました」

──コロナ禍にあるからこその契約かと思いますが、しっかりとキャリアを積み続けていたからこそだったのですね。

「もともとは8月のUFCで代役出場の機会を得て契約できたみたいです。でも、ラスベガスに行ったけど試合はなくなっていた。それから2週後の大会で試合をしたんです」

──なんともタフですね。

「8月にFCAって団体のチャンピオンになって、そこでUFCのオファーを貰ったけど、流れて。2週間ぐらいで試合をした。相手のルーズベルトもジム・ミラーには負けましたが、UFCで4勝1敗だった選手ですからね。本当にタフです」

──安藤選手がフェザー級の時に試合をしていて、今回はライト級での出場を飲んだということですね。

「だから、この試合でもかなりの身長差がありましたよね。急に決まった試合で、本来の階級でもないのに出て……ワンチャンスをモノにするんだっていう気迫がすさまじかったです。T-REXっていうギロチンの極めたとき、あれは執念が伝わってきて素晴らしかったです」

──2週間のショートノーティス、階級上。でも、やるしかないですよね。特にコロナ禍にあって、従来よりチャンスは広がっているわけですし。

「そうですよね……羨ましいです。僕も同じ階級でクルームぐらいの力の選手なら勝てると思っています。ただし、2つ上のライト級でオファーがあったらビビッてしまうでしょうね。それでもUFCで戦えるなら飛びつくでしょうけど……1階級上なら、当然やります」

The post 【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─13─クルーム✖ロバーツ「クルームは修斗で戦っています」 first appeared on MMAPLANET.