カテゴリー
LFA86 other MMA Report グレッグ・フィッシャー ブログ

【LFA86】新LFAフライ級チャンプはジミー・フリックに。秒殺・肩固めでグレッグ・フィッシャーを破る

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
ジミー・フリック(米国)
Def.1R0分38秒by 肩固め
グレッグ・フィッシャー(米国)

低い姿勢でジャブを見せるフィッシャーに対し、フリックは右ローからダブルレッグへ。頭を押して耐えるフィッシャーだが、フィリックはダックアンダーからダブルで倒す。すぐに起き上ったフィッシャーに絡みつくようにフリックはスタンドで肩固めをセットして引き込む。フリックはそのままの勢いでトップを取ると、、直後にフィッシャーがタップ──大興奮、絶叫を続けるフリックの腰にLFAフライ級のベルトが巻かれた。


カテゴリー
LFA86 News other MMA アルトゥル・エストラズラス グレッグ・フィッシャー ジミー・フリック ドミニク・クラーク ブログ

【LFA86】計量終了 サンフォードペンタゴン4連戦、第3弾はフライ級王座決定戦=フィッシャー✖フリック

【写真】これが今の米国世論か。計量では完全にマクス着用となっている。メインで戦うフィッシャー(右)とフリックも当然のようにソレに倣っている (C)LFA

LFAの7月4連戦も後半戦へ。23日(木・現地時間)、24日(金・同)にサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンで開催されるLFA86「Fischer vs Flick」の計量が行われた。

フェザー級、女子ストロー級に続き、今回はブランドン・ロイヴァルが返上したフライ級のベルトを賭けて、グレッグ・フィッシャーとジミー・フリックが戦う一戦がメインで組まれている。

前回大会まではコロナウィルスの陽性者が複数名出てカード数が減少していたが、今大会は予定された7試合が実施される。ただし、ライトヘビー級でエリック・マーリーJrと対戦するファビオ・チェラントが8.6ポンドという超体重超過に。両者の試合は契約体重マッチとして行われることとなっている。


ファビオ・チェラント以外の13選手は問題なく計量をパスしている。メインでフライ級のベルトを狙うフィッシャーはShogun Fightバンタム級王者で、対するフリックはフリースタイル・ケージファイティングのフライ級王者だ。ローカル団体の王者がUFCもしくはコンテンダーシリーズ出場への切符を手にするためにLFAをステップボードに選んだ形といえる。

長身のフィッチャー、フリックスともにテイクダウンから攻めるグラップラーという印象だが、両者揃って上攻めを狙いたいという図式が成り立つか。戦績的にはフィッシャーが10勝1敗で、フリックは13勝5敗。後者はレガシーFC時代にウィル・カンプザーノに敗れてフライ級王座を取り逃したり、現UFCファイターのクリス・グティエレスに敗れるなど、トップゲームを展開できず下になって削られると脆いという印象も残している。

UFC当確レベルにあるファイトを両者が展開できるのか。そこも勝敗と同様に試されるタイトル戦となる。

■LFA86計量結果

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
グレッグ・フィッシャー: 124.8ポンド(56.6キロ)
ジミー・フリック: 124.6ポンド: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・エストラズラス: 155.8ポンド(70.66キロ)
ドミニク・クラーク: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・チェラント: 213.6ポンド(96.88キロ)
エリック・マーリーJr: 203.8ポンド(92.44キロ)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス: 135.8ポンド(61.59キロ)
ジェフ・ジェプセン: 135.6ポンド(61.5キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マーク・マーティン: 170ポンド(77.11キロ)
トニー・グラント: 170ポンド(77.11キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーダン・ハイダーマン: 240.4ポンド(109.04キロ)
ジェイコブ・ヘヴリン: 265.8ポンド(120.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
カルヴィン・ハーバウ: 135.4ポンド(61.41キロ
ネイト・モロー: 135.4ポンド(61.4

カテゴリー
LFA86 News other MMA アルトゥル・エストラズラス グレッグ・フィッシャー ジミー・フリック ブログ

【LFA86】対戦カード サンフォードペンタゴン月間、第3弾の注目はフライ級王座決定戦&エストラズラス

【写真】メインで以外でエド・ソアレス代表の注目はアルトゥル・エストラズラス(C)LFA

7月24日(金・現地時間)
LFA86「Fischer vs Flick」
サウスダコタ州スーフォールズ
サンフォード・ペンタゴン

■視聴方法(予定)
7月25 日(土・日本時間)、
午前10時~UFC Fight Pass

■ 対戦カード

<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
グレッグ・フィッシャー(米国)
ジミー・フリック(米国)

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)
ドミニク・クラーク(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ファビオ・チェラント(米国)
エリック・マーリーJr(米国)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス(メキシコ)
ジェフ・ジェプセン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マーク・マーティン(米国)
トニー・グラント(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーダン・ハイダーマン(米国)
ジェイコブ・ヘヴリン(米国)

<バンタム級/5分3R>
カルヴィン・ハーバウ(米国)
ネイト・モロー(米国)

カテゴリー
LFA84 LFA85 LFA86 LFA87 News other MMA グレッグ・フィッシャー サム・ヒューズ ジェイク・チルダース ジェイコブ・ロサレス ジミー・フリック ジャスティン・ゴンザレス ブライス・ローガン ブログ 未分類

【LFA84,85,86&87】コロナ後のLFAは、サウスダコタ州スーフォールズで4週連続開催&4週連続王座決定戦!!

【写真】活動再開=4連戦、一発目のメインでフェザー級王座を賭けてジャスティン・ゴンザレスと戦うジェイク・チルダース(C)LFA

17日(水・現地時間)、FLAが7月10日(金・同)から4週連続でサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでイベントを開き、毎大会でタイトル戦を組むことを発表した。

1週間前に7月10日の活動再開を発表したLFAだが、想像を上回る形でリスタートを切ることとなった。


サウスダコタ州スーフォールズはLFAのエド・ソアレス代表が、6年前のRFA時代に同州で初めてサンクションされたMMA大会を開催した思い出の地で、会場となるサンフォード・ペンタゴンはHardknocks365を買収したサンフォード・ヘルスが所有する会場だ。サンフォード・ヘルスはゴルフの全米男子ツアーのシニア大会の冠スポンサーであり、また男子ツアーのウィルス検査体勢をバックアップすることが報じられている。

LFA4連戦も無観客で行われ、ソアレス代表は「選手、セコンド、大会スタッフには厳格なCovid19の検査が行われる」と話しており、サンフォード・ヘルスが関係していても不思議でない。

4大会連続のタイトル戦は、全て王座決定戦となっている。まず10日=LFA84では昨年4月にデイモン・ジャクソンがPFLと契約したデイモン・ジャクソンが返上したフェザー級のベルトを賭けて、ジャスティン・ゴンザレスとジェイク・チルダースが戦う。

ゴンザレスはキャリア10勝0敗で、これがLFA初出場だ。既に昨年のコンテンダーシリーズに出場経験があり、延期となった4月3日大会で試合が決まっていた。対するチルダースは8勝0敗、LFAで既に2勝しており──うち1試合はスラムでKOとインパクトを残している。

17日=LFA85では初代LFA女子ストロー級王座決定戦がサム・ヒューズとヴァネッサ・デモパウロスの間で行われる。

LFAでは過去にバンタム級とフライ級でチャンピオンとなった3選手が揃ってUFCにステップアップを果たしている。今回はヒューズが4勝0敗、デモパウロスは4勝1敗と経験は決して多くない選手の一騎打ちとなる。

ジミー・フリック

24日=LFA86のメインでフライ級のベルトが争われる。ブランドン・ロイヴァルがUFCへ行き返上したベルトをShogun Fightsバンタム級王者グレッグ・フィッシャー=10勝1敗と、FCFバンタム級王者でLFAでは1年9カ月振りのファイトとなるジミー・フリックの間で争われる。

4連戦オーラス、31日のLFA87では前王者ハーベイ・バクが負傷&返上したライト級王座を狙うブライス・ローガンとジェイコブ・ロサレスの試合が組まれた。既にBellatorで勝利した経験もあるローガンはLFAで3勝0敗、満を持してコンテンダーシリーズの敗北からLFAに転じ1勝を挙げているロサレスと相対することとなった。

まだ他のカードの発表がないが、既にイベントを再開しているTitan FCに倣いコンパクトな試合数になることも十分に考えられる。とはいえ世界一のMMA市場を誇り、世界の頂点=UFCが存在する米国では、フィーダーショーやアマチュア大会が再び動き始めている。選手の絶対数が多いとはいえ、ここでの大会開催数の多さは米国人ファイターの成長をさらに後押しすることになる。