カテゴリー
Report UFC UFC ESPN10 グスタボ・ロペス ブログ マラブ・デヴァリシビリ

【UFC ESPN10】テイクダウン→コントロール地獄、必死にしのいだロペスだがデヴァリシビリに完敗

<140ポンド契約/5分3R>
マラブ・デヴァリシビリ(米国)
Def.3-0:30-25.30-26.30-26
グスタボ・ロペス(米国)

レイ・ボーグの代役で急遽出場が決まったCombat Americaバンタム級王者のロペス。まずカーフキックを蹴ったロペスに対し、デヴァリシビリが痛そうな顔を見せる。そのデヴァリシビリは右を振るってシングルレッグから、バックに回る。胸を合わせることができず後方からパンチを受けたロペスが正対すると、デヴァリシビリは離れる。デヴァリシビリは遠い距離からオーバーハンドやスピニングバックフィストを見せるが、ロペスは反応して笑顔を浮かべる。

デヴァリシビリの右ハイをブロックしたロペスが前に出て、パンチを強振しバランスを崩す場面も。デヴァリシビリは右を当て組みついてバック、テイクダウンを決める。向き合ったロペスだが、肩に担がれてスラムされガードへ。腰を上げたデヴァリシビリがパウンドを打ち込むと、ロペスは潜ってリバーサルを狙う。離れたデヴァリシビリがダブルレッグ、ロペスはギロチンを防がれ背中をマットにつかされる。バタフライガードも潰されたロペスは、ボディに重いパンチを落とされデヴァリシビリがパウンドを纏める形で初回を戦い終えた。

2R、デヴァリシビリが大きくサークリングを使い、追いかけてきたロペスに対し左ハイから右フックを振るう。ロペスも負けじと前に出るが、間合を外したデヴァリシビリが後ろ回し蹴りを狙う。さらにテイクダウン狙いから左を当て、次の動きはニータップでテイクダウンとデヴァリシビリがロペスを翻弄する。デヴァリシビリはパスを決め、サイドで抑えたロペスを削っていく。

ヒザをボディに入れ、スカーフホールドを極めに掛ったデヴァリシビリ。ここからアームロック、アームバーに移行して右腕を狙う。腕を抜いて立ち上がったロペスだが、ダブルで倒されギロチンも不発に。それでも続くテイクダウン狙いにタイトなギロチンを見せたロペスは、頭を抜かれた直後に蹴り足を掴まれ足払いで倒される。立ち上がり際に背中を取ったデヴァリシビリが、倒してマウントに入ったところでラウンド終了となった。

最終回、デヴァリシビリが右を当て、組みつつパンチを続ける。右オーバーハンドから、腕を首に巻き込むようにテイクダウンを決めたデヴァリシビリが、ガードを取ったロペスにパンチを落とす。ロペスのキムラはパスで無効化され、逆にクラッチを軸に頭をステップオーバーしたデヴァリシビリが思い切り鉄槌を落として立ち上がる。

すぐにテイクダウンを決めたデヴァリシビリが、マウントからバックマウントへ。乗り過ぎてバックから離れたデヴァリシビリは、スクランブルでもギロチンを防いでもう一度上を取り切る。鉄槌を入れ、ボディと顔面を殴るデヴァリシビリに対し、ロペスは立ち上がろうとしては潰される。デヴァリシビリは再びマウントからバックグラブに移行し、腕を取りにいく。察知し尻を抜いて立ち上がったロペスは、即ダブルレッグの餌食に。最後は蹴り上げを狙ったロペスだが、デヴァリシビリは15分間ドミネイトし大差の判定勝ちを手にした。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN10 グスタボ・ロペス シンシア・カルヴィーロ ジェシカ・アイ ブログ

【UFC ESPN10】ジェシカ・アイが計量失敗。アンドレ・フィーリとシャルル・ジョーダンはパス

12日(金・現地時間)、13日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN10の計量が同所で行われた。

メインでシンシア・カルヴィーロと対戦するジェシカ・アイは、バーチャルメディアデイでは計量に関して自信満々に返答していたが、1ポンドオーバー規約から0.25ポンド・オーバーで失敗。日本語でいえば着替えポンチョを使用しての計量後に服を着てポージングも、その直後にスケールにもたれ掛かり、立会人に支えられて退場するなどギリギリの減量だったことが伺えた。


今回の計量ではカール・ロバーソンのミドル級のリミットを5.5ポンドもオーバーし、30パーセントのファイトマネーの没収でマーヴィン・ヴェットーリと戦うことに。さらにタイソン・ナムと対戦するザルク・アダシェフは3.5ポンドオーバーで20パーセントが没収され、ジェシカ・アイは20パーセントを引かれカルヴィーノと戦う。

この他、木曜日にレイ・ボーグの欠場が決まりCombat Americaバンタム級王者グスタボ・ロペスがスクランブル発進──ボーグはその日のツイッターで「家族が優先、すぐに会おう」と息子さんの写真をアップしている──。さらにジョーダン・グリフィンと対戦するはずだったデリック・マイナーが、体調不良を理由に欠場──計量会場に姿を見せることはなかった。

なおフェザー級注目の一戦、アンドレ・フィーリ✖シャルル・ジョーダンは両者揃ってパスしている。

■UFC ESPN10計量結果

<女子フライ級/5分5R>
ジェシカ・アイ: 126.25ポンド(57.26キロ)
シンシア・カルヴィーロ: 126ポンド(57.15キロ)

<ミドル級/5分3R>
カール・ロバーソン: 190.5ポンド(86.40キロ)
マーヴィン・ヴェットーリ: 186ポンド(84.37キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
マラブ・デヴァリシビリ: 139ポンド(63.04キロ)
グスタボ・ロペス: 140ポンド(63.5キロ)

<フェザー級/5分3R>
アンドレ・フィーリ: 145.5ポンド(66.0キロ)
シャルル・ジョーダン: 145.5ポンド(66.0キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョーダン・エスピノーサ: 135.5ポンド(61.46キロ)
マーク・デラロサ: 136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
チャールズ・ロサ: 155ポンド(70.31キロ)
ケヴィン・アギラー: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ジュリア・アヴィラ: 135ポンド(61.24キロ)
ジナ・マザニー: 136ポンド(61.69キロ)

<フライ級/5分3R>
ザルク・アダシェフ: 138.5ポンド(62.82キロ)
タイソン・ナム: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョーダン・グリフィン: 146ポンド(66.22キロ)
デリック・マイナー: ──

<ウェルター級/5分3R>
クリスチャン・アギレラ: 170.5ポンド(77.34キロ)
アンソニー・アイヴィー: 171ポンド(77.56キロ)