カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+33 UFN175 アレクサ・グラッソ キム・ジヨン ブログ

【UFN175】序盤攻勢のキム・ジヨンだったが、グラッソのキックボクシング&TDにフルマークの判定負け

<女子フライ級/5分3R>
アレクサ・グラッソ(メキシコ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
キム・ジヨン(韓国)

左ジャブを伸ばすキム・ジヨン、グラッソが右ストレートを見せる。ワンツーの打ち合いで左の返しを当てたキム・ジヨンがワンツーをかわして、ジャブを打っていく。キム・ジヨンは距離が近づくとアッパー、下がりながらも左フックを繰り出す。グラッソのワンツーにも、下がらず手を出して対応するキム・ジヨンが打撃戦をリードして左フックをヒットさせる。グラッソもローからボディを伸ばすと、右ストレートを打っていく。

蹴りを受けたキム・ジヨンは、右から左を入れる。それほどガードを高くせず、相手のパンチを見て戦うキム・ジヨンは、ワンツーを被弾しボディを返す。右の相打ちからローを蹴ったグラッソが終盤盛り返すラウンドとなった。

2R、グラッソは右ローを引き続き蹴り、キム・ジヨンはほぼボクシングに徹する。蹴りが入るようになってから、パンチも当たるようになったグラッソが右を決める。キム・ジヨンも右を返すが、グラッソが左フックに反応できるようになっている。それでも右ショートアッパーを入れたキム・ジヨンは、ワンツーに左フックを合わせようとする。

グラッソが左を当て、左ロー。キム・ジヨンはワンツーで右を届かせ、ワンツーで前へ。左右に回るグラッソが右ストレート。打って離れるグラッソをキム・ジヨンのパンチは捕らえられない。対してグラッソはスーパーマンパンチ、右を当てる。ついに姿勢を下すようになったキム・ジヨンだが、クリンチから右を打ち返す。左目が大きく腫れたキム・ジヨンはこの回を落とした。

最終回、やや遠めの距離で踏み込んでパンチを繰り出す両者。そのタイミングがあったところでグラッソが組みを選択する。頭を抱えてジャンピンガードのような形になったキム・ジヨンだが、グラッソはケージに押し込んで組みを続けず離れる。ここで右を当てたキム・ジヨン、グラッソもワンツーを打ち返す。近い距離での打ち合いで、キム・ジヨンは前に出てクリンチへ。左を差してヒザを入れるキム・ジヨンだが、グラッソが体を入れ替える。

残り2分、キム・ジヨンが左を差して押し込み返す。体を入れ替えながら、ケージ際のクリンチが続き、グラッソが大内刈りでテイクダウンに成功する。ハーフのキム・ジヨンは左腕に右足を置かれてパウンドを被弾。腕を引き戻したが、スクランブルに持ち込むことができずグラッソがショートエルボーを連打しタイムアップに。

ジャッジ3者とも30-27でグラッソを支持し、キム・ジヨンは判定負けとなった。


カテゴリー
Interview UFC UFN on ESPN+30 UFN175 アレクサ・グラッソ キム・ジヨン ブログ

【UFN175】アジア勢米国上陸開始──グラッソと戦う、キム・ジヨン「トップ10の力があることを示す」

【写真】この2試合は計量失敗をしていたキム・ジヨンだが、今回は問題なくパスしている(C)Zuffa/UFC

29日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEX開催されるUFN175:UFN on ESPN+33「Smith vs Rakic」にキム・ジヨンが出場し、アレクサ・グラッソと対戦する。

もともと6月27日に組まれていたが、COVID19の感染拡大で延期されていたキム・ジヨンとグラッソの戦いがこのタイミングで組まれた。米国在住でないアジア人UFCファイターが、ついにラスベガスに招聘されるようになったことを示す一戦だ。


26日(水・同)に行われたバーチャルメディアデーで、キム・ジヨンは「この延期は去年、手術した私にとっては、より状態が良くなることができたので良かったと思っている」と話している。

昨年10月にナディア・カッセムに勝利したあと、2カ月後の試合はヒジの負傷でキャンセルした彼女にとって10カ月ぶりの復帰戦となるが「手術後は完治するまでもフィジカル、特にメンタル的に強くなれるよう心がけ、の準備をしてきた。パンデミックは世界の人々を大変な状況においやっているけど、韓国の皆にはUFCの試合を五輪やワールドカップのように楽しんで欲しい。韓国に勝利を持ち帰るためにハードなトレーニングを積んできたので」と語り、手術前よりも調子が良くなっている様子だった。

またストロー級から階級を上げてくるグラッソに対して、「ストロー級の時の彼女は本当に大きかった。フライ級になってパフォーマスは色々と違いが出てくると思う。今、私は14位だけど彼女に勝ってトップ10の力があることを示し、タイトルに近づきたい」というコメントを残している。

■ UFN175計量結果

<ライトヘビー級/5分5R>
アンソニー・スミス: 205ポンド(92.99キロ)
アレクサンドル・ラキッチ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ロビー・ローラー: 171ポンド(77.56キロ)
ニール・マグニー: 171ポンド(77.56キロ)

<女子フライ級/5分3R>
キム・ジヨン: 126ポンド(57.15キロ)
アレクサ・グラッソ: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス: 145ポンド(65.77キロ)
ビル・アレジオ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マゴメド・アンカラエフ: 205ポンド(92.99キロ)
イオン・クテレバ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ミドル級/5分3R>
マキ・ピトロ: 184.5ポンド(83.68キロ)
インパ・カサンガネイ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ミドル級/5分3R>
ザク・カミングス: 185ポンド(83.91キロ)
アレッシオ・デキリコ: 184ポンド(83.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレックス・カサレス: 145ポンド(65.77キロ)
オースチン・スプリンガー: 151ポンド(68.49 キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)
クリスチャン・アギレラ: 170ポンド(77.11キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
エミリー・ウィットマイアー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ポリアナ・ヴィアナ: 116ポンド(52.62キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
マロリー・マーチン: 115.5ポンド(52.38キロ)
ハナ・サイファース: 117ポンド(53.07キロ)