カテゴリー
JJ Globo Report SUG15 ガブリエル・チェッコ クレイグ・ジョーンズ ブログ

【SUG15】チェッコのエスケープを利して、柔術を見せたクレイグ・ジョーンズ。最後はOTで一本勝ち

<5分1R>
クレイグ・ジョーンズ(豪州)
Def.OT1R
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)

拳を固めファイティングポーズを取ったチェッコ、構わずクレイグはシッティングし近づいていく。左足に絡んだクレイグはハーフガードを取り、チェッコがアームドラッグに反応して立ち上がる。ハーフニーシールドに移行し、ここから一旦足を解いたクレイグはリバースデラヒーバへ。

チェコが尻をマットにつけて足を抜こうとすると、クレイグはここで上を選択する。ハーフでトップを取ったクレイグは足を抜いて反転し一気に足関節へ。足をクロスして防いだチェッコだが、足のクラッチが外れるとクレイグがアシガラミから内ヒールへ。すぐに足を畳み、チェコは自ら足首を掴んで引き寄せて防御する。体を起こしたクレイグが、チェッコが引き寄せた右足にトーホールドを仕掛ける。

さらにクレイグはチェッコが足を組み直したところで、逆足を掴みにいく。急ぎ足を抜いたチェッコがシングルレッグも、がぶられると背中をつけてハーフガードを取る。クレイグはダースチョークで反応し、再びバックを狙う。取らせまいとチェッコが引き込むと、クレイグはパスからニーイン、一気にフルマウントに入る。流れるようなポジション奪取を見せたクレイグは、腕十字に狙いの気配を見せる。体を起こして逃げようとしたチェッコに対し、ギロチンを取ったクレイグは後方回転からマウントを取り直す。

残り10秒、チェッコが逃げ切り試合はオーバータイムへ。OT1Rで先攻クレイグは15秒でRNCを極めた。後攻チェッコもバックを選択、わずか8秒でエスケープしたクレイグがチェッコを下した。


カテゴリー
JJ Globo Report SUG14 オースチン・ヴェンダーフォード ガブリエル・チェッコ ブログ

【SUG14】ガブリエル・チェッコはオーバータイムで、ヴェンダーフォードをRNCで破る

<5分1R>
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)
Def. Overtime by RNC
オースチン・ヴェンダーフォード(米国)

前回大会でジェイク・エレンバーガーを破ったチェッコとリッチー・マルチネスを下したヴェンダーフォードの一戦。チェコが引き込みラバーガード、オーバーフックアームバー、さらにハイガードに入ったところでヴェンダーフォードが立ち上がる。ガードの中に入ったヴェンダーフォードにラバー狙いのチェッコだが、ヴェンダーフォードが右腕を腰に回し右から足を抜きに掛かる。ハーフから枕で抑えるヴェンダーフォード、チェッコがフルガードに戻す。

足を取らせなかったヴェンダーフォードは、ハーフから潜ろうとしたチェコにパスを仕掛ける。チェクはクローズドガードに捕え、オープンから再びオーバーフックアームバーにトライする。腕を抜いたヴェンダーフォードがパス、ここで残り20秒に。ニーインベリーからマウントを取ったヴェンダーフォード、そのままタイムアップに。

オーバータイムはヴェンダーフォードのシートベルトからスタートし、腰をずらしたチェックが20秒でエスケープに成功した。後攻のチェッコもシートベルトを選択し、13秒でヴェンダーフォードがヒップエスケープで逃れる。2本目、ヴェンダーフォードのバックになんとチェッコは8秒でエスケープ。続いてチェッコは1分2秒でフェイスロックを極めた。


カテゴリー
JJ Globo Report SUG13 ガブリエル・チェッコ ジェイク・エレンバーガー ブログ

【SUG13】アンダーグラウンド・サブミッションが無観客大会。チェッコがエレンバーガーを逆三角で破る

26日(日・現地時間)、Submission Underground 13がオレゴン州ポートランドにある──改装された──穀物サイロとされる場所で開催された。プレリミ7試合、メインカード3試合はファイターとレフェリー、そしてセコンドはおらずドクターと4人だけのフロアで、カメラも固定とオートで撮影という状況で行われた。

<5分1R>
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)
Def.1分52秒by リバーストライアングル
ジェイク・エレンバーガー(米国)

MMAを引退して1年10カ月、エレンバーガーが現役時代だと1階級上のミドル級のチェッコと対戦。引き込んでから、後方回転気味に足を取りに行ったチェッコはトップを選択する。エレンバーガーが体を起こしてシングルへ。前転するように引き込んだチェッコはリバースハーフから足を抜かれそうになるが、背中をつけてラバーガードへ。足を組み変え、ミッションコントロールから右腕を伸ばしに掛かる。

クローズドに戻したチェッコは三角絞めへ。エレンバーガーの右腕は抜けており逆組みだけ極まらないように思われた。が、左腕の上から足を組まれたエレンバーガーは時計回りに移動しようとし、自らの肩で喉を圧迫されタップを強いられた。