カテゴリー
Report UFC UFC ESPN13 カルヴィン・ケイター ダン・イゲ ブログ

【UFC ESPN13】イゲの前進を利したファイトで、カルヴィン・ケイターが快勝

<フェザー級/5分5R>
カルヴィン・ケイター(米国)
Def.3-0:49-46.49-46.48-47
ダン・イゲ(米国)

まず右ストレートから左フックを振るったイゲに対し、ケイターがステップバックでかわす。イゲの前進にケイターは距離を外すか、ガードするなかで互いに左ジャブを狙う。ケイターが左ジャブを2発放ち、やや距離が詰まるとイゲはボディを入れ、ケイターも右ストレートに続き左ボディフックを打ち込む。続くボディを効かされたイゲは、ダブルレッグを切られてガードを取る。

足を捌いてボディを殴ったケイターは、イゲが立ち上がるのを待つ。スタンドに戻ったイゲに右前蹴りを入れたケイターにイゲはカウンターの右、さらに左ボディから左ミドルを蹴る。ケイターはこの蹴り足をキャッチしてテイクダウン、腹にパウンドを落とし立ち上がったところで左ボディフックを打ち込む。腹を攻め手から左フックを顔面に打ち込んだケイター、イゲは左に回ったところに跳びヒザからパンチを纏められた。

2R、間合の測り合いが続いた序盤、イゲの前進にケイターが右をヒットさせる。前に出ると打たれるイゲだが、前に出るしかなく蹴りを交えるがケイターの圧力が高い。それでも自ら前に出るだけでなく、ケイターの攻撃にカウンターを合わせるようになったイゲが、中盤を盛り返す。ボディにワンツーを入れ、左フックを顔面に狙うというように攻撃を散らすイゲだが、ボディに左フックを合わされる。ケイターは終盤に左ジャブからワンツー、右オーバーハンド、さらに跳びヒザを見せたが、イゲがラウンドを取り返した。

3R、イゲはカーフを2発蹴り、左へ回る。序盤と違い、待ちでなく追いかけるようになったケイターは、パンチを被弾することが増える。前後、左右のステップを繰り返す両者、相手が前に出てくるところでパンチを振るおうとして、同時の単発のパンチの打ち合いという展開が続く。イゲは右を当ててテイクダウン狙い、切ったケイターがワンツー。互いにスイッチを見せ、イゲが右を当てる。踏み込んでワンツーフック、右ハイを繰り出したケイターが右ロー、イゲはカウンターの右を狙う。右オーバーハンドからスイッチし、左ミドルを蹴ったイゲだが、この回は互いにクリーンヒットはなかった。

4R、ケイターがジャブを連続で繰り出し、勢いをつけて飛び込んだイゲはダブルレッグへ。尻もちからすぐに立ち上がったケイターの跳び蹴りが腹にあたり、イゲが引き込むように背中をつける。勢いのあるパウンドを落とし、スタンドで待ち受けたケイターに対し、立ち上がったイゲはスーパーマンパンチを見せ、エルボーもカウンターを被弾する。試合は心身ともに消耗戦となり、イゲが受けに回るように。ケイターはローからパンチ、組みを切ってヒザや後ろ回し蹴りを見せた。

ケイター優勢のまま試合は最終回に。イゲの左フックに右フックを被せたケイターは、ワンツーを当てバックステップでパンチを被弾しない。バランスを崩す場面が3R以降に増えてきたイゲだが、ローに右ボディストレートを打ち込む。左右にステップを踏むケイターは、大振りのイゲにショートを纏める。

蹴り足をキャッチされながら、ケイターは後方にジャンプするようにバランスを取る。倒せず、殴られ右目が大きく腫れたイゲは、距離があわない。ケイターは必死に前に出てくるイゲに対し、無理をせずジャブを当てられると間合を外す冷静な試合運びを見せる。最後に首相撲からヒザ蹴り、リリースしてからもう一発ヒザをイゲの顔面に蹴り上げ、最後にダウンを奪ったケイターが3-0の判定勝ちを手にした。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN13 アブドゥル・ラザク カルヴィン・ケイター ダン・イゲ ブログ ムニール・ラゼス

【UFC ESPN13】計量終了 ファイトアイランド第2弾のメインはトップ5入りを賭けてケイター✖イゲ

【写真】メインで戦うケイターとイゲ。計量でのマスクの有無は特に規定がないようだが、パスをして叫ぶようなことはない(C)Zuffa/UFC

14日(火・現地時間)、16日(木・同)にUAEはアブダビのヤス島=ファイトアイランドで開催されるUFC ESPN13「Kattar vs Ige」の計量及びフェイスオフが行われた。

ファイトアイランド・シリーズ、唯一の平日開催&中継となる同大会のメインはカルヴィン・ケイター✖ダン・イゲのフェザー級戦だ。UFC戦績5勝2敗、ザビッド・マゴメドシャリポフに敗れたもののジェレミー・スティーブンスを仕留めたケイターと、現在6連勝中で5月にはエジソン・バルボーサを下したイゲがフェザー級トップ5入りを賭けた戦う。


ケイターは計量台に乗るところでマスクを外したが、インスペクターから付け直すような指示はなかった。両者揃って問題なくパスし、フェイスオフはマスク着用で行われた。

体重オーバーのラザック(C)Zuffa/UFC

今回の計量ではムニール・ラゼスと対戦するアブドゥル・ラザクがウェルター級リミットの4ポンド・オーバー。

ジャレッド・ゴードンと戦うクリス・フィッシュゴールドもフェザー級の上限を同じく4ポンド超過し、それぞれが20パーセントのファイトマネー没収をうけ、キャッチウェイト戦に臨むこととなった。

また第1試合でホルヘ・ゴンザレスと対戦予定だったケネス・バーリは、減量中の体調不良でドクターから試合の許可が下りず計量会場に姿を見せていない。

■UFC ESPN13計量結果

<フェザー級/5分5R>
カルヴィン・ケイター: 146ポンド(66.22キロ)
ダン・イゲ: 145ポンド(65.77キロ)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット: 125ポンド(56.7キロ)
ライアン・ベノイト: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジミー・リベラ: 145ポンド(65.77キロ)
コディ・ステーマン: 145ポンド(65.77キロ)

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マッキャン: 125ポンド(56.7キロ)
タイラ・サントス: 125ポンド(56.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アブドゥル・ラザク: 174ポンド(78.92キロ)
ムニール・ラゼス: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョン・フィリップス: 186ポンド(84.37キロ)
カムザット・チマエフ: 186ポンド(84.37キロ)

<フェザー級/5分3R>
ヒカルド・ハモス: 145ポンド(65.77キロ)
レローン・マーフィー: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
モデスタス・ブカウスカス: 205ポンド(92.99キロ)
アンドレアス・メケイリディス: 206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャレッド・ゴードン: 145ポンド(65.77キロ)
クリス・フィッシュゴールド: 149ポンド(57.59キロ)

<女子フライ級/5分3R>
リアナ・ジョフア: 126ポンド(57.15キロ)
ディアナ・ベルビシャ: 125ポンド(56.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
アーロン・フィリップス(米国)
ジャック・ショア: 136ポンド: 135ポンド(61.24キロ))

<ライトヘビー級/5分3R>
ホルヘ・ゴンザレス: 205ポンド(92.99キロ)
ケネス・バーリ:──

カテゴリー
News UFC UFC ESPN13 カルヴィン・ケイター コディー・ステーマン ジミー・リベラ ダン・イゲ ティム・エリオット ヒカルド・ハモス ブログ

【UFC ESPN13】対戦カード ファイトアイランド発UFC欧州&中東合同イベントに気になる新顔?ズラリ

【写真】Brave CFからチュニジア人、スウェーデン人ファイターが。スペリオール・チャレンジからはノルウェー人選手、Titan FCからUFCにステップするギリシャ人選手はケージウォリアーズ出身のリトアニア人選手と対戦──そんな大会にティム・エリオットは5月30日にブランドン・ロイヴァルと戦ったばかりのティム・エリオットが出場する(C)Zuffa/UFC

2020年6月16日(木・現地時間)
UFC ESPN13「Kattar vs Ige」
UAE アブダビ
UFC Fight Island

■視聴方法(予定)
7月16日(木・日本時間)
午前8時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<フェザー級/5分5R>
カルヴィン・ケイター(米国)
ダン・イゲ(米国)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット(米国)
ライアン・ベノイト(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
コディ・ステーマン(米国)

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マクマン(英国)
タイラ・サントス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
アブドゥル・ラザク(米国)
ムニール・ラジズ(チュニジア)

<ミドル級/5分3R>
ジョン・フィリップス(英国)
カムザット・チマエフ(スウェーデン)

<バンタム級/5分3R>
ヒカルド・ハモス(ブラジル)
レローン・マーフィー(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
モデスタス・ブカウスカス(リトアニア)
アンドレアス・メケイリディス(ギリシャ)

<フェザー級/5分3R>
ジャレッド・ゴードン(英国)
クリス・フィッシュゴールド(米国)

<女子フライ級/5分3R>
リアナ・ジョフア(ジョージア)
ディアナ・ベルビシャ(ルーマニア)

<バンタム級/5分3R>
アーロン・フィリップス(米国)
ジャック・ショア(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ホルヘ・ゴンザレス(メキシコ)
ケネス・バーリ(ノルウェー)

カテゴリー
UFC Result UFC249 アンソニー・ペティス カルヴィン・ケイター ジャスティン・ゲイジー トニー・ファーガソン ドナルド・セラーニ ドミニク・クルーズ フランシス・ガヌー ブライス・ミッチェル ブログ ヘンリー・セフード ヴィセンチ・ルケ

【UFC249】試合結果 コンディションは不完全も、選手たちは今、戦う意志を選手が見せつけた

9日(土・現地時間)、UFC249「Ferguson vs Gaethje」がフロリダ州ジャクソンビルのヴィアスター・ベテランズ・メモリアル・アリーナで開催された。

ジャカレ・ソウザのコロナウィルス陽性という衝撃な事件があっても、大会は決行されメインでジャスティン・ゲイジーがトニー・ファーガソンを破りUFC暫定世界ライト級に王者に。

コ・メインではドミニク・クルーズをTKOで下し、UFC世界バンタム級王座の防衛に成功したヘンリー・セフードがケージ内で引退を宣言した。

世界各地がロックダウン、外出自粛という状況で準備をしてきたファイター達の動きは、やはり平時よりも見劣りした。しかし、それ以上に今、戦う強い意志が感じられる選手が多く──世界の最高峰を戦うファイターたちの生き様が見られるイベントだった。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ジャスティン・ゲイジー✖トニー・ファーガソン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ジャスティン・ゲイジーフランシス・ガヌー

試合結果は以下の通りだ。

UFC249「Ferguson vs Gaethje」
<UFC暫定世界ライト級王座決定戦/5分5R>
○ジャスティン・ゲイジー(米国)5R3分39秒
TKO
詳細はコチラ
×トニー・ファーガソン(米国)
<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
○ヘンリー・セフード(米国)2R4分58秒
TKO
詳細はコチラ
×ドミニク・クルーズ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○フランシス・ガヌー(カメルーン)1R0分20秒
KO
詳細はコチラ
×ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)
<150.5ポンド契約/5分3R>
○カルヴィン・ケイター(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ジャレミー・スティーブンス(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○グレッグ・ハーディー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ヨーガン・デ・カストロ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アンソニー・ペティス(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ドナルド・セラーニ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○アレクセイ・オレイニク(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
<女子ストロー級/5分3R>
○カーラ・エスパルザ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ミッシェレ・ウォーターソン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)3R3分37秒
TKO
詳細はコチラ
×ニコ・プライス(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ブライス・ミッチェル(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×チャールズ・ロサ(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ライアン・スパーン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×サム・アルヴィー(米国)


カテゴリー
Report UFC UFC249 カルヴィン・ケイター ジェレミー・スティーブンス ブログ

【UFC249】劣性のケイターが、右エルボー一閃。追撃もヒジ打ちでスティーブンスに逆転勝ち

<150.5ポンド契約/5分3R>
カルヴィン・ケイター(米国)
Def.2R2分42秒by KO
ジャレミー・スティーブンス(米国)

スイッチを交え、前に出る体重オーバーのスティーブンスが右を振るい、左ローを蹴る。さらにフックで圧力をかけるスティーブンスは、ケージを背負ったケイターに連打、右ハイを蹴っていく。ローを多用するスティーブンスに対し、ケイターもワンツー。しかし、ローで攻撃を遮断される。空振りでも圧のあるスティーブンスが、右を当てる。さらにワンツーにも、ワンツーを返しスイッチして左の蹴り、オーソに戻して右ローを続ける。

ローと右フックに、踏み込むことができないケイターもスイッチし、すぐにオーソに戻る。右を当てたスティーブンスは、一瞬の組みから離れてローを蹴り合う。スティーブンスがスイッチするとケイターが左フックをヒット。さらに顔面からボディへのコンビを決める。スティーブンスは左フック、さらに右フックで前に出ると、右ロー、左前蹴りと攻撃を散らして、ジャブもケイターが右を打ち抜き、ここから前に出る。スティーブンスがパンチを返したが、この試合で初めて下がる。それでも最後に蹴り足を掴み、リリースしてボディを打ち込んだスティーブンスが初回を取った。

2R、すぐにワンツーを放ったスティーブンスが強烈な右ローを蹴り込む。サウスポーに構えるようになったケイターは、足が効かされているか。スティーブンスは回るケイターに右ストレートをヒットさせ、ローにつなげる。小さくジャンプするようになったケイターだが、ロングでアッパー、ボディフック、ストレートと引き下がらない。

組み合いでエルボーを当てたスティーブンスが離れると、スイッチし左ハイを蹴る。直後にオーソに戻したスティーブンスが前に出て右を放つ。このタイミングでケイターの右エルボーを打ち込み、ダウンを奪うと追撃のヒジでカットさせ試合を決めた。