カテゴリー
DWTNCS S04 Ep03 Report UFC オライアン・コウシー シャイアン・ベイス ジョシュ・パリジャン ブログ ルイス・コウシー

【DWTNCS S04 Ep03】右オーバーハンド一閃、ルイス・コーシーが兄オライアンら4名とUFCへ

<ウェルター級/5分3R>
ルイス・コウシー(米国)
Def.1R1分12秒by TKO
ビクター・レイナ(米国)

コウシー弟=ルイスが、いきなりラッシュをかける。クリンチのレイナに対し、離れてハイキックからパンチを纏めるコウシーは踏み込んで左を当てる。カウンター狙いのレイナだが、コウシーのステップインと同時に左オーバーハンドを打ち抜かれる。右のカウンターは宙を泳ぎ、ダウン。サイドバックからパウンド連打コウシーが兄弟揃ってTKO勝ちを決めた。

「兄の勝利はプレッシャーにはならなかった。タフな相手に勝ってエキサイトしたよ。まずKOを狙う。良いパンチだったよ。俺たちは2人揃って7連勝で7試合連続でフィニッシュしている。契約できないわけがない」と勝者は笑みを見せた。

先週は5人の勝者が契約となったが、ダナの判断は──。

ダナ・ホワイト
「クロスは10勝0敗の相手に勝ったけど、今日のデキは素晴らしくはなかった。UFCで戦うことは先になる。ジョシュも戦ってもらうよ、UFCで。コウシーは、まだ時間が残っているのにタッチグローブをした。UFCで戦おうとしているのに時間を気にしたんだ。でも最終回があって彼は本当に幸運だったよ。2R終了時点で、2人とも終わったと思っていた。でお3Rにあの勝ち方だ。私が間違っているとことを教えてくれた。こっちに来い、でのあんなこと2度とするなよ。

シャイアン、打撃は信じられないぐらい良くて、グラウンドも素晴らしい。彼女は維持が悪くて、下品で、生意気でまだこれからのベイビーだ。でも凄く気に入った。PIで面倒を見て、何試合かさせないと。Get a Fuck’n over here!!(笑)。

レイナはKO負けをしたことがなかった。ケビン・ホランド、ダニエル・ロドリゲスと戦っても。コウシーの問題はただ一つ、80秒……1分12秒で勝ってまだ見せていないことが多い。これは大きな問題だ(笑)。おめでとう、UFC入りだ」

ジョシュ・パリジャン、シャイアン・ベイス、オライアン&ルイスのコウシー兄弟がUFCと契約を果たした。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep03 Report UFC オライアン・コウシー ブログ マット・ディクソン.

【DWTNCS S04 Ep03】コウシー兄弟、兄=オライアンが残り18秒でレフェリーストップ勝利

<ウェルター級/5分3R>
オライアン・コウシー(米国)
Def.3R4分42秒by TKO
マット・ディクソン(英国)

兄弟ファイターの兄オライアン・コウシー。すぐに組んだディクソンがケージにコウシー兄を押し込む。ダブルに移行して尻もちをつかせたディクソンが、スクランブルでパンチを入れる。体を入れ替えて離れたコウシーは、スイッチを繰り返すディクソンに対して右ハイを狙う。

ディクソンは右ミドル、コウシーの右フックにダブルレッグを合わせる。ケージ際でパンチを入れたコウシーを立たせたディクソンがワンツーを入れて離れ、ジャブをヒットさせる。続くテイクダウン狙いには、コウシーが逆にケージに押し込む。首相撲でヒザを突き上げたコウシーが左フックを打ち込む。すぐに組みに行ったディクソンは、逆にケージに押し込まれる。ここも離れたコウシーは、ワンツーを被弾。スピニングバックフィスト後のダブルレッグにギロチンを合わせたが時間となった。

2R、左ローを蹴ったコウシーが大振りの右フックに再びダブルを合わされる。これを切られたディクソンはボディから顔面とショートでパンチを入れる。コウシーも左を当て返し、パンチに組まれてもテイクダウンを許すことはなくなる。オーソに構えたコウシーはワンツーを受け、サウスポーに戻して左を打ち込む。コウシーがヒザを狙った際に、足の甲が股間にあたり試合が中断される。

再開後、左ローでバランスを崩させ、組んできたところでヒザをボディに入れたコウシーは、押し込まれても右エルボーを当て、ダブルレッグを切る。スピニングバックフィストは空振りになったコウシーだが左をヒット。続くバック拳にダブルレッグを合わせにいったディクソンだが、これも切られヒザとパンチをボディに受ける。疲れて組み一辺倒となったディクソンに対し、ケージを背負ってパンチを打つコウシーは最後に打ち合いへ。ラウンド終了2秒前に握手をしてコーナーに戻った。

最終回、打撃戦を避けて組むようになったディクソンは、相当に疲弊が目立つ。体を入れ替えたコウシーがダブルレッグでスラム。サイドからマウントを狙う。必死に足を入れてハーフガードのディクソンだが、コウシーは細かいパンチから足を抜いてマウントへ。左右のパンチを落とし、バックに回ったコウシーは上を向いたディクソンに対し、肩固めを狙う。必死に防いだディクソンはパンチを集中され、我慢の時間に。

残り1分30秒、右のパンチを連打したコウシーがパスからサイドへ。さらにクルスフィックスに移行して、エルボー&パンチを連打。暴れるディクソンだが、パンチを被弾し続けレフェリーが試合をストップ。コウシーは勝利の雄叫びを挙げ、ダナ・ホワイトに契約を迫った。

残り18秒でのフィニッシュ、キャリア7連勝としてコウシーは「初回は取られたし、2Rも微妙だった。だからフィニッシュするしかないことは分かっていた。常にプッシュする、それがアルファメール流だよ。ボディへのヒザを効かせたけど、タフな相手だった。メンタル、それが全てだ。テイクダウンされてもイイのは貰わなかったし、彼が疲れたのは分かった。レスリングでは僕の方が上だ」と話し、メインに試合を控える実弟ルイスに「一緒に契約するぞ」とメッセージを送った。