カテゴリー
Interview ONE ONE112 Reign of Dynasties ONE113 エドゥアルド・フォラヤン チャトリ・シットヨートン ブログ

【ONE】チャトリ・シットヨートンCEOがバーチャル会見で10月30日大会にフォラヤンの出場を明言

【写真】30日の大会に関して、タイトル戦以外でまずエドゥアルド・フォラヤンの出場と、アントニオ・カルーゾとの対戦が発表された(C) MMAPLANET

6日(火・現地時間)、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長がテレカンファレンスを行った。

自らのSNSで10月30日(金・同)にONE113「Inside the Matrix」を開催し、4つの世界タイトル戦を組むことを発表したチャトリCEOの「9日のReign of Dynastiesの開催地を今週になって発表できた。シンガポール政府とヒザとヒザをつき合わせて話し合ってきた結果だよ。シンガポール政府だけでなく、他の国の政府とも話し合いを続け、未だに国境が封鎖されている状態で今回のインターナショナルショーを主催できる。昨夜発表した10月30日の大会もまだロケーションは明言できないけどインターナショナルなイベントになる」という言葉で会見は始まり、質疑応答に移った。

ここではチャトリCEOの発言から気になったモノをピックアップしたい(要約)。


「30日の大会については来週に詳細を話すことになる。今は4つの世界戦以外のことは話せない。ただしチーム・ラカイのフィリピ人選手は戦うことになる……エドゥアルド・フォラヤンだ。彼は豪州のアントニオ・カルーゾとメインカードで対戦する」

「DJとエディ・アルバレスは少しでも早くシンガポールで試合をしてもらう」

「女子アトム級GPは1月からスタートし、優勝者はアンジェラ・リー(妊娠を発表)が戻ってきたときに挑戦する」

「今、2021年も含めスケジュールを調整している。現在、話し合いが続いている国、政府があり、それがどうまとまっていくか。今年の残りのイベント、来年のスケジュールについても近いうちに発表できれば良いと思っている。まだアジアは観光客が行き来できる状況にないし、そのなかでシンガポール政府がONEの開催をサポートしてくれた。ONEチャンピオンシップがスポーツ、音楽、エンターテイメントのなかで最初にインターナショナル・イベントを開くことができる。空港からホテルの移動など細心の注意を払い、会場でも部署ごとにゾーニングする。一つのセクションに50人以上は集めない。会場の外にテントも用意する。非常に厳格な予防対策を採るから、私も9日と30日の大会ではケージサイドに立ち寄れない、アプレンティスの製作が26日から始まるからね。まだ30日の大会のロケーションは発表できないけど26日からアプレンディスの製作が始まるんだ。だから私もバブル(小さなコミュニティ)の中にいないといけない」

「ヘビー級GPではブランドン・ヴェラとアルジャン・ブラーは戦うことに同意している。契約も終えているはずだ。この試合に続くカードも発表する。ヘビー級ファイター達と契約してきたことは知っているだろう? ヘビー級とライトヘビー級が拡充に向けて残された階級だからね」

■現時点でのONE Inside the Matrix対戦カード

ONE世界ミドル級(※93.0キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者]ライニア・デリダー(オランダ)

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者]ユーリ・ラピクス(モルドバ)

<ONE世界フェザー級(※70.3キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]マーチン・ウェン(豪州)
[挑戦者]タン・リー(米国)

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者]ティファニー・テオ(シンガポール)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
アントニオ・カルーゾ(豪州)

The post 【ONE】チャトリ・シットヨートンCEOがバーチャル会見で10月30日大会にフォラヤンの出場を明言 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE エドゥアルド・フォラヤン ブログ

【ONE】活動再開、ONEアスリートの今─01─エドゥアルド・フォラヤン「僕らはトレーニングし続ける」

【写真】心の強さでいえば、この人の右に出る者はいないといっても過言でない静かなる戦士エドゥアルド・フォラヤン(C)Zuffa/UFC

31日(金・現地時間)にタイのバンコクで活動を再開するONEチャンピオンシップ。5カ月振りのイベント再開を前に、世界各地で非常事態を経験してきたONEアスリートたちは何を想い、どう過ごしてきたのかを尋ねるシリーズ。ONEアスリートの今、第1回はONEの歴史とともに、アジア最強のチームに君臨してきたのがフィリピンのチーム・ラカイからエドゥアルド・フォラヤンの登場だ。

マニラやセブ島では、今も感染者が増え続けているという情報が入ってくるなか、天空の街バギオやベンゲット州はどのような状況なのか。そしてチームの活動を元ONE世界ライト級王者でラカイの精神的支柱でもあるフォラヤンに尋ねた。


──エドゥアルド、お久しぶりです。あまりルソン島北部の山岳地域の様子は日本には伝わってこないのですが、ご家族は変わりないですか。

「ファミリーは大丈夫だよ。本当に限られた移動範囲で生活をしているけどね。まだ子供も小さいし、外に出すことは控えているよ。とにかく我慢の時だね」

──今年の1月にはフィリピンでONEが開催され、あの時点でもCOVID19の問題は存在しました。

「確かに。ONEのホテルや会場でもマスク姿の人が多くなってきていたよね。消毒液がレセプションにも置かれるようになっていて。そうだね、それが一気に世界に広まってしまったね。フィリピンでも3月になり感染が拡大したんだ」

──フィリピンはアジアでも感染者はインドネシアに次ぎ、アジアで2番目です。マニラやセブはコミュニティ隔離が行われているままです。ルソン島では都市間の移動が禁止され、夜間は外出禁止、買い出しは1人でという政策もありました。バギオやベンゲット州はどのような状態でしょうか。

「コルディリェラの行政の働きは良かったよ。しっかりとしたガイドラインを作り、警察も協力していた。だから感染者の数を抑えることができた。僕らのバランガイ(市と町で構成されるフィリピンで最小の地方自治単位)ではロックダウンは7日間ほどだけだった。この間に感染者との濃厚接触があった人々のテストが行われ、結果的に僕らのバランガイでは感染者数は40人程度だったんだ」

──素晴らしいですね。

「6月になってからはMGCQ(Modified General Community Quarantine=修正を加えた一般的なコミュニティ隔離処置※政府が定めた4段階の警戒レベルで最も下位のモノ。マニラ首都圏やセブ島は一番上のECQ=Enhanced Community Quarantine=強化されたコミュニティ隔離処理)に指定され、一部の宿泊施設以外の経済活動はガイドラインに沿って再開されたよ。でも今回のパンデミックは世界的に多くのビジネスに影響を与えている。フィリピンでも多くの企業が倒産に追い込まれているよ」

──そんななかチーム・ラカイでのトレーニング状況はどうなっていますか。

「MGCQでもスポーツに関しては、接触の限られたモノという規定になっているんだ。でも、ラカイではプロフェッショナル・アスリートは練習しているよ。一般のジム生の来館は許されていない状態だけどね。

いずれにしても、COVID19に関してはワクチンや薬が開発されてないと、ずっとこういう状態が続くことになるだろうね。エコノミーだけでなく、人々の健康をずっと蝕むことになる。本当に怖いウィルスだね」

──そのなかでMMAの練習はソーシャルディスタンスを取るというわけにはいかないです。

「ソーシャルディスタンスを保っていたら、MMAの練習はできないよね。これはコンタクト・スポーツ、トレーニング・パートナーとはコンタクトが必要になる。そして、既にウィルスはジムにあるかもしれないという現実を受け入れて、練習する必要があるんだ。

もちろん、だから練習前には検温して、手洗い・うがいなど自分たちでできる予防策はこうじているけど……だからこそ、プロだけで練習をしているということだね」

──この機会に少し体を休めようという気持ちになったことはなかったですか。エドゥアルドも相当に体を酷使してきているはずですし。

「アハハハ。僕からトレーニングを奪い取ることは難しいよ。これまで通りとはいかないけど、家にいても走ったり、軽くボクシングをしたり、体を動かすことはできる。でもジムで練習することだって必要だ。僕らはプロフェッショナル・アスリートで休むことも必要だけど、それ以上にこの間に練習をしていないと、多くのモノを失ってしまう。

ラカイのプロ選手は懸命にフィジカル・コンディションのキープに務めてきたから、パンデミック前と変わらない体調を保てているよ」

──その姿勢に対しても、賛同できない人がいるかと思います。

「今、皆が家にいてソーシャル・メディアで意見を発することに夢中になっている。そして、人の間違いを指摘することに集中しているようなケースもあるよね(笑)。僕らアスリートにはトレーニングが必要だということは理解されないこともある。

結果SNSでバッシングされることもあるよ。理解されないこともあるけど、チーム・ラカイの面々は状況が許せばいつでも戦える状態を保ってきた。

7月31日にONEチャンピオンシップがバンコクで活動を再開するのは、明らかに良い兆候だしね。暫らく時間が掛かるかもしれないけど、またONEが以前のようにイベントを開くようになり、フィリピンで大会が行われるときのために、僕らはトレーニングを続ける。

でも、今はまだ我慢は必要だ。ホント、我慢の時なんだよ。それでもチームの士気は高い。そして、戦えない状況がメンタルを強くしている。このコロナ問題で僕らは色々なことを知り、学ぶことができたと思うんだ。この期間のことをレッスンにできるかどうかは、とても大切なことだよ。命の大切さ、そして自由であること。そのことを感謝しないといけない」