カテゴリー
Brave CF42 other MMA Report イブラヒム・マネ ダーヴィド・ヤーコブソン ブログ

【Brave CF42】初回のグラップリング戦で疲れたヤーコブソン、殴られると脆くマネに0-3の完敗

<スーパーウェルター級/5分3R>
イブラヒム・マネ(フランス)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ダーヴィド・ヤーコブソン(スウェーデン)

右ローから左ハイを狙ったマネは、ヤーコブソンの右ローに右を合わせていく。左フックからダブルレッグを仕掛けたマネが、リフトしてテイクダウンに成功する。ケージ際まで移動して立ち上がったヤーコブソンはボディロックで押し込まれた状態が続く。

ヤーコブソンは小外掛けでテイクダウンを奪うと、マネがケージを使って立ち上がる。続くテイクダウン狙いをウィザーで耐え、逆に小手投げの要領で上になったマネは腕十字を防いでパンチを落とす。直後のスクランブルでボディロックテイクダウンを決めたヤーコブソンは、ハーフで抑え立ち上がったマネを小外で倒す。パス狙いからマウントを取ったヤーコブソンは、上体だけを起こしてきたマネにギロチン。前方回転から背中をつけ頭を抜いたマネが、上を取り返しサイドで抑える。ヒジを落としたマネは、スクランブルでバックに回り、マウントに移行し初回が終わった。

2R、マネが左ロー。ヤーコブソンの粗い右フックに組みつくが、自ら離れる。左フックにも右ローを蹴られ、右ストレートを被弾したヤーコブソンは打撃戦で圧される。疲れたか、動きが落ちたヤーコブソンに対し、マネが右ローを入れる。完全に動きが落ちたヤーコブソンは、ロー以外の攻撃がない。ボディを受けたヤーコブソンは全ての打撃をスウェイでかわそうと上体が反れる。

これでは有効な動きができないヤーコブソンに対し、マネも手数が減る。残り80秒、ワンツーで前に出たマネが右を届かせる。ケージまで下がったヤーコブソンは、金網に押し込まれたまま細かいヒザを見せるが、残り10秒でマネがパンチでラッシュをかけると右ストレートをヒットさせラウンドを取った。

最終回、マネが右ローから右ミドル、パンチをまとめる。打撃戦に弱点を見せたヤーコブソンは、大振りのパンチでバランスを崩して簡単にテイクダウンを許す。フルガードの中から枕を作ったマネがしっかりと抑えて時間が経過する。この状態で足をすくいにいっても腰も切れないヤーコブソンが、必死に手首を取りに行く。許さないマネはケージ際まで移動し、ヤーコブソンの自由を奪う。

フレームを作り、押してスクランブルに持ちこもうとしたヤーコブソンはシングルからダブルレッグに移行してテイクダウンも残りは10秒もなく、このままタイムアップへ。打撃を打たれた時の脆さを露呈したヤーコブソンは、マネに0-3で完敗を喫した。


The post 【Brave CF42】初回のグラップリング戦で疲れたヤーコブソン、殴られると脆くマネに0-3の完敗 first appeared on MMAPLANET.