カテゴリー
LFA90 other MMA Report イグナシオ・バハモンデス クリス・ブラウン ブログ

【LFA90】とリッキー対決。フグトルネード、カカト落としたで魅せたバハモンデスがブラウン下す

<ウェルター級/5分3R>
イグナシオ・バハモンデス(チリ)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
クリス・ブラウン(米国)

ロー、ハイを見せながらパンチを振るうバハモンデスに対し、ブラウンがニータップでテイクダウンを決める。バハモンデスはハーフバタフライからスイープ、スクランブルに持ち込みブラウンが立ち上がってきたところに右ハイを頭部に蹴り込む。ブラウンはジャブに関節蹴りを合わせるという危ない攻撃を繰り返す。

左を当てたバハモンデスは右ボディストレート、スイッチを入れてローを蹴る。チェックし前蹴りを繰り出したブラウンはケージを背負って戦うが、バハモンデスはカカト落としを見せる。関節蹴りを繰り返すブラウンに右ジャブを当てたバハモンデスは、オーソから右ミドルハイ、さらに右オーバーハンドを入れ、ブラウンがパンチを纏めるとスピニングバックフィストを放った。

疲れた感のあるブラウンに対し、バハモンデスは構え、角度を変えミドルを蹴り込む。続いてブラウンの前進に右を合わせたバハモンデスはフグトルネード、そしてカカト落としとアンディ・フグを彷彿させる蹴りをMMAで魅せた。

2R、バハモンデスの左ローに対し、右フックを振るうブラウンがサイドキックの要領でヒザへの関節蹴りを狙う。右フック、左オーバーハンドを当てたバハモンデスはテイクダウン狙いを切り、左を振るう。カウンターの右を当てたブラウンが、右ストレート。右フック、そして左フックから右ハイを狙う。手数が増えてきたブラウンが右を当て、左フックを決める。

バハモンデスはケージを背負ったブラウンに、スピニングバックキック。よけたブラウンは右フックに左を被弾して動きが落ちる。ここで組んだブラウンだがテイクダウンを奪えず、大きく息をする。残り90秒、鋭い右ローを走らせたバハモンデスは右ミドル、左ロー、右ボディストレートと手数が減ることはない。

再びフグトルネードを入れ、右フックを当てたアハモンテデス。ブラウンは続く右オーバーハンドを被弾して後退。ブラウンは左ハイ、そこにバハモンデスがスピニングバックフィストを繰り出す。さらにブラウンはハイからスピニングバックフィストに移行する。くるくる回る両者、互いにヒットはしなかったが、色々と手を変えてペースを握ろうと戦った。

最終回、カカト落としを蹴ったバハモンデスに対し、ブラウンはパンチをダックでかわしてから左ハイという動きを見せる。パンチの打ち終わり、頭が下がった状態でハイを繰り出し、さらにスピニングバックフィストに繋げるブラウンは変則的な動きが多い。

ハイからバックフィストという攻撃をブロックしたバハモンデスは、スイッチをしつつ右を届かせる。手数はブラウンが増えた最終回、バハモンデスが右ミドルを決める。ボディロックテイクダウンに失敗し、ケージ際まで下がったブラウンは左ジャブを被弾する。

頭を下げた状態でハイを繰り返すブラウンだが、バハモンデスは見えているか。残り1分でダブルレッグを切られたブラウンは、右ジャブを当て右ショートアッパー。バハモンデスは最後に浴びせ蹴りを見せ、ガードを強いられ試合が終わった。

両者揃ってトリッキーな動きを続けたタフファイト、ジャッジは2-1でバハモンデスを支持した。 「これをやるために生まれてきたんだ。チームが僕が何をすべきが知ってくれている。どのようなレスラーと戦っても大丈夫だ」とバハモンデスは話した。