カテゴリー
KSW53 Other MMA Result アンジェイ・グジェビク ブログ ボリズ・マンコフスキー マテウス・ガムロ

【KSW53】試合結果 因縁に決着?! ガムロがパークを戦闘不能に追い込む。グジェビグも激勝

【写真】KSWの無観客大会は関係者か選手の知人か、若干名の応援という立場で現場にいる人たちがいたようだった(C)KSW

11日(土・現地時間)、ポーランドの独立巨大団体=KSWがパンデミック後初となる大会=KSW53「Reborn」をワルシャワのスタジオで行った。

メインのグラッジマッチの決着戦、KSWライト級王座統一戦は暫定王者ノーマン・パークが計量失敗で、ノンタイトルの5分✖5Rマッチとして実施され、正規王者マテウス・ガムロがTKO勝ちした。

元ウェルター級王者ボリス・マンコフスキーと元フェザー級王者マルチン・ロゼクのライト級戦はマンコフスキーが判定勝ち、2階級制覇を狙う位置に着いたか。

またポーランド他団体王者対決は打✖組みとなる予想を裏切り、完全ストライキングマッチに。アンジェイ・グジェビグがトマス・ヤクビエツを破っている。

KSW53「Reborn」
<71.8キロ契約/5分5R>
○マテウス・ガムロ(ポーランド)3R3分02秒
TKO
詳細はコチラ
×ノーマン・パーク(英国)
<ライト級/5分3R>
○ボリス・マンコフスキー(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×マルチン・ロゼク(ポーランド)
<ミドル級/5分3R>
○トマシュ・ドルヴァル(ポーランド)2R2分34秒
TKO
詳細はコチラ
×ウーカシュ・ビエンコウスキ(ポーランド)
<ウェルター級/5分3R>
○アンジェイ・グジェビグ(ポーランド)2R0分15秒
KO
詳細はコチラ
×トマシュ・ヤクビエツ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○ロマン・ジュマンスキ(ポーランド)3R4分37秒
TKO
×フィリップ・ペジッチ(クロアチア)
<ライト級/5分3R>
○アルトゥル・ソウィンスキ(ポーランド)1R2分04秒
TKO
詳細はコチラ
×グシェゴシュ・ジュラコウスキ(ポーランド)
<80キロ契約/5分3R>
○ミハウ・ピエツァク(ポーランド)1R0分56秒
TKO
詳細はコチラ
×カミル・スミゾウスキ(ポーランド)
<バンタム級/5分3R>
○セバスチャン・シュブシュ(ポーランド)3R1分18秒
KO
×ヤクブ・ヴィクワッチ(ポーランド)


カテゴリー
KSW43 other MMA Report アンジェイ・グジェビク トマシュ・ヤクビエツ ブログ

【KSW53】他団体王者対決は、打撃勝負に出たヤクビエツをグジェビグが殴り倒しKO勝ち

<ウェルター級/5分3R>
アンジェイ・グジェビグ(ポーランド)
Def.2R0分15秒 by KO
トマシュ・ヤクビエツ(ポーランド)

右ローをまず見せたグジェビグが、ワンツーを当てる。左ミドルを蹴ったヤクビエツはボクシングで対抗しワンツーを当て返す。左ストレートからワンツーを当てたヤクビエツに対し、グジェビグが鋭い左フックをヒットする。続いた前蹴りを腹に決めたグジェビグが、左フックに続き左ミドルを蹴り込む。それでも打撃勝負のヤクビエツは左フックから右ストレートでダウンを喫し、ハーフから懸命に潜ろうとする。ウィザーで潰しエルボーを打ち込むグジェビグは、シングルを潰してバックに回るも前方に落とされる。

三角絞め狙いを潰したヤクビエツだが、グジェビグが蹴り上げからスタンドに戻ると右から左フックを2度被弾しまたも後方に倒れる。殴られながらも足に組みつき立ち上がったヤクビエツは足払いで崩され、左のエルボー&パンチを連打されながら、何とかラウンド終了に持ち込んだ。

2R開始直後、前に出てきたヤクビエツに左を打ち込んだグジェビグ。腰から崩れたヤクビエツを見て、レフェリーが試合を止めた。「ヤクビエツはとてもタフなファイターだけど、誰も夢見たKSWでKO勝ちができた。彼は打撃も強かった。俺はシャイじゃない。ここでスターになりたいんだ。10年間、ハードワークをこなしてきた。KSW、コーチに感謝している」と勝者は話した。


カテゴリー
KSW53 News other MMA アンジェイ・グジェビク トマシュ・ヤクビエツ ノーマン・パーク ブログ ボリズ・マンコフスキー マテウス・ガムロ マルチン・ロゼク

【KSW53】計量終了 ファンの前で公開計量も、パークが体重オーバーでガムロとの統一戦はノンタイトルに

【写真】なんともシュールなファイト時の出で立ちのヤクビエツと、背広姿のグジェビグ(C)KSW

10日(金・現地時間)、ポーランドのワルシャワで無観客大会として開催されるKSW53「Reborn」の計量が行われた。

明日のイベントは無観客で行われるが、お国柄かKSW名物の生バンドの重低音BGMこそ省かれたもののパブリック計量&フェイスオフがショッピングセンターで行われた。

またファンはソーシャルディスタンスを取ることなく、マスクをしている人の数も非常に少ない様子がKSW TVの動画からも明らかになっている。

公開計量を通して、マスクをして登場したのはクロアチア人のフィリップ・ペジッチだけ──つまりポーランド人ファイターは全員がマスク未着用だった。

そんなパブリック計量の最後にメインでノーマン・パークとライト級王座統一戦を戦う──ライト級&フェザー級王者マテウス・ガムロが、2本のベルトを肩にかけメガネをつけたまま登壇。パークは本計量で体重オーバーになっており姿を見せないまま計量は終了し、両者の試合はノンタイトル戦の5分✖5Rで実施されることとなった。

因縁の決着戦もパークが体重を落とせなかったことで、いきなり水を差された形だ。


ファンの目の前で行われた公開計量では、ノーネクタイの背広姿で登壇したアンジェイ・グジェビグと、トマシュ・ヤクビエツのフェイスオフ──ヤクビエツの苦い顔が印象に残った。

この両者の1戦はグジュビクがFight Exclusive Nightミドル級&ウェルター級王者で、ヤクビエツがArmia Fight Nightウェルター級王者という顔合わせで、KSWウェルター級王者ロベルト・ソルディッチへの挑戦権が事実上掛けられている。

背広で公開計量に姿を見せたグジェビグはストライカーで、オーソながら特に左から右のワンツー後に繰り出される左ミドルや左ハイは非常に威力があり、ペースを掴む攻撃手段だけでなくフィニッシュにもなる。

対してヤクビエツはボクシング&柔術の選手で、基本はトップでパウンドで削り、スクランブルからバックを制す現代MMAなスタイルながら、ストレートフットロックを果敢に仕掛け、ヒールで対戦相手のヒザを破壊するなど、極めの強さも見せてきた。

明日の試合でも、下にったヤクビエツが果敢に極めを狙うことができるのか。あるいはグジェビグが打撃で突き放し、テイクダウンを切ってパンチで詰めていくのか──が、見所となる。

さらには、KSW活動再開イベントらしく実績のある選手が揃った今大会では、セミの階級を越えたチャンピオン対決=元KSWウェルター級王者ボリス・マンコフスキー✖元フェザー級マルチン・ロゼクも注目だ。

フェイスオフでロゼクがかめはめ波は見せる。これに対し、マンコフスキーはロゼクが被っていたキャップを取り上げ、ならばとロゼクが逆にマンコフスキーのサングラスを外す。ここから胸をついてあわや乱闘という状況ながら、両者は笑顔を浮かべたままで、じゃれあっている風でもあった。

■ KSW53計量結果

<ライト級/5分5R>
マテウス・ガムロ:70.3キロ
ノーマン・パーク:71.8キロ

<ライト級/5分3R>
ボリス・マンコフスキー:70.7キロ
マルチン・ロゼク:70.4キロ

<ミドル級/5分3R>
トマシュ・ドルヴァル:83.9キロ
ウーカシュ・ビエンコウスキ:84.0キロ

<ウェルター級/5分3R>
アンジェイ・グジェビグ:77.2キロ
トマシュ・ヤクビエツ:77.4キロ

<ライト級/5分3R>
ロマン・ジュマンスキ:70.7キロ
フィリップ・ペジッチ:70.5キロ

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・ソウィンスキ:70.4キロ
グシェゴシュ・ジュラコウスキ:70.5キロ

<80キロ契約/5分3R>
カミル・スミゾウスキ:79.1キロ
ミハウ・ピエツァク:79.7キロ

<バンタム級/5分3R>
セバスチャン・シュブシュ:61.1キロ
ヤクブ・ヴィクワッチ:61.6キロ

カテゴリー
KSW53 News other MMA アンジェイ・グジェビク トマス・ヤクビエツ ノーマン・パーク ブログ マテウス・ガムロ

【KSW53】対戦カード 東欧の雄=メガMMA大会=KSWも無観客&粒揃いのカード出揃う

【写真】国内勢が中心だが好カードが揃ったKSWリスタート大会。無観客でできる強みがKSWにもあるということか(C)KSW

2020年7月11日(土・現地時間)
KSW53「Reborn」
ポーランド ワルシャワ

■視聴方法(予定)
7月12日(日・日本時間)
午前3時00分~FITE
午前3時00分~KSW.TV

■ 対戦カード

<KSWライト級王座統一戦/5分5R>
[正規王者]マテウス・ガムロ(ポーランド)
[暫定王者]ノーマン・パーク(英国)

<ライト級/5分3R>
ボリス・マンコフスキー(ポーランド)
マルチン・ロゼク(ポーランド)

<ライト級/5分3R>
アルトゥル・ソウィンスキ(ポーランド)
グシェゴシュ・ジュラコウスキ(ポーランド)

<ミドル級/5分3R>
トマシュ・ドルヴァル(ポーランド)
ウーカシュ・ビエンコウスキ(ポーランド)

<ウェルター級/5分3R>
アンジェイ・グジェビグ(ポーランド)
トマス・ヤクビエツ(ポーランド)

<ライト級/5分3R>
ロマン・ジュマンスキ(ポーランド)
フィリップ・ペジッチ(クロアチア)

<バンタム級/5分3R>
セバスチャン・シュブシュ(ポーランド)
ヤクブ・ヴィクワッチ(ポーランド)

<ライト級/5分3R>
カミル・スミゾウスキ(ポーランド)
ミハウ・ピエツァク(ポーランド)

カテゴリー
KSW53 News other MMA アンジェイ・グジェビク トマシュ・ヤクビエツm ノーマン・パーク ブログ ボリズ・マンコフスキー マテウス・ガムロ マルチン・ロゼク

【KSW53】KSWの活動再開はライト級統一戦ガムロ✖パーク、チャンプ対決&他団体王者マッチから

【写真】ガムロが面白いのは、完全狂犬タイプのグラップラーであること。そしてパークともどもダーティーファイトも辞さない (C)KSW

「WE AER BACK」──2日(金・現地時間)、ポーランドのKSWが11日(土・同)にタイトル戦を含む無観客大会の開催を改めてプレスリリースで発表した。

新型コロナ感染拡大から活動再開期を迎えたMMAワールドだが、KSWでも今大会を5月末からSNSを通じて発信してきた。


ポーランドでは3月15日から感染脅威事態宣言がなされ国境が封鎖されていたが、6月にEUやEFTA(欧州貿易連合)に加盟している国のビジネス関係者の入国は認められている状況になっている一方で、感染者数は35000人、死者は1500を数えている。

そんななか、再生KSWでは首都ワルシャワのスタジオで無観客大会として、今大会= KSW53「Reborn」を実施する。メインはKSWライト級王座統一戦=正規王者でフェザー級との2冠王マテウス・ガムロが、暫定王者ノーマン・パークと対戦するグラッジマッチだ。

両者は2017年5月に5万8000人の観客を集めたスタジアムショーでライト級王座を賭けて戦い、疑問の声が集まった判定勝ちをガムロが収めている。その結果、5カ月後にはガムロにとっては敵地といえるアイルランド大会で再戦が実現した。そして両者の感情のしこりが悪い影響を及ぼし、パークのアイポークで試合はNCとなっている。

あれから2年9カ月──ガムロはクレベル・コイケを下してフェザー級王座を獲得して以来、1年8カ月ぶりのMMAファイトで、昨年9月にマルチン・ロゼクを破り暫定王者となったパークと因縁の決着戦を戦うことになった。5万8000人の観客の前だろうが、無観客大会だろうが、このマッチアップが熱くならないわけがない。

コ・メインではパークとの暫定王座戦に敗れた元フェザー級チャンピオンのロゼクが、元ウェルター級王者ボリス・マンコフスキーとライト級で戦うという試合が組まれた。階級を上げてライト級のロゼクと、下げてライト級のマンコフスキー、どちらが動けるコンディションにあるのかも鍵となろう。

さらに注目はアンジェイ・グジェビクのKSW初陣だ。グジェビグは規模の差はあるとはいえKSWの対抗組織Fight Exclusive Nightのミドル級&ウェルター級チャンピオン。同じくポーランドのMMAプロモーションArmia Fight Nightウェルター級王者で、今回がKSW初参戦となるトマス・ヤクビエツとの対戦は、事実上ウェルター級王者ロベルト・ソルディッチへの挑戦権が掛っているといって間違いない。

さすがは最強MMA独立国家=KSW、活動再開からマニア垂涎のラインナップを揃えてきたといえるだろう。