カテゴリー
Invicta FC42 other MMA Report アシュレイ・カミンズ アリーシャ・ザッピテーラ ブログ

【Invicta FC42】アリーシャ・ザッピテーラ、ヴァンフルーチョークで新インヴィクタ・アトム級世界王者に

<Invicta FC世界アトム級王座決定戦/5分5R>
アリーシャ・ザッピテーラ(米国)
Def.4R1分20秒by ヴァンフルーチョーク
アシュレイ・カミンズ(米国)

身長差のある両者、長身のカミンズが左手を伸ばした構えを取る。右を振るい、左フックを繰り出すザッピテーラにカミンズが右を当てる。差し出された左手を叩いたザッピテーテの左ミドルにワンツーを放ったカミンズが、続く右を打ち込み、ザッピテーラの腰が落ちる。離れたザッピテーラに再び右を当てたカミンズが、ザッピテーラのダブルレッグを切り、ケージ際で右を打って離れる。

続くテイクダウン狙いを切られたザッピテーラだが、ギロチンを切り抜けトップを取る。ハーフから首を固め、スクランブルで投げを打ったザッピテーラが、エルボーを打ちつけトップで最初のラウンドを戦い終え、ジャッジ2人だけがカミンズを支持した。

2R、スーパーマンパンチから組みついたザッピテーラが、ケージにカミンズを押し込む。ボディロックからヒップトスを狙ったザッピテーラ、これを耐えたカミンズが離れる。左ジャブを入れたカミンズは、ザッピテーラの前進に右を合わせる。ザッピテーラはそのまま組みつくが、テイクダウンは奪えないまま打撃の間合いに。

ザッピテーラの右オーバーハンドに、右をカウンターでヒットさせたカミンズが、テイクダウン狙いをケージを利して耐える。離れたザッピテーラが左フックを放つも、続く右ローに右トレートを被弾。前に出ると右を打たれるザッピテーラが、左にも右クロスを打たれ、もう一発カミンズが右を入れる。UFC Fight PassのCGではオープンスコアは確認されなかった。

3R、やや近い距離でジャブを放つカミンズは、ザッピテーラのダブルレッグを切り右を当てる。直後にローシングルを決めたザッピテーラに対し、カミンズはハイガード。腰を切って腕を狙う。ザッピテーラは察知し、右ヒザを押し当て左足を抜いてハーフへ。ワキ腹にエルボーを入れるザッピテーラ、カミンズも同じようにヒジ打ちを繰り出す。

キムラ狙いつつ、パスのプレッシャーを強めるザッピテーラは、ついにサイドを取ることに成功する。ザッピテーラはエルボーを側頭部に打ち、顔面にもパンチとエルボーを落としていく。しっかりとサイドで抑えるザッピテーラはニーインベリー、潜ったカミンズが背中を預けて立ち上がる。胸を合わせたカミンズがエルボーを放って離れたところで、ラウンド終了に。

3Rまでのスコアはカミンズが29-28、29-28、28-29でリード。残り10分、4はまずザッピテーラがテイクダウンを決め、カミンズのギロチンを防ぐ。ヴァンフルーで絞めるザッピテーラが、肩のプレッシャーを強める。動けないカミンズがタップし──アリーシャ・ザッピテーラが新インヴィクタFC世界アトム級チャンピオンに輝いた。

「ホント、信じられない。バックステージに戻ってきたも、現実だとは思えないの。最初の2Rは厳しくて、ヴァンフルーを極めることができるなんて……。少し、次の試合まで時間をおきたい」と新チャンピオンは話した。


カテゴリー
Invicta FC42 News other MMA アシュレイ・カミンズ アリーシャ・ザッピテーラ ブログ

【Invicta FC42】計量終了 Covid19で1試合が消滅、1試合が代役登用のキャッチ戦に

【写真】オフィシャルから配布された写真は、なぜかメインはザッピテーラのピンショットでカミンズとのフェイスオフや彼女の写真はなかった。下はデルボニとチブルシオのブラジリアン対決=好勝負必至 (C)INVICTA FC

16日(水・現地時間)、17日(木・同)にカンザス州カンザスシティのポリス・アスレティック・リーグで開催されるInvicta FC42「Cummins vs Zappitella」の計量が行われた。

常打ち会場メモリアルホールから、青少年センターに場所を移して無観客で行われる同大会。メインは空位のInvicta FC世界ストロー級選手権試合=アシュレイ・カミンズ✖アリーシャ・ザッピテーラが組まれている。



Invicta FC42「Cummins vs Zappitella」 (9月17日)

当初の予定では6試合が予定されていたが、バンタム級のオータム・ノートンとブリトニー・クラウドの一戦がCOVID19の検査の結果行われなくなったというアナウンスされているが、どちらの選手が陽性だったか発表されていない。

また新型コロナウィルスの検査により、ストロー級で組まれていたジェニファー・チェンとフオーレ・アニの一戦もCovid19の影響で、アニに代わりチェンがヘレン・ペレルタと対戦。ストロー級でパスしていたチェンは119.3ポンドだったペレルタと120ポンド契約で戦うこととなっている。

■視聴方法(予定)
8月18日(金・日本時間)
午前10時00分~UFC FIGHT PASS

■Invicta FC42計量結果

<Invicta FC世界ストロー級王座決定戦/5分5R>
アシュレイ・カミンズ: 104.9ポンド(47.58キロ)
アリーシャ・ザッピテーラ: 104.4ポンド(47.35キロ)

<バンタム級/5分3R>
リサ・ヴェルゾサ: 134.5ポンド(61.0キロ)
ラケル・カヌート: 135.6ポンド(61.5キロ)

<ストロー級/5分3R>
ジェシカ・デルボニ: 115.6ポンド(52.43キロ)
エリカ・チブルシオ: 115.1ポンド(52.2キロ)

<フライ級/5分3R>
ヴィクトリア・レオナード: 125.7ポンド(57.01キロ)
リズ・トレイシー: 125.3ポンド(56.83キロ)

<120ポンド契約/5分3R>
ジェニファー・チェン: 114.9ポンド(52.11キロ)
ヘレン・ペレルタ: 119.3ポンド(54.11キロ)

カテゴリー
Invicta FC40 Other MMA Result アリーシャ・ザッピテーラ エミリー・ダコーテ ブログ リンジー・ヴァンザント

【Invicta FC40】試合結果 日本人選手の物差しとなる大会。ダコーテ、ザッピテーラが判定勝ち

【写真】ザッピテーラが総合力でヴァンザントを下した(C)DAVE MANDEL/INVICTA FC

2日(木・現地時間)、カンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールでInvicta FC40「Duote vs Lima」が開催された。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、3月以来の活動再開となったインヴィクタFC。メインでは村田夏南子とのストロー級王座決定戦で敗れたエミリー・ダコーテが、ジュリアナ・リマに判定勝ち。

セミでは浅倉カンナに敗れているアリーシャ・ザッピテーラが、RENAと1勝1敗のリンジー・ヴァンザントに勝利するなど、RIZINとの縁の深いファイターが上位カードに出場──UFCへの女子ファイターの最大手供給源での今回の結果は、日本女子MMAファイターの力がどこにあるか、スケールにできるイベントだった。

Invicta FC40「Ducote vs Lima」
<ストロー級/5分3R>
○エミリー・ダコーテ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ジュリアナ・リマ(ブラジル)
<アトム級/5分3R>
○アリーシャ・ザッピテーラ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×リンジー・ヴァンザント(米国)
<フェザー級/5分3R>
○チェルシー・チャンドラー(米国)1R1分05秒
RNC
詳細はコチラ
×リヴ・パーカー(米国)
<フライ級/5分3R>
○トリーシャ・シセロ(米国)3R
判定
×ローラ・ガヤルド(米国)
<ストロー級/5分3R>
○ジーニア・グッディン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×シェルビー・コーレン(米国)
カテゴリー
Invicta FC40 other MMA Report アリーシャ・ザッピテーラ ブログ リンジー・ヴァンザン

【Invicta FC40】ヴァンザント、イージーに下になり過ぎ、スプリットでザッピテーラに敗れる

<アトム級/5分3R>
アリーシャ・ザッピテーラ(米国)
Def.2-1:30-27.29-27.28-29
リンジー・ヴァンザント(米国)

右フックを振るうザッピテーラ、ヴァンザントはダックからローを蹴る。シングルレッグでテイクダウン狙ったザッピテーラに対し、ヴァンザントは前転してガードを選択する。ハーフのヴァンザントが足を戻すと、割って立ち上がったザッピテーラが組んでケージに押し込む。押し返し小外掛けでテイクダウンをヴァンザントが仕掛けるも、ウィザーで腕をきかせたザッピテーラがトップを取り切り、パスからサイドで抑え込む。

ヴァンザントは足を戻すことができず。右のパンチ、ショートエルボーを落とされる。ワキをすくえず肩ブリッジも潰されたヴァンザントだが、残り70秒で足を戻す。すぐに左足を抜いたザッピテーラがアメリカーナ、直後にパスガードを決める。ブリッジから足を戻したヴァンザントは最後に右ミドル、受け止めたザッピテーラが右を振るって時間となりジャッジ3者ともザッピテーラのラウンドとした。

2R、左フックにダブルを合わせたヴァンザントだが、切ったザッピテーラが逆にテイクダウンを決める。ラバーガード狙いのヴァンザントのオモプラッタにも、上体を起こして腕を抜いたザッピテーラが力強い寝技でパスを決める。肩を押しつつヒップエスケープのヴァンザント、潰したザッピテーラは足を戻されると距離を取り、ヒザを着いた状態から飛び込んでパンチを狙う。

試合がスタンドに戻るとヴァンザントが後ろ回し蹴り。ヴァンザントは左ミドルでバランスを崩し、背中をマットにつける。寝技に拘らなかったザッピテーラは、打撃戦を選択もやや疲れてきたが。ザッピテーラの左フックに右を合わせたヴァンザントが、ダブルレッグを切り、右ハイを繰り出す。ザッピテーラは続くダブルレッグからのスクランブルで、ヒザをボディに突き刺す。引き込んですぐに立ち上がったヴァンザント、ラウンド終了時点でジャッジの判断は20-18に加え19-18という判断が難しいスコアもあり、2人がザッピテーラを支持。もう1人は19-19のイーブンだった。

最終回、ヴァンザントはワンツーにダブルレッグを合わせられるも切って、スタンドをキープ。ザッピテーラは続いてローシングルを仕掛けるが、ヴァンザントは反転して足を抜く。右ミドルに組みついたザッピテーラは頭が落ち過ぎてしまい、ヴァンザントがバックに回り足をフックしていく。

胸を合わせ、足を抜いたザッピテーラがサイドで抑え、ワキ腹にエルボーを入れる。ヴァンザントが足を戻して、胸を蹴ってスタンドへ。鋭い右ミドルハイを蹴ったヴァンザントはテイクダウンを切り、ヒザ蹴りを狙う。さらに跳びヒザを見せたヴァンザントだが、ここにテイクダウンを合わされて下に。クローズドガードから、三角狙いのヴァンザントは、反応されると蹴り上げから立ち上がり、ここも跳びヒザを狙う。

互いに引かず、右を狙ったところでタイムアップに。ジャッジの判断はスプリットに割れ、ザッピテーラが判定勝ちを手にした。


カテゴリー
Invicta FC40 News other MMA アリーシャ・ザッピテーラ エミリー・ダコーテ ジュリアナ・リマ ブログ ペイジ・ヴァンザント

【Invicta FC40】計量終了 RENAと1勝1敗のヴァンサントがマスク姿のハーレー・クインに

【写真】マスク姿、そしてバーズ・オブ・プレイではなくスーサイド・スクワット版のハーレイ・クインが登場した(C)DAVE MANDEL/INVICTA FC

1日(水・現地時間)、2日(木・同)にカンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールで開催されるInvicta FC40「Ducote vs Lima」の計量が行われた。

3月以来、4カ月振りの活動再開となったインヴィクタFCだが、フライ級でヴィクトリア・レオナードと対戦予定だったディアナ・ベネットが、減量中に体調不良となり計量を行うことができず欠場に。レオナードは計量にパスした時点でファイトマネーは手にできるが試合はなくなってしまった。


今大会の計量は、体重を測る際にはマスクをせず、ステアダウンでマスク着用という進行が見られセミで昨年8月にRIZINで浅倉カンナに敗れているアリーシャ・ザッピテーラと対戦する──RENAと1勝1敗、紫乃バンフーズに勝利──リンジー・ヴァンザントは、DCコミックスのスーパーヴィランランで、カワ危ないハーレイ・クインに変身にフェイスオフを行った。

メインでジュリアナ・リマと戦うエミリー・ダコーテは村田夏南子と世界ストロー級王座決定戦で敗れているファイター。J-女子MMAと関係するファイターが目立つ今大会は、5試合というコンパクトなイベントとなる。

■ Invicta FC40計量結果

<ストロー級/5分3R>
エミリー・ダコーテ: 115.2ポンド(52.25キロ)
ジュリアナ・リマ: 115.5ポンド(52.38キロ)

<アトム級/5分3R>
アリーシャ・ザッピテーラ: 105.7ポンド(49.94キロ)
リンジー・ヴァンザント: 105.2ポンド(47.71キロ)

<フライ級/5分3R>
ディアナ・ベネット:──
ヴィクトリア・レオナード: 125.9ポンド(57.1キロ)

<フェザー級/5分3R>
チェルシー・チャンドラー: 145ポンド(65.77キロ)
オリヴィア・パーカー: 145.7ポンド(66.08キロ)

<フライ級/5分3R>
トリーシャ・シセロ: 126ポンド(57.15キロ)
ローラ・ガヤルド: 125.1 ポンド(56.74キロ)

<ストロー級/5分3R>
ジーニア・グッディン: 115.9ポンド(52.57キロ)
シェルビー・コーレン: 115.9ポンド(52.57キロ)

カテゴリー
Invicta FC40 News other MMA アリーシャ・ザッピテーラ エミリー・ダコート ジュリアナ・リマ ブログ リンジー・ヴァンザン

【Invicta FC40】インヴィクタ活動再開!! メインはダコート✖リマ。セミにRENAと1勝1敗のヴァンザン出場

【写真】活動再開インヴィクタのメインはダコート✖リマ(C)INVICTA FC

9 日(火・現地時間)、Invicta FCが7月2日(木・同)にホームであるカンザス州カンザスシティのメモリアルホールで新型コロナウィルス感染拡大後、初めてのライブイベントを行うことを発表した。

同大会はカンザス州アスレチックコミッション監修の下、UFC Fight Passで中継され無観客試合として行われ、選手、コーナー、スタッフはコヴィッド19の検査を受けることとなっている。


3月6日のPhoenix Series03以来、約4カ月振りの活動再開となるインヴィクタFC、そのメインではエミリー・ダコート✖ジュリアナ・リマのストロー級戦がマッチアップされた。

ダコートは昨年11月に村田夏南子と世界ストロー級王座を賭けて戦い、スプリット負けを喫して以来9カ月振りの再起戦となる。リマはUFCで3勝4敗の戦績でリリースされた後、昨年5月に再浮上を狙いインヴィクタFCと再契約し、フェニックスシリーズ01に出場も準決勝で優勝したブリアナ・ヴァンビューレンに敗れた選手だ。

一方、ダコートはBellatorフライ級で4勝4敗という星を残し、ストロー級で新天地インヴィクタを目指した。互いにムエタイ&柔術というスタイルながら、リマは打撃寄りのウェルラウンダーだ。遠いレンジでローやオーバーハンドを見せて、テイクダウンに結びつけるリマに対し、ダコートは近距離で戦い寝技ではよりサブミッションを仕掛ける印象がある。

セミではMSGとさいたまスーパーアリーナでRENAと戦ったリンジー・ヴァンザンがインヴィクタ3戦目で、アリーシャ・ザッピテーラと戦うアトム級の1戦など今大会は全6試合がラインアップされている。