カテゴリー
Interview Special UFC UFC ESPN15 アマンダ・レモス ブログ 岡田遼 魅津希

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─10─レモス✖魅津希「普遍性の原則、個別性の原則」

【写真】どれだけ強い相手に対しても、絶望的な負けは決してないのが魅津希だが── (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼の語りたいUFCプレリミマッチ。

ここでは16日(木・現地時間)のUFC ESPN15で行われた女子ストロー級戦=アマンダ・レモス✖魅津希戦について話してもらった。


──過去1カ月、岡田選手が気になったUFCプレリミ1試合目は?

「まずは魅津希選手とアマンダ・レモスですかねぇ……。ホント、魅津希選手が強いのは重々承知していて。でも相手がメチャクチャ強かったです。レモスが強かった。最初の左ミドルを見た時に、凄く伸びていて『なんだ、コイツは!』って思いましたね。

何よりも凄く落ち着いて戦っていて、カウンターが取れる。アレは男も顔負けのレベルです。非常に完成度の高い選手ですね」

──バンタム級では戦っていたのが禁止薬物使用で出場停止になり、復帰後はストロー級に。転向初戦は寝技ですぐに勝ってしまったので、バンタム級の時と比較して打撃がどうなるのか分からない。そういう状況でした。

「魅津希選手は小刻みに体を揺らすフェイントを多用して、動いてはいたのですが、レモスがよく動きを見て一発、一発の精度が良かったです。アレはスピード云々という部分ではない強さでしたね。

ダウンを取ったのも、その前に左ミドルと前蹴りで腹を攻めていて。サウスポーで奥足の蹴りを出し、そのまま前方に着地してオーソに変えてのワンツー」

──蹴り足を前に着地してのスイッチは、マイケル・チャンドラーもベンソン・ヘンダーソンをKOした時に使っていましたね。

「最近のトレンド的な攻撃ですが、ATTはアレをドリルでやっていたんです」

──えぇ!! あのスイッチがドリルに組み込まれているのですが。

「ハイ。だから、レモスのあの蹴りを見た時は『コレだっ!!』、『見えないやつだっ!!!!』って。練習していますよね。あのダウンを奪ったシーンは、積み重ねていたモノが見えた気がしました。

それにあのスイッチがあると、次から蹴りへの反応が変わってしまいます。とらわれ過ぎると」

──魅津希選手は相手の情報がないと不安だというようなことをインタビューで話していました。岡田選手の場合、相手の情報がない時はどういう風な心構えでいますか。

「僕は自分のやってきたことを信じるしかないです。相手に意識を集中するのではなくて。自分のやるべきことにフォーカスする。それは対戦相手の情報が不足している時に限らず、いくらでも映像が視聴できる選手に対しても、僕の場合はそうしています。誰が相手でも。

まぁ、気にしてしまうのかしれないですけど、アレだけ強いんだから。自分を信じて戦えば良いと思います。きっと色々できて、本当に強いのですが試合で、そこが出ないケースもありますしね。

最終回も魅津希選手はケージに押し込んでいたじゃないですか。2つ取られていて、3Rは押し込むべきではなかったと思います。時間を使ってしまって……アレはなぜのなかって。でも、逆に色々とできて選択肢が多いからなのでしょうかね。とにかく強いんだから、自分を信じて欲しいです。もっとできるだろうし」

──どの局面でも強い。だから、どこでも戦う。そこから北米MMAで勝つ動きを身に付けてきた。でも、まだ試合に出し切れていない。

「もちろん、相手が強かったというのはあります。本当にそこは。あのレモスっていうのは相当に強いです。それでも魅津希選手はUFCでチャンピオンを狙える器ですから、ああいう選手にも勝たないといけない。それには自分の力以上のモノすら出さないといけないのがUFCだと、僕なんかでも思うんです。普遍性の原則と、個別性の原則というのか……」

──また、難しい言葉をだしてきましたねぇ(苦笑)。

「普遍性の原則は誰にでも当てはまります。ただし、個別性の原則はある人には合うけど、自分には合わないモノがある。米国でUFCに勝つスタイルには王道があるからもしれないけど、自分には合わないということもある。そういうことだと思うんです。そこに寄せ過ぎて、自分の良さを失うこともあります。もちろん、王道を知る必要がありますが、やはりそこからは自分を知って、自分が強い戦いをする。それもMMAの戦い方ではないでしょうか。

だいたいUFCで強い人って、個性的な人ばかりで、誰も真似できない……個別性の原則の究極系のような奴らばかりですからね。魅津希選手にも個別性の原則はある。そういう風にあの3Rの戦いぶりを見ていて感じました……UFCに行きたいと思っている、その他大勢の素質的にはB級の僕ですけど(笑)」

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN15 アマンダ・レモス ブログ 魅津希

【UFC ESPN15】初回にダウンを喫した魅津希、クリンチゲームでレモスを崩せず悔しい判定負け

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・レモス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
魅津希(日本)

鋭い左ローを蹴った魅津希、レモスも右ローを見せる。魅津希の前進に細かいパンチを打ったレモスはスイッチを交え、魅津希の前進をしっかりと見て右を振るう。スピニングエルボーを放ったレモスに対し、魅津希はクリンチ&ケージへ。細かいヒザを入れる魅津希、レモスは右エルボーを繰り出す。魅津希も右エルボーを返し、ヒザ、右を差すと左のパンチを打っていく。レモスはヒザをボディに返し、離れた魅津希に対しパンチを纏め、魅津希も打ち返すが左ミドルを被弾する。

右クロスを当てた魅津希、レモスは左ミドルからワンツーを打ち抜き魅津希の腰が落ちる。クローズドガードを取った魅津希はパウンドに腕十字。レモスが腕を抜いて立ち上がる。レモスは左ミドルを距離を保ち、左ハイへ。魅津希は再びクリンチ、左エルボーを連続で入れるもレモスが払い腰で投げテイクダウン──レモスが思った以上の強さを見せ、魅津希は初回を落とした。

「ちょっと効きました」とセコンドのアルジャメイン・ステーリングに伝える魅津希。ステーリングは「スピードで勝っているんだから、そこで攻めよう」とアドバイスする。2Rが始まるとレモスは左ローから左ミドルを入れ、魅津希のステップインにカウンターを狙う。魅津希はそれでもワンツーで右を当て、クリンチへ。細かいパンチ、エルボーを入れた魅津希に対し、レモスが嫌がった表情を見せる。

首相撲にもボディを連打し、ボディを続ける。さらにヒザも返した魅津希がゼロ距離を支配する。払い腰を耐えたレモスは、魅津希の足を取ってテイクダウン。魅津希は足をすくい、しっかりとガードする。レモスはエルボーを落とし、ケージ際でも魅津希を立たせない。ケージキックから立ち上がった魅津希は、パンチの交換からクリンチへそのまま時間となった。

最終回、ローに右を合わせてクリンチに入った魅津希は、シングルへ。さらにダブルに移行するが、エルボーを見せたレモスが離れる。疲れが見えるレモスに対し、再びクリンチへ。ダーティーボクシングからシングル、すぐに頭を挙げた魅津希がヒザを入れる。残り2分で離れた両者、レモスが右オーバーハンドを伸ばす。クリンチに左を入れたレモス、魅津希は右ボディフック、左の目尻をカットした魅津希はクリンチにいく。クリンチ前後でクリアな一発が欲しい魅津希だが、離れたレモスはそれを許さない。

スピニングバックフィストを避けた魅津希が左ジャブ、右を返すレモスを捕えきることができなかった──初回を落とした魅津希、接戦の2Rと3Rをどのようにジャッジが判断するか。結果、レモスがフルマークの判定勝ちを収め、魅津希は1年振りのUFCで勝ち星を得ることはできなかった。


カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN15 アマンダ・レモス ブログ 魅津希

【UFC ESPN15】オクタゴン、2勝目へ。魅津希「野蛮な心──野獣の勘で判断しようと思います」

【写真】人として、幅ができなぁと感じる魅津希だ (C)ON THE ROAD MANAGEMENT

22日(土・現地時間)、ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN15「Minchoz vs Edgar」で魅津希が1年振りのオクタゴン、UFC2戦目をアマンダ・レモスと戦う。

すでに計量を終え、あとは試合開始を待つばかりの魅津希だが、ここではラスベガスに到着した日の夜に行ったインタビューをお届けしたい。


──約1年振り、そしてストロー級でのUFC初戦を迎えました。今の調子は?

「ラスベガスに入って──さっきまで、マットスペースでチームメイトと汗を流してきました」

──おっ、ビリーズ・ブートキャンプも大詰めですね(笑)。

「ブートキャンプじゃねぇし(笑)。ぶっちゃけて言うと、最初はワクワクしていたのに、1年も空いちゃっているので相手の研究材料が少なすぎて、不安でもあります。どうやって動いてくるのか1Rは様子見になってしまうのか。でもスロースターターを返上しないといけないし、初回から攻めていきたいですし、色々と考えています。自分の普段通りの動きができれば勝てると思っていますが」

──不安なるのは元々でしょうか。それともUFCで戦うからですか。

「それは舞台が変わって来たからですね。4試合契約というのも頭にチラついてしまいます。とにかく良い試合をして勝ちたいって思って。でも試合になると、皆さんが言うように野蛮な感じになるようで……私には見えないモノが見えるようなので」

──アハハハ。あの口数の少ない直樹選手までオネーチャンのことを気が強いって口に出して言いますしね(笑)。

「それこそテイクダウンされると相手に印象点がつく、パンチの一発でもつくということが分かったので、一発もらうとスイッチが入りますね。弟とは違うらしいです。私は分からないですけど(笑)」

──違うと思います。魅津希選手と違い、取材でも胸襟を開いてくれることがないです(笑)。

「アハハハハ。あまり自分を出さないですね」

──そんな直樹選手がRIZINで渡部修斗選手にしっかりと勝ちました。気持ちは上がりましたか。

「気持ちが上がるというより、初めて練習を見ていなかったので、そこが不安とまでは言わないですけど、気になっていました。尋ねないと話さないし……聞いても話さないこともありますからね、アイツは。わざとはぐらかしてきたり」

──いや、でも仲が良い証拠ですよ。20代の姉と弟で、それは。

「そうですかね。でも、まぁ試合は勝ってくれて良かったです。もっと打撃を見たかったぐらいですね」

──そういう想いがある魅津希選手に対して、直樹選手から試合前に『大丈夫?』とかという気遣いはあるのですか。

「一応、映像を視たいから相手の名前なに? ──とか聞かれましたね。でも、アドバイスは貰えなかったですけど(笑)。一度クラウジア・ガデーリャとスパーをさせてもらって、その映像を視て試合に関しても戦略的なアドバイスをくれました」

──やはり良い姉弟関係ですよ。

「でも直樹が高校生の時とか仲が悪かったですよ。向うが強くなって、私が敵わなくなってきたので……あの時は」

──中学生の直樹選手に3歳上の魅津希選手が、やり合えていたことが驚異的です(笑)。

「アハハハ。もう勝てないって思ったんです……ある時。何をやっても倍返しされるので、諦めました。直樹が高二か高三の時に」

──井上瑞樹、凄すぎです。

「アハハハハ」

──スロースターターという話が先ほどありましたが、3Rしかないので、やはり1R目は大切になりますね。

「ハイ。そこは考えて、前の試合の時も朝に動いたんです。朝動いて、試合前にアップをしたら調子が良かったので今回もそうしようと思います。

ホント、それが良い方に転がるのかは試合にならないと分からないので、野蛮な心──野獣の勘で判断しようと思います。行けると思ったら、いつでも行けるような腹積もりで戦います」

────と同時にレモスの研究材料が少なすぎましたか。

「そうですね、ブラジル人と戦うのは2度目で。前にすぐに目を腫らしてしまったので、また変な攻撃を貰ったりするとどうしようとか考えちゃいますね。そこだけは気を付けないといけないです。

実は空港で会ったんです。もう減量をしているのか、元気が無さげで少し小柄でした。でも足は太いので、右ローは強くて自信がありそうですね。カーフキック系で。ただ去年の韓国の試合はRNCですぐに勝ってしまったので参考にならないです。

グラップリングはある程度はできるかもしれないですが、レスリング能力はそれほどでしょうし。組みより打撃で来るかと思うので初回は気を付けたいですね。私も打撃で勝負したいですね。

ファイトナイトなので皆さんが無料で視聴できるので、皆が面白いと思う試合をしたいです。そしてボーナスを取りたい。ファイト・オブ・ザ・ナイトでなくパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを取れるような試合を──何もさせないで勝てる試合をしたいです」

──では日本から応援するファンへ一言お願いします。

「今回、約1年振りの試合で昔から応援して下さる方も楽しみにしてくださっていると思います。自分も凄く楽しみだし、ワクワクしています。応援宜しくお願いします」

■UFC ESPN15計量結果

<バンタム級/5分5R>
ペドロ・ムニョス: 136ポンド(61.69キロ)
フランキー・エドガー: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
オヴァンス・サンプレー: 205.5ポンド(93.21キロ)
アロンゾ・メニフィールド: 204.5ポンド(92.76キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マイク・ロドリゲス: 205.5ポンド(93.21キロ)
マルチン・プラチニオ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<女子フライ級/5分3R>
マリヤ・アガポワ: 125.6ポンド(56.97キロ)
シェイナ・ドブソン: 126ポンド(57.15キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ドゥワイト・グラント: 169.5ポンド(76.88キロ)
ダニエル・ロドリゲス: 170.5ポンド(77.34キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
魅津希: 115.5ポンド(52.38キロ)
アマンダ・レモス: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
オースチン・ハバート: 156ポンド(70.76キロ)
ジョー・ソレツキ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
イケ・ビジャヌエバ: 205.5ポンド(93.21キロ)
ジョーダン・ライト: 200ポンド(90.71キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マヒュー・セムレスバーガー: 170ポンド(77.11キロ)
カールトン・マイナス: 170ポンド(77.11キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ: 139.5ポンド(63.27キロ)
チムール・ワリエフ: 140ポンド(63.5キロ)