カテゴリー
UFC Result UFC250 アマンダ・ヌネス アルジャメイン・ステーリング エディ・ワインランド コディー・ガーブラント コリー・サンドハーゲン ショーン・オマリー ハファエル・アスンソン ブログ ・ワインランド

【UFC250】試合結果 ヌネス無双。Ridiculous!! バンタム級=ガーブラント、ステーリング、オマリー!!!!!!

【写真】強烈なインパクトとともにカムバックを果たしたコディー・ガーブラント(C)Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでUFC250が開催された。

ヌネスは確かに笑顔を浮かべるような感じで戦っていた(C)Zuffa/UFC

メインのUFC世界女子フェザー級選手権試合はバンタム級との二冠王アマンダ・ヌネスが、初回から最終回までフェリシア・スペンサーを打・倒で圧倒し、判定勝ちし無双ぶりを発揮した。

注目のバンタム級3カードはコディー・ガーブラント、アルジャメイン・ステーリング、ショーン・オマリーの3選手が、それぞれパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを獲得する内容で、ハファエル・アスンソン、コリー・サンドハーゲン、エディ・ワインランドを破っている。

パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=コディー・ガーブラントアルジャメイン・ステーリングショーン・オマリーアレックス・ペレス

UFC250「Nunes vs Spencer」
<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
○アマンダ・ヌネス(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×フェリシア・スペンサー(カナダ)
<バンタム級/5分3R>
○コディー・ガーブラント(米国)2R4分59秒
KO
詳細はコチラ
×ハファエル・アスンソン(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○アルジャメイン・ステーリング(米国)1R1分28秒
RNC
詳細はコチラ
×コリー・サンドハーゲン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ニール・マグニー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アンソニー・ロッコ・マーチン(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ショーン・オマリー(米国)1R1分54秒
KO
詳細はコチラ
×エディ・ワインランド(米国)
<フェザー級/5分3R>
○アレックス・カサレス(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×チェイス・フーパー(米国)
<ミドル級/5分3R>
○イアン・ハイニッシュ(米国)1R1分14秒
TKO
詳細はコチラ
×ジェラルド・マーシャート(米国)
<フェザー級/5分3R>
○コディー・ステーマン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブライアン・ケレハー(米国)

<ミドル級/5分3R>
○マキ・ピトロ(米国)2R1分10秒
TKO
詳細はコチラ
×チャールズ・バード(米国)
<フライ級/5分3R>
○アレックス・ペレス(米国)1R4分06秒
TKO
詳細はコチラ
×ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○デビン・クラーク(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×アロンゾ・メニフィールド(米国)
<150ポンド契約/5分3R>
○エウベウチ・バーンズ(ブラジル)1R1分20秒
RNC
詳細はコチラ
×エヴァン・ダナム(米国)


カテゴリー
Report UFC UFC250 アマンダ・ヌネス フェリシア・スペンサー ブログ

【UFC240】興味を失うほど強さを見せたアマンダ・ヌネスがスペンサーに判定勝ち&防衛成功

<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
アマンダ・ヌネス(ブラジル)
Def,3-0:50-45.50-44.50-44
フェリシア・スペンサー(カナダ)

右前蹴りを繰り出したヌネス。スペンサーは飛び込んでパンチを振るいながら、組んでいく。離れた王者はワンツーをヒットさせる。続いて右アッパーを入れたヌネスが、スペンサーの前進に右を合わせる。蹴り足をキャッチしてケージに詰めたスペンサーだが、払い腰で投げられてサイドを取られる。ケージを蹴ろうとするスペンサー、腹ばいになるがヌネスがバックへ。向きあったスペンサーがハーフガードを取ると、チャンピオンはエルボーを振り下ろす。

ヒジを続けたヌネスは、右ワキを差してパスを狙う。防御に徹するスペンサーはダメージを最低限に抑える選択か。それでもフルガードに戻し、クローズトを取ったスペンサーに対し、ヌネスはエルボーを入れた。

2R、左を伸ばして前に出るスペンサー。ヌネスは左ミドルを入れ、ワンツーを打っていく。続く飛び込みに右を当てたヌネスは、左を受けてもすかさず右を打ち返す。右ローを蹴り、ワンツーを打ち込んだヌネスは、ダブルレッグを切って逆にテイクダウンに成功する。シングルを狙いエルボーを打たれたスペンサーが引き込む。チャンピオンはスタンドで待ち受け、右をヒットする。スペンサーはハイを蹴ったが、ヌネスも蹴り返し手数、精度で王者が挑戦者を圧倒した。

3R、根を挙げないが攻勢転じることはできない──クリス・サイボーグ戦を想いこされるスペンサーは、エルボー、左ハイと攻められながらも、ダブルレッグへ。切ったヌネスはエルボーも避けて左から右を打ち込む。マウスピースを吐き出し、ブレイクが掛ったスペンサーは装着後に左を当てる。蹴り足をキャッチして投げるようにテイクダウンしたヌネスは、ここもスタンドで待ち受ける。左ロングフック、右ボディ、右ストレート、ロー、右ハイ、ヌネスがチャレンジャーを攻め続ける。真っすぐ突っ込むダブルレッグは切られ、右アッパーを被弾したスペンサーは、ローキックも聞かされ始める。右ストレート、アッパー、左フック、スピニングバックエルボーと王者は挑戦者を完封した。

4R、スペンサーは勝負を諦めることなく前に出るが、ローから右ストレートを被弾して頭が後方に揺れる。さらにヌネスは右フックを当て、蹴りのフェイクから右ストレート、さらに足をキャッチして挑戦者を転ばせる。完全にスペンサーを掌の上で転がしている状態のチャンピオンは左リードエルボーをヒットし、右ストレートを伸ばす。さらに後ろ回し蹴りでケージ際までスペンサーを下らせたは、合気道のように足を掴んでテイクダウンを決める。

寝技に行かず、立ち上がったところで左ジャブ、スペンサーの前進に右を合わせる。右ロー、ワンツー、右オーバーハンドからパンチをまとめたチャンピオン、ついにスペンサーはパンチを受けた頭を下げてしまう。テイクダウン狙いを切った王者は、背中に回ったバックマウント&RNCを極める直前で時間となった。

最終回、に勝ち目がないようにしか見えないスペンサーは、額に大きなタンコブができてなお戦意は失わず、傷を増やしていく。ローを受け、ダブルレッグもヌネスは切ってバックへ。引き込んでハーフを取ったスペンサーは、肩固めを防いでキムラへ。クローズドを取ったスペンサーだが、エルボーを受けて顔面を真っ赤に染める。

チャンピオンは狙いすましたエルボー、立ち上がってローを蹴る。残り1分で立ち上がったスペンサーだが、ここでドクターストップが入る。試合は続行され、ワンツーフックを入れたヌネスがダブルレッグ、バックへ。ガードを取ったスペンサーに鉄槌を入れてタイムアップ。一方的過ぎて、判定結果を訊く必要がないほどの強さを見せたヌネスが、女子フェザー級王座の初防衛に成功した。


カテゴリー
News UFC UFC250 アマンダ・ヌネス アルジャメイン・ステーリング エディ・ワインランド コディー・ガーブラント コリー・サンドハーゲン ショーン・オマリー ハファエル・アスンソン フェリシア・スペンサー ブログ

【UFC240】計量終了 体重オーバーなし。拳タッチ、肘タッチ? コロナ時代のフェイスオフ

【写真】出場24選手が体重オーバーがなかった (C) Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEX開催されるUFC250「Nunes vs Spencer」の計量が5日(金・土)に行われた。

全12試合、出場24選手の全員に計量ミスは見られなかった。


もはやマスク姿の計量がノーマルとなったUFC。アレックス・カサレスだけが、計量パス後に口を覆っていたスカーフを外して笑みを見せ、チェイス・フーパーとのフェイスオフで握手を求めるも、フーパーはグータッチで応えた。

今回、普通にフェイスオフで握手をする選手も見られたなか、主流をしめたのがこのグータッチ。メインでUFC世界女子フェザー級のベルトを賭けて戦うアマンダ・ヌネスとフェリシア・スペンサーも別れ際にグータッチをしている。

他方、注目のPPVバンタム級3試合では、ショーン・オマリーはエディ・ワインランドの握手に対し、エルボータッチを求めた。アルジャメイン・ステーリングとコリー・サンだハーゲンはエアー・グータッチ、セミのコディー・ガーブラントとハファエル・アスンソンは握手系の動きは全く見せなかった。

■UFC250計量結果

<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]アマンダ・ヌネス: 146ポンド(66.22キロ)
[挑戦者]フェリシア・スペンサー: 145.5ポンド(66.0キロ)

<バンタム級/5分3R>
コディー・ガーブラント: 136ポンド(61.69キロ)
ハファエル・アスンソン: 136ポンド(61.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
アルジャメイン・ステーリング: 136ポンド(61.69キロ)
コリー・サンドハーゲン: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー: 171ポンド(77.56キロ)
アンソニー・ロッコ・マーチン: 170.5ポンド(77.34キロ)

<バンタム級/5分3R>
ショーン・オマリー: 136ポンド(61.69キロ)
エディ・ワインランド: 136ポンド(61.69キロ)

<フェザー級/5分3R>
チェイス・フーパー: 145.5ポンド(66.0キロ)
アレックス・カサレス: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
イアン・ハイニッシュ: 185.5ポンド(84.14キロ)
ジェラルド・マーシャート: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フェザー級/5分3R>
コディ・ステーマン: 145.5ポンド(66.0キロ)
ブライアン・ケレハー: 146ポンド(66.22キロ)

<ミドル級/5分3R>
チャールズ・バード: 184.5ポンド(83.68キロ)
マキ・ピトロ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ: 126ポンド(57.15キロ)
アレックス・ペレス: 126ポンド(57.15キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
アロンゾ・メニフィールド: 205ポンド(92.99キロ)
デビン・クラーク: 205.5ポンド(93.21キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
エヴァン・ダナム: 149.5ポンド( 67.81キロ)
エウベウ・バーンズ: 149.5ポンド( 67.81キロ)

カテゴリー
News UFC UFC250 アマンダ・ヌネス アルジャメイン・ステーリング エディ・ワインランド コディ・カーブランド コリー・サンドハーゲン ショーン・オマーリー ハファエル・アスンソン フェリシア・スペンサー ブログ

【UFC250】対戦カード 女子フェザー級ヌネス✖スペンシャー大会に、水垣偉弥と戦った3選手が出場!!

【写真】引退を発表した水垣偉弥に勝利しているガーブラント、ステーリング、ワインランドが今大会に出場する。改めて、水垣が今もUFCのPPVカードで戦う──とんでもないメンバーと戦ってきたことが分かる。さらにいえばガーブラントと対戦するアスンソンとは、アトランタで練習した経験もある(C)Zuffa/UFC

2020年6月6日(土・現地時間)
UFC250
ネヴァダ州ラスベガス
UFC APEX

■視聴方法(予定)
6月7日(日・日本時間)
午前7時~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOW ライブ

■対戦カード

<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]アマンダ・ヌネス(ブラジル)
[挑戦者]フェリシア・スペンサー(カナダ)

<バンタム級/5分3R>
コディー・ガーブラント(米国)
ハファエル・アスンソン(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
アルジャメイン・ステーリング(米国)
コリー・サンドハーゲン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー(米国)
アンソニー・ロッコ・マーチン(米国)

<バンタム級/5分3R>
ショーン・オマーリー(米国)
エディ・ワインランド(米国)

<フェザー級/5分3R>
チェイス・フーパー(米国)
アレックス・カサレス(米国)

<ミドル級/5分3R>
イアン・ハイニッシュ(米国)
ジェラルド・マーシャート(米国)

<フェザー級/5分3R>
コディ・ステーマン(米国)
ブライアン・ケレハー(米国)

<ミドル級/5分3R>
チャールズ・バード(米国)
マキ・ピトロ(米国)

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
アレックス・ペレス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
アロンゾ・メニフィールド(米国)
デビン・クラーク(米国)

<150ポンド契約/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
エウベウ・バーンズ(ブラジル)

カテゴリー
News UFC アマンダ・ヌネス フェリシア・スペンサー ブログ

【UFC】どうなる5月9日大会?? 女子2階級王者アマンダ・ヌネスが米国メディアに不出場を明言

Amanda Nunes【写真】フロリダ州では一部ビーチが解放され、ツイッター上で#FLORIDAMORONS(フロリダの愚か者たち)トレンド入りしているが、果たしてイベントは実現するのか(C)Zuffa/UFC

20日(月・現地時間)、米国CBS Sportsがダナ・ホワイトが開催を宣言しているUFC5月9日(土・同)大会への出場がリストアップされていたUFC世界女子バンタム級&フェザー級王者アマンダ・ヌネスが、「その日には戦わない」と発言したことを報じている。

過去1カ月でキャンセルされた3大会と元々5月9日に行われる予定だったUFC250の対戦カードをシャッフル&コンバインすることで、PPV大会のメインイベント級の世界戦が3試合、ESPN大会のメインが務まる試合が2試合、そしてFight Night=ESPN+大会のメインが務まる試合が4試合と過去にないカードが並んでいるメガイベントだが、依然として全容はつかめていない。


そんななか女子フェザー級王座の防衛戦をフェリシア・スペンサー相手に行うとされていたヌネスは、CBS Sportsに対し「私は戦う、でもいつかは分からない。今すぐ戦うのは自分にとって正しいタイミングではないと思う。もう少しコロナウィルス問題が沈静化し、フルキャンプが張れるようになってから……6月ぐらいかしら。どうなるのか……とにかく私は(5月9日は)戦わない」と語ったという。

万全を期すことができないから戦わないという世界チャンピオンの言葉は、自身のチャンピオンとしての立場を守るもので、ある意味──5月9日大会は実現の真剣味が増すほど水面下ではモノゴトが進められているのかもしれない。

■明言されている5月9日大会の対戦カード

<UFC暫定世界王座決定戦/5分5R>
トニー・ファーガソン(米国)
ジャスティン・ゲイジー(米国)

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]ヘンリー・セフード(米国)
[挑戦者]ドミニク・クルーズ(米国)

<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]アマンダ・ヌネス(ブラジル)
[挑戦者]フェリシア・スペンサー(カナダ)

<ヘビー級/5分3R>
フランシス・ガヌー(カメルーン)
ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

<ウェルター級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国)
アンソニー・ペティス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
グレッグ・ハーディー(米国)
ヨーガン・デ・カストロ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アレクセイ・オレイニク(ロシア)
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ(米国)
ミッシェレ・ウォーターソン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ホナウド・ジャカレ(ブラジル)
ユライア・ホール(米国)