カテゴリー
BELLATOR Bellator250 Report アダム・ボリッチ エリック・サンチェス ブログ

【Bellator250】互角の序盤から、猛攻の最終回。果敢に腕十字を仕掛けたボリッチが、サンチェスに判定勝ち

<150ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ(ハンガリー)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
エリック・サンチェス(米国)

ボリッチが左ローを走らせ、サウスポーのサンチェスは右を狙う。右ハイを見せたボリッチは左ロー、右前蹴り、サンチェスも右カウンターを繰り出し、オーソに構えてパンチで前に出る。ボリッチは左フック&右ローのコンビネーション、左ジャブを当てる。ローの空振り後にジャブを入れたボリッチは蹴り足をキャッチし、引き込んだサンチェスにローを蹴る。

すぐに立ち上がったサンチェスに対し、ボリッチは左ボディフックから左ミドルと腹を攻撃する。サンチェスがスイッチすると右ミドルを決めたボリッチが初回を取った。

2R、右ローのボリッチ、サンチェスは右オーバーハンドを狙う。左ローに右ジャブを合わされたボリッチは右カーフ、続いて右ハイを蹴っていく。サンチェスも鋭い左ローを見せるも、腹を守って右ストレートを顔に受ける。続く跳びヒザは距離が合わなかったボリッチ、ボリッチが右エルボーを打ち込む。飛び込んで左を伸ばすサンチェスを左で迎え撃ったボリッチだが、頭がぶつかる。

両者はそのまま試合を続け、ボリッチが右を当てる。残り1分、ボディを抉り、シングルレッグを切ったボリッチはボディへの攻撃を続け左アッパーから右ストレートを狙う。サンチェスは左ボディフック、右オーバーハンドと近めの距離で十分にやり合っていた。

最終回、ジャブからローを蹴るボリッチは、ワンツーで前に出てきたサンチェスに左を入れる。サンチェスも左ジャブを当て、ヒザをかわす。蹴りのフェイントから右フック、直後にヒザというコンビネーションを入れたボリッチ。サンチェスの攻撃が急所に入り、一瞬の中断後にボリッチがワンツー、サンチェスが右ボディストレートから右を顔面に入れる。ボリッチはここで右ミドル、右ボディフックからヒザ蹴りを繰り出す。ボディに続き、右アッパーを決めたボリッチは、首相撲&ヒザ、ヒジとサンチェスを圧倒する。離れてヒザ、右アッパー、右エルボーを入れたボリッチに対し、サンチェスは下がるようになり右エルボーをさらに2発被弾する。

ボリッチは組んでボディロックテイクダウン、マウントを取ってパンチを入れると腕十字へ。かなりヒザが開いており、サンチェスは体を捻って胸を合わせつつエスケープに成功する。極め切れなかったボリッチは下になると三角を狙う。サンチェスは担いでパスから、バックに回りRNCへ。ここで時間となり、果敢な仕掛けで最後に反撃を許したもののボリッチが判定勝ちを手にした。


The post 【Bellator250】互角の序盤から、猛攻の最終回。果敢に腕十字を仕掛けたボリッチが、サンチェスに判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator250 News アダム・ボリッチ ゲガール・ムサシ ドゥグラス・リマ ニック・ニューウェル ブログ ボビー・ヴォルカー

【Bellator250】計量終了 二階級制覇目指すリマが、前王者ムサシと決定戦。ボリッチ&ニューウェル出場

【写真】まだ体重が戻りそうなリマだ (C)BELLATOR

29日(金・現地時間)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator250「Mousashi vs Lima」の計量が、28日(木・同)に行われた。

同大会のメインは前Bellator世界ミドル級王者ゲガール・ムサシと現Bellator世界ウェルター級王者ドゥグラム・リマが、空位となっている世界ミドル級王座を賭けて戦う一戦だ。


昨年6月にラファエル・ロバトJrに敗れ、ミドル級王座2度目の防衛戦に失敗したムサシが、ウェルター級ワールドGP制覇と同時に同級世界王者に返り咲いたリマとロバトJrの引退→返上となったベルトを賭けて戦う。

チャンプ・チャンプ対決ではなく、他の階級の王者が2階級制覇を狙い王座決定戦で戦うのは、ONEで2018年2月にミドル級王者オンラ・ンサンがアレッシャンドリ・マチャドとライトヘビー級王座決定戦を戦ったぐらいで、数少ないレア・ケースだ。リマにとっては10年前にアトランタのローカル大会REDLINEミドル級GPという8人制トーナメントを優勝して以来のミドル級でのファイトとなる。

ムサシとウェルター級王者と対決といえば、やはり印象深いのが2018年9月のローリー・マクドナルドの挑戦を受けた試合だ。この時は1階級下のロリ・マクを相手に、スタンドで削りイマナリ・ロールを潰して、マウントからバックマウント、最後は頭部へのエルボーという一方的な流れでTKO勝ちを収めている。

リマとしては、ロリ・マクの二の舞にならないためにミドル級の体をどれだけ創れているのかが重要だ。幸いといっては何だが、この試合は5月に決まっていたがコロナ禍により、5カ月以上の先延ばしになっていた。リマにとってはミドル級の体に心肺機能を追いつかせることができる時間が取れたはずだ。

フェイスオフで並んだ様子からは、それでもムサシの方が背中や肩が大きく見えたが──リマも十分にリカバリーの余地があるラインをしていた。ピークにある世界トップレベルの対戦で、体格差は絶対だ。そこさえクリアできれば、5Rの長丁場でローを効かせ、ムサシのジャブの踏み込みを止めることもリマはできる。明日、サークルケージに足を踏み入れた時のリマのサイズにまず注目だ。

今大会はメインカードが3試合だが、プレリミにアダム・ボリッチ、ニック・ニューウェルという注目ファイターが出場する。

悪夢のフェザー級ワールドGP準々決勝敗北のボリッチはベラトールの活動再開後、8月に続き早くも2度目のファイトでポストGPを狙ってか、ライト級転向も視野にいれてか150ポンド契約で精力的に試合を重ねている。

隻腕ファイターのニューウェルは昨年10月にベラトール2戦目でまさかのスプリット判定負けを喫しており、後がない状態でザック・ゼーンという中堅(=14勝9敗)ファイターと対戦する。

ここで敗れるようなことあれば、浮上は難しいニューウェルが彼にしかできない、唯一無二のバックチョークやギロチンに持ち込めるかが、勝負の鍵を握ってくる。

また今大会のプレリミではUFCリリースから6年、ボビー・ヴォルカーが同じくUFCベテランのサバウ・ホマシとマッチアップでメジャーシーンに戻ってくる。ヴォルカーはこの間、シャムロックFCで戦い続け9勝1敗という結果を残してきた。

コーカーの下で戦うのはStrikeforceがZuffaに買収された2011年以来、元コーカー・チルドレンが41歳になり、どのような生き様をホマシ相手に見せてくれるのか──楽しみだ。

■視聴方法(予定)
10月30日(金・日本時間)
午前6時30分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前9時00分~DAZN

■Bellator250対戦計量結果

<Bellator世界ミドル級王座決定戦/5分5R>
ゲガール・ムサシ: 184.9ポンド(83.86キロ)
ドゥグラス・リマ: 184.9ポンド(83.86キロ)

<フェザー級/5分3R>
ブランドン・ガーツ: 145.6ポンド(66.04キロ)
ヘンリー・コラレス: 145.5ポンド(66.0キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴィータ・アルテガ: 126.2ポンド(57.24キロ)
デザリー・ヤネス: 125ポンド(56.7キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジェイク・ヘイガー: 253.2ポンド(114.84キロ)
ブランドン・ギャルトン: 258ポンド(117.02キロ)

<ミドル級/5分3R>
タイ・グワーダー: 184.2ポンド(83.55キロ)
ダルトン・ロスタ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フェザー級/5分3R>
ボビー・ヴォルカー: 170.5ポンド(77.34キロ)
サバウ・ホマシ: 171ポンド(77.56キロ)

<ライト級/5分3R>
ニック・ニューウェル: 155.5ポンド(70.53キロ)
ザック・ゼーン: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ミドル級/5分3R>
テイラー・ジョンソン: 185.3ポンド(84.05キロ)
ジョニー・エブレン: 185ポンド(83.91キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ: 149.5ポンド( 67.81キロ)
エリック・サンチェス: 150ポンド(68.03 キロ)

<フェザー級/5分3R>
コディ・ロー: 145.5ポンド(66.0キロ)
オーランド・オルテガ: 141.5ポンド(64.18キロ)

The post 【Bellator250】計量終了 二階級制覇目指すリマが、前王者ムサシと決定戦。ボリッチ&ニューウェル出場 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator243 Report アダム・ボリッチ ブログ マイク・ハメル

【Bellator243】ボリッチ、体重オーバー&予想以上の実力者=ハメルにスプリット勝利で再起

【写真】健闘が目立ったハメルだが、ここまでできるなら体重オーバーは本当に悪質(C)BELLATOR

<154.6ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ(ハンガリー)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
マイク・ハメル(米国)

体重オーバーのハメルより、ずっとグッドシェイプに見えるボリッチが、パンチが交錯する中でバランスを崩す。力が入り過ぎているように見えるボリッチは、ローから飛びヒザ、ワンツーを繰り出す。もう1度ジャンピングニーを見せたボリッチだが、ダブルレッグに捕えられ尻もちをつかされる。太腿の裏でクラッチを続けるハメるは頭を抱えられても、逆にクレイドルでボリッチに立ち上がることを許さない。

もう一度ギロチンから頭を押してスタンドに戻ったボリッチは、ボディロックからテイクダウンを狙う。耐えたハメルは離れてサイドキック。ボリッチも左ジャブ、右ミドルを蹴り込む。跳びヒザ狙いから左フックを当ててダブルレッグのハメルは、ここもギロチンからスタンドに戻れるも──意外にも──優勢のまま初回を終えた。

2R、サウスポーに構えたハメルに対し、ボリッチの右ローがモロに急所に入る。インターバルが与えられ再開後、オーソに変えたハメルが再びサウスポーに。ボリッチは右ストレートから右ハイ、これらの打撃に飲み込まれないハメルが逆にワンツーを当てる。右ミドルを入れたボリッチは、組まれると逆に両ワキを差して体を入れ替える。

自らリリースしたボリッチは、やや疲れたか。後ろ回し蹴りをかわしたハメルは前に出て組むが、ボリッチも予期しており捌く。左ジャブから右ミドルのボリッチ、急所に当たったとアピールするハメルだが、レフェリーは続行を命じる。オーソからスイッチしつつ右オーバーハンドを当てたハメルは、ボリッチの右に左を合わせていく。勢いづいたハメルが見せた跳びヒザを外したボリッチは、ワンツーから右ミドルと綺麗な攻撃を入れた。

最終回、ハメルの左ハイの蹴り終わりに右カーフを蹴り込んだボリッチが、続いて踏み込んでワンツーから左フックを当てる。ハメルはここでダブルレッグへ。勝負ところで左腕を差し返したボリッチがダブルアンダーフックで押し返す。ボリッチは右エルボーを入れて離れると、右カーフ、右ミドルハイを放つ。それでもハメルも前に出てダブルレッグへ。ここもボリッチが体を入れ替え、ヒザ蹴り。ハメルが押し返すと頭を押してヒザ蹴りを2発突き上げる。

エルボーを打たれて離れたハメルは、右オーバーハンド。離れて跳びヒザを見せたボリッチが、もう一度ジャンピニングニーを狙うと、同時に跳んだハメルの方が勢いがありバランスを崩して下になってしまう。

サイドを取られたボリッチは、背中を預けて立ち上がり、ダリオン・コールドウェル戦のトラウマを打ち消すように胸を合わせることに成功する。離れてミドルを蹴り、最後は後ろ回し蹴りを見せたボリッチが、予想以上に手強かったハメルをスプリットで下し、安堵の表情を浮かべた。


カテゴリー
AJ・アガザーム BELLATOR Bellator243 News アダム・ボリッチ ジョージ・カラキャニャン ブログ ベンソン・ヘンダーソン マイケル・チャンドラー マイルズ・ジュリー ヴァレリー・ルレーダ

【Bellator243】計量終了 チャンドラー✖ベンヘンII待ったなし。アガザームの相手は股間にスネーク!!

【写真】セレモニアル計量、すでにかなり戻っているチャンドラーに対し、ベンヘンはここから本格的にリカバリーか (C)BELLATOR

6日(木・現地時間)、7日(金・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator243「Chandler vs Henderson 2」の計量が行われた。

3年9カ月振りの再戦となるチャンドラーとベンヘンは問題なく計量をクリアしている。


メインカード4試合、プレリミ6試合の計10試合。無観客大会とあって、通常時のベラトールのようにプレリミにローカル勢が大挙出場するということはない。

ヘビー級でマット・ミトリオンが出場するメインカードでは、ジョージ・カラキャニャンのライト級2戦目──ベラトールで2戦目となるマイルズ・ジュリー戦は通好みのマッチアップだ。

スイッチヒッターでKOパンチを持つウェルラウンダーのジュリーと、空手ベースながら卓越したグラップリング技術の持ち主カラキャニャンの対戦は、両者が中堅ではないことを示すファイトとなる。

一方プレリミでは本戦に出場してもおかしくない実力者&注目株の名前が確認できる。フェザー級ワールドGPの台風の目と目されていたが、ダリオン・コールドウェル戦でワンテイクダウン&RNCで敗れたアダム・ボリッチが再起戦に挑む。

対戦のマイク・ハメルは今大会で唯一の体重オーバーに。150ポンド契約を4ポンド以上も上回る154.6ポンドもあったハメル、ボリッチは事実上ライト級マッチに臨むこととなる。

ベラトールの活動休止期間もF2Wでグラップリングマッチに出場していたAJ・アガザームは勝ち星も負け星も揃って彼の倍、6勝2敗のクリス・レンチオーニと戦う。とにかく組んで、倒して、寝技勝負が必要なアガサームはフェイスオフでレスリングの低いスタンスで立つ。と、目前には蛇の膨らみが股間あるレンチオーニのアンダーウェアがあった。

■Bellator243 試合結果

<ライト級/5分3R>
マイケル・チャンドラー: 155.9ポンド(70.71キロ)
ベンソン・ヘンダーソン: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオン: 262.6ポンド(119.11キロ)
ティモシー・ジョンソン: 263.2ポンド(119.38キロ)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー: 155.6ポンド(70.57キロ)
ジョージ・カラキャニャン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<175ポンド契約/5分3R>
サバウ・ホマシ: 175ポンド(79.37キロ)
カーティス・ミランダー: 174ポンド(78.92キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ: 150.2ポンド(68.12キロ)
マイク・ハメル: 154.6ポンド(70.12キロ)

<フェザー級/5分3R>
クリス・レンチオーニ: 145.8ポンド(66.13キロ)
AJ・アガザーム: 145.3ポンド(65.9キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴァレリー・ルレーダ: 125.3ポンド(56.83キロ)
テラ・グラフ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
グラント・ニール: 204.7ポンド(92.85キロ)
ハムザ・サリーム: 205.1ポンド(93.03キロ)

<ライト級/5分3R>
ネイノア・ダン: 155.1ポンド(70.35キロ)
チャーリー・キャンベル: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ミドル級/5分3R>
ダルトン・ロスタ: 185.7ポンド(84.23キロ)
マーク・ガードナー: 184.8ポンド(83.82キロ)