カテゴリー
DEEP95 Interview J-CAGE しなしさとこ にっせー ブログ

【DEEP95】5月6日のにっせー戦がなくなった、しなしさとこ─02─「家でデキることをエンジョイ」

Shinashi【写真】取材をした日の夜の献立はビーフシチューとズッキーニカルパッチョ、塩麹チキンと紫タメネギのサラダ。ご飯も土鍋で炊いている凝りようだ(C)SATOKO SHINASHI

5月6日、DEEP後楽園ホール大会でDEEP女子アトム級選手権試合で、にっせーと対戦予定だったしなしさとこインタビュー後編。

大会は中止となったが、それまで息子と離れて生活し、練習を続けていたという彼女は、試合がなくなったことに関しては淡泊なほどに「しょうがない」という感情しかなかったという。

家族と離れてまで練習をする──しなしの格闘家として性とは、正反対のように試合がなくなるとステイホームの楽しむ性質。コロナのある時代の日常生活と格闘技への取り組み方、常にベストを尽くす──しなしさとこの生態が明らかになった。

<しなしさとこインタビューPart.01はコチラから>


──それでも事態が変わってくるなか、中止に至るまで色々と気持ちがブレることはなかったですか。

「試合がある、ないに関係なく練習はしていました。今回はコロナウィルスという問題が加わりましたけど、私は小さいし、年はいっているし、弱いから常にケガに気を付けて、自分がやらないといけないことをしっかりとやるという気持ちでやってきました。

練習はサボらないこと。息子と離れていても、勝ちたかったです。でも私、ヤバイですよね(笑)」

──ヤバイですねぇ(笑)。ただ、中止になった時はホッとしたとかはなかったですか。

「K-1が開催されて、色々と叩かれた時点で大会は絶対にないと思っていました。だから、中止決定の時に感情のブレはなかったですね。自分は自分、それまではやることをしっかりとやるしかなかったですし。いつでも戦える準備をしておかないと、試合を戦うことはできないですから。命が大切だということは当然ですし、だから中止が決まった時も『しょうがない』と思っただけです。

それからはデキることをやる方向に切り替えましたけどね。実家の道場を使ったり」

──普段の生活も変わったのではないですか。

「だって犬としか会わないですから(笑)」

──アハハハハ。

「あとは家にこもって、掃除と料理を徹底してやっています。今は特に料理に走っていますね。スコーンとかマフィンまだ家で焼くようになりました」

──それは凝り性ですね(笑)。素敵なステイホーム方法だと思います。

「料理って……普段の生活では、そこまでできないから。もう、こんな時だからこそデキることで楽しもうかなって思っています。暗い話ばかりしてもしょうがないですしね。既に世界にはコロナが存在しているので。私自身は現状を見ると、年内は試合ができないかもしれないと思っているし」

──無観客大会を開くところ、そうでないところと2つの流れが日本の格闘技界も出てきそうですね。

「私はお客さんに来てもらわないと収入にならないので、今は試合をしなくて良いかと思っています」

──にっせー選手にリベンジしたいという気持ちも、それで抑え込むことができるのですね。

「う~ん、それとこれとでは問題が違いますからね。今はそういうことを言っている時期ではない。ただ試合がしたいという年齢でもないですし、世間体も大切です。これからコロナで不景気になることは間違いないですから。

そうなると一般の人が家計から削るのは、娯楽ですよね。格闘技観戦は娯楽で、今は皆がそこを楽しむ余裕がないです。ワクチンができるまでは、格闘技の大会があるのはそういう世間に対してイメージ的にも良くないと思います。人が一か所に集まるということを考えると、試合はしない方が良いと思っています。

私自身、道場には行っても実家にも寄らないですし。最悪の状況を考慮するからこそ、親とも2カ月半とか3カ月近く会っていないです。だから今、家でデキることをエンジョイしようと思って料理に凝っている感じですね(笑)」

──コロナがある時代だからこそ、できることを楽しむということですね。しなし選手は。

「ハイ。家で、できて。他の人の感染リスクを高めないなら、何でも良いと思いますよ。だから私は料理以外でも、映画を凄くたくさん視ています」

──あぁ、我が家でも娘も家内もNetflixで映画を視まくっていますよ。

「あのう……私はDVDです。私、そのネット系とか弱くて(笑)。BSとかWOWOWは視ているんですけど!!」

──Netflixの料理番組とか、凄く楽しいですよ。

「ネットフリックスぅ?? 私、アナログなんですよ。ちょっと調べてみますね。それで申し込みます」

──申し込むことは決定ですか(笑)。いやぁ、しなしさとこ面白いですね。一応、DVDもデジタルですけどね。DVDのDはデジタルですしね(笑)。

「アハハハハ。私、毎日のようにレンタルしに行っていました(笑)。早朝に行くと、人も少ないですし。今、早寝早起きなんです。朝5時に起きて、2度寝して7時に起きて料理を始める感じで」

──料理を趣味にしていると、バターが買えなくて困ったりしませんか?

「えぇ? 売っていないですか?」

──自分の家は基本は生協の宅配なんですが、足らないモノは人を避けてスーパーの閉店2時間ぐらい前に行くようにしているんです。1時間前からまた駆け込みで込んでくるので。

「あぁ、夜だからバターとかないんですね」

──はい。粉モノも。

「でも子供の時間に合わせていると、すぐに昼になってしまいますよね。分かるぅ、ソレ(笑)。私は夕方は行列が凄いので、その時間にスーパーに行くことはないです。午前中にすべきことを済ませ、それから出るのは犬の散歩ぐらいですね(笑)。

こんなこと言うと不謹慎かもしれないですけど、家から出ないのも結構良いものですよ。だから格闘技のファンの皆さんも、今、家でできる楽しいことを見つけて乗り切って欲しいです。そして、コロナが終息すれば格闘技を思いっきり応援してもらえればと思います」

カテゴリー
DEEP95 Interview J-CAGE しなしさとこ にっせー ブログ

【DEEP95】5月6日のにっせー戦がなくなった、しなしさとこ─01─「息子と別々に暮らし練習していました」

Shinashi【写真】なぜ、この写真なのかは──後編で明らかになります (C)SATOKO SHINASHI

5月6日、DEEP95=後楽園ホール大会でDEEP女子アトム級選手権試合で、ニッセーと対戦予定だったしなしさとこ。

大会は中止となったが、昨年4月にキャリア3戦目のにっせーに負けた事実を彼女はどのように捉えていたのか。そして、再戦に向けコロナ感染拡大が続くなかでの練習への取り組み方──中止決定後の生き方について──自由人しなしさとこに尋ねた。


──まず昨年12月に、にっせー選手に敗れてから4カ月。再戦する予定だった大会が中止になりましたが、まずキャリア3戦目の選手に敗れたことについて、どのように捉えていましたか。

「あの時は……交通事故にあっちゃったみたいな感じでした。勝ち続けないといけないっていうプレッシャーは格闘技を始めてから持ち続けてきたのですが……あの試合は、やっちゃたなって」

──周囲はどのような反応でしたか。

「(練習パートナーで、セコンドを務める若林)次郎さんは、『負けたんだから、またやって勝てば良いだろう』っていう感じで凄くクールでしたね。私は勝ち負けに拘り過ぎる人間で、常に勝たないと我慢できない性格なので……」

──分かります(笑)。

「なので、試合後に顔が腫れて次郎さんが『とりあえず氷を当てて』と言ってくれても『氷なんて要らないっ』、『キーっ』って感じで」

──キーっですか(笑)。

「ハイ、もう悔しいし負けを認めなくないし。そうしたら次郎さんは『まぁ今は考えられないかもしれないけど、次にやって勝てば良いのだから。今はとにかく休んで』っていう風でした」

──プロ練習に参加しているグランドスラムの勝村周一朗代表は?

「周ちゃんは会場にはこられなかったのですが、あとから会った時に『やっちゃったね』みたいな感じでした。それと『女子と練習する時間を増やして』と言ってくれて、5月の試合の準備をしているときも、周ちゃんところの女子選手と練習をするようになっていたんです」

──グランドスラムでは女子選手と練習できる環境が今あるのですか。

「あの試合に負けるまでは沙弥子がプロ選手ではいるのですが、彼女は日中に働いているからプロ練習に参加できることが少なくて。私は子供がいて逆に夜の練習に通うことはできないから、ほんの少ししか練習したことはなかったです。でも、あれからはアマチュアの子とも一緒に練習しています」

──しなし選手が女子と練習するのは、もう2000年代の序盤移行は印象がないです。

「でも滝本美咲ちゃんは近所に住んでいたので、週末は一緒に練習させてもらっていましたよ。今は道場が閉まっていてできないですが、今年はグランドスラムで女子とする練習は増えていました。女子とやるときは、なんか気持ちの持ちようが違いますね。やっぱり女子は女子と練習すべきだったんだって改めて思うようになりました」

──気持ちが違うというのは?

「ピリピリ感が違いますね。なんか私、子供を産んでからピリピリ感を失っていたなって。やっぱり人と揉めることが嫌いになるし、角が取れて丸くなってしまっていて。居心地良い生活を求めると、自分の世界が居心地の良くなっちゃっていて」

──ある意味、当然なのですが。

「ハイ、普通に生活しているなら当然です。でも私はまた戦うようになっていたし。それなのに練習中に他の人とぶつかると『大丈夫?』って気遣ったり、合間に笑顔で話すとか、そんなもん練習中に必要ないのに。

ピリピリしていないと、私は体が小さいから労わってって思ったりして(笑)。何のための練習だったのって。それがキャリアの少ない女子選手が、200パーセントで向かってきてくれて。組んじゃうと差があるので、打撃でガンガン来てくれるのが、今の私に必要な練習になっています。

もちろん次郎さんと繰り返して反復練習をするという軸は崩さないで、そこに女子選手とのスパーリングを取り入れて、凄く良い練習ができていました」

──女子、体格の二重苦をようやく解消しつつあったと。

「ハイ。そうやって練習していると、前の負けも吹っ切れちゃって。だって誰だって負けるのに。無敗なんて無理ですから。今からすると、ようやく自分の階級ができたことで浮かれていて集中力が欠けていたかもしれないです。でも、タイトルマッチでもないし普通の試合で、やっちゃっただけだから」

──負けの認め方も、負けず嫌いじゃないですか(笑)。

「アハハ。そりゃ1つの負けで、全てを持っていかれるのは嫌だなって思いますよ」

──ただ交通事故とはいっても、あの前蹴りはにっせー選手が練習してきた技で。そこを貰ってからペースが崩れたというのはあります。

「そうですね、見えていなかったです。(渡辺)久江の時のように一発でやられていたら納得できるのですが、それがないから『なんで止めるの?』とはなっちゃいました。

vs Nisse組んで大内に行った時にケージを掴まれて。それも想定していたのに、慌てていたから右フックとかもらっちゃいましたし。でも、離れ際のパンチとか足関節の対応とかはしっかりと対策を練られていたなって思います」

──いや、やはりメッチャ悔しそうですよ。

「そうそうそう(笑)。でも、良いことでしょ?  悔しいって。まぁまぁまぁ負けちゃったから、しょうがないですけど腹の底からクゥーってなりましたからね。私ってキキキキっていうオバサンの怒り方じゃなくて、クゥーっていう怒りが勝つまでずっと続くんですよ。それがあったから、なんか私はまだまだできるなって思いました」

──そして再戦が決まったのですが、格闘技に限らずスポーツ、エンテーテイメントが軒並み中止になるなかで、コロナ感染の恐怖などはなかったですか。

「ハイ、格闘技の対人練習は濃厚接触ですからね。そこは……ですね。私には息子がいるし、あの子に感染させちゃ絶対にダメだと思っていました。かといって私が実家へ行っても両親も高齢ですから、寝泊りなんてできない。だから小学校が休みになった時点で息子と別々に暮らして、練習をしていたんです」

──えっ? いや……しなし選手、それは正気の沙汰ではないですね。

「ですよね。でも、勝ちたいから練習をしないわけにはいかないし」

──う~む……。

「そうしたら、犬を飼うようになっちゃいました(笑)」

<この項、続く>